2017
06.19

【MotoGP】Engines Engineeringは未だに2ストローク125 ccで勝っている

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

気になるバイクニュース。

★DHL MotoGP™とコラボし「World’s Best Roadキャンペーン」を開始

[気になるバイクニュース。] – 06/17 07:47

・元F1™ドライバーで熱烈なバイク愛好家のマーク ウェバー氏との、生涯の思い出となるツーリングに抽選でご招待
国際エクスプレス・ロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLは、オフィシャルロジスティクスパートナーとして、世界最高峰のモーターサイクルのレースであるMotoGP™を輸送面でサポートしています。このたび、MotoGP™とのコラボレーションにより「World‘s Best Roadキャンペーン」を開始します。バイクで走る絶景ロードを世界中のモーターバイクファンより募集し、抽選で、元F1™ドライバーで熱烈なバイク愛好家のマーク ウェバー氏との、生涯の思い出となるツーリングに、またはペアでMotoGP™観戦にご招待します。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
MotoGP™は4大陸14か国を横断し18レースが行われ、毎年、参加チームのバイク約80台、チームおよび大会運営用機材350トンを、9ヵ月間にわたり海、空、陸と合計約9万キロを輸送する必要があります。DHLは、モータースポーツ用機材の梱包・ハンドリングに特化したソリューション、MotoGP™開催各国の税関や輸送に関する規則などの深い知識を有し、「レース前のレース」をシームレスかつ時間通りに進めるのを確実にする体制を整えています。
DHLは30年以上におよぶモータースポーツ向け輸送経験を有しており、MotoGP™に加え、フォーミュラ1™、フォーミュラE、世界ツー……


Engines Engineeringは未だに2ストローク125 ccで勝っている

[MotoGPメモ] – 01/20 17:27

Engines Engineeringは未だに2ストローク125 ccで勝っている

 今となっては懐かしい125 ccにEngines Engineering。アドリア海の辺りで元気にしていたようです。



 イタリアのレーシング・カンパニー、Engines Engineeringはどうしているのだろう?マヒンドラのMoto3事業での失敗を経て、このイタリア人たちは2016年にGP125での戦いを選んだ。そして、Alpe Adria Cupを制したのだ。
 2……


ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

[MotoGPメモ] – 10/06 02:39

ドミ・エガーター:「新たなチャレンジを必要としていた。」

 レオパード・レーシングが来季のMoto2世界選手権に「エガーターとケントとSuter」で挑む旨を公表しました。先日掲載した記事「2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。」がほとんど嘘っぱちに・・・。以下、SPEEDWEEK.comより。

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

[MotoGPメモ] – 01/10 17:48

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

わたくし、個人的に「ホルヘのみなさん」を応援しているのですが、昨年はほろ苦いシーズンでした・・・。以下、SPEEDWEEKより。



 フランチェスコ・バニャイアが2016年にアスパー・マヒンドラ・チームで成功を収めた一方、ホルヘ・マルティンのハイライトといえばブルののみであった。SPEEDWEEK.comはアスパーのスポーティング・ディレクター、ジーノ・ボルゾイにその理由を尋ねた。
<……


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト