2017
09.07

【MotoGP】8年ぶりのタイトル奪還

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

8年ぶりのタイトル奪還

[GP spectator] – 09/06 20:54

長かった・・・。
2009年だから、まさにリーマンショックの
時だね。
ここからスズキはAMAの方に力を注げなくなって
マット・ムラディンの引退もあって、ヤマハの時代へと
変わっていって、やられたい放題。
去年まで7連覇を許すことになりました。
今年は新型GSX-R投入と同時に久々にスーパーバイクレーサーの
開発を再開、AMAにも力を注ぎ、圧倒的な
速さでチャンピオンシップをリード。
特にトニ・エリアスは速さだけでなく安定感を
みせて、着実にポイントを稼いでみせました。
同僚のロジャー・ヘイデンも新型のポテンシャルを
見せつけるように、快走をみせランキング1-2位を独占。
今日、ヤマハがピッツバーグのクラッシュで右肩を
脱臼したキャメロン・バービアーの残り2戦欠場を
発表したことで、今年のタイトルはヨシムラの2人の
どちらかが取ることが確定しました。
関係者からすれば、苦難の時期を乗り越えての
タイトルですから、喜びもひとしおでしょう。
ここから新型GSX-Rが来季に向けて快進撃を始める
発端になったらいいなと。
エリアスはタイトル取ったらスパニッシュ初の
AMA王者になるね。


GP spectator

BSBも終盤戦

[GP spectator] – 09/06 20:21

さて、BSBもいよいよ終盤。
今週末のシルバーストーン・トリプルヘッダーで
ショウダウン進出ライダー6名が決まります。
ポイント的には上位の3名、バーン、ハスラム、ヒックマンは
ほぼ確定でしょう。
ハスラムとバーンに関してはタイトル争いを見据えて
出来るだけ多くのポディウムクレジットを加算するため
勝利が欲しいところ。
ランキング4位以下、ホンダのオハローラン、ブルックス
モーセイ、ディクソン、イドン、エリソンまでは
まだショウダウン進出を狙って上位で完走する必要があります。
特にランキング6位のルーク・モーセイは一時
ポイントトップに立ちながら、クラッシュとそれに伴う
欠場で4レースもノーポイントで進出ラインギリギリ。
実力的にはハスラムに匹敵するだけに、
このシルバーストーンのレースで是が非でも勝ちたいところ。
ちゃんと走ればハスラムに匹敵するからね。
オハローランは相変わらず1勝もしてないのに
ミスター堅実。ポイント稼いでるなぁ。


2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

[MotoGPメモ] – 09/25 11:07

2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

 PJがグランプリでどのくらい通用するのかは気になるところ・・・。


 ジャーマン・チームのキーファー・レーシングは、2015年にダニー・ケント(ホンダ)と共にMoto3世界選手権を制した。同チームはKalexからSuterに乗り換え、アメリカ人のPJジェイコブソンを迎える。
 報道によれ……


MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

[MotoGPメモ] – 10/25 01:09

MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

 Crash.netより。タイトルを奪還したマルケスのインタビューです。


 「2015年には選手権のタイトルを失いました。この手痛い失敗から得た教訓が、今期におけるレースへのアプローチです。しかし、今わたしたちは感激しています。」 マルク・マルケス
 新たなMotoGP世界チャンピオン、マルク・マルケスは、……


キャメロン・ビュービアー:Q & A

[MotoGPメモ] – 12/06 18:19

キャメロン・ビュービアー:Q & A

 ギュントーリの代わりにドニントンに出走したキャメロン何とかさんのインタビューです。



 二度のAMAスーパーバイク・チャンピオン、キャメロン・ビュービアーへのインタビュー。彼がこれまでのキャリアのこと、マルク・マルケスのチーム・メイト時代のこと、そしてワールド・スーパーバイクでの目標について語ってくれた。
Crash.net:

英文をコピッたら→翻訳サイトリスト