2017
06.19

【MotoGP】第8戦TTアッセン~Moto2™クラスプレビュー

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

GP spectator

2つの100(ネタバレあり)

[GP spectator] – 06/19 18:01

ミザーノでは2つの100にまるわる
記録が生まれました。
まずは第1レースで3位に入ったレイ。
彼のキャリア通算100ポディウムだそうです。
まあ、今の勝利数からすれば、1/3は優勝で
てっぺんに立ってます。
また、メランドリィの優勝によって、
イタリア人ライダーのWSB通算勝利数が100に
達したそうです。
古くはマルコ・ルッキネリ、ダビデ・タルドッツィ
ファブリツィオ・ピロバーノあたりの
勝利から始まり、途中でピエール・フランチェスコ・キリ
最近ではマックス・ビアッジ、メランドリィ、
ミケーレ・ファブリツィオあたりがその担い手となっています。
まあ、WSBの歴史はイタリアンとオージー、アメリカン
そしてブリティッシュの四大勢力に時々ジャパンで
成り立ってますからね。
ただ、そろそろスーパーストックを走っている若手
あたりに上がってきて欲しい気もするね。


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ドヴィツィオーゾ語る:娘、恋人、幼少期、ライバル…etc

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 06/17 00:40

『ドヴィツィオーゾ語る:幼少期、愛情、ライバル』
★ムジェッロ/バルセロナGPで2連勝を遂げ、今、まさに旬のドゥカティライダー、アンドレア・ドヴィツィオーゾが『La Gazzetta dello Sport』紙に自身のプライベートについて語った。
【幼少期は?】
「僕が2輪レーサーになったのは、父アントニオのせいなんですよ。もう、とにかく大のモトクロス好きでねぇ。
父はシチリアのカラシベッタの生まれなんですが、4才の時にフォルリに移って来たんです。もうね、僕が生まれる前から、絶対に世界チャンピオンになるって言ってたらしくて。他のライダーの話なんか一度も話してくれたことはなくて…せいぜい、バカ話程度でしたねぇ。
昔も今も、とにかく大・大・大ファンではあるけれど、マシン準備とかトレーニング関係に関しては本当に無知な人で、でも、とにかく超オタクなんですよ。今、54才で、レース参戦については昔のまんまの考え方でね。オートバイを分解するとか、洗車するとかしないんですよ。僕のもしてくれなかったですね。おかげでマシンが完璧な状態じゃなくても走れるようになりましたけど。
母アンナマリアの方は昔気質の女の人で、父と結婚して別れるまでは、もう自分の周囲の世界しか知らないって感じでした。僕が2輪レーサーになるのはずっと嫌がっていて、レースに来てくれるのは僕を喜ばせるためだけでね。家に居る時、レースウィークエンド中はずっと別の部屋にこもって……


GP spectator

器用さ(ネタバレあり)

[GP spectator] – 06/19 17:17

メランドリィが久々の優勝を遂げました。
彼はこれで、ヤマハ、BMW、アプリリア、ドゥカティと
異なる4メーカーで全て優勝を飾ることとなりました。
これだけ色々なマシンに乗ってちゃんと結果が
残せるあたりは、本当に彼のライダーとしての対応力の高さ
器用さの表れと言っていいでしょう。
ドゥカティ地獄にハマってメンタルやられたところから
よくぞ復活したなぁという感じ。
ただ、器用なんだけどタイトルには縁がないというか、
シーズンの大事なところでミスをする
ってイメージは払拭されてないね。
このままだと250ccのタイトル一個だけで
キャリアを終えそうな予感も・・・。


MotoGPフィリップ・アイランド:クラッチローはオーストラリアでの勝利は常々狙っていた。

[MotoGPメモ] – 10/25 01:24

MotoGPフィリップ・アイランド:クラッチローはオーストラリアでの勝利は常々狙っていた。

 BSNより。クラッチローが端から勝利を狙っていたなんて・・・。意外でした。






 カル・クラッチローが明かしたことによれば、彼は予てよりフィリップ・アイランドを今シーズンおいて勝利を狙えるトラックとみなしていたという。とはいえ、今回の週末を通して目まぐるしく……


MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

[MotoGPメモ] – 11/18 23:03

MotoGPバレンシア:ロレンソ:この上なくすばらしい。

 最後の最後に勝てて良かった・・・。crash.netより。



 この9年間は実りの多いものでしたし、250回目のウィーク・エンドは完璧なものでした。ポール・ポジションにファステスト・ラップ、そして勝利を手にしたのですから。本当に誇らしく思います。」 ホルヘ・ロレンソ
 ホルヘ・ロレンソはヤマハのライダーとして臨んだ最後のレース・ウィークエンド……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト