2018
05.07

【MotoGP】ペドロサ『ロレンソを訴えはしないが、レースディレクションは間違ってる』2018ヘレスGP

MotoGP

motogp Live!

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ペドロサ『ロレンソを訴えはしないが、レースディレクションは間違ってる』2018ヘレスGP

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/07 06:50

『ペドロサ:ロレンソを訴えはしないが、レースディレクションは間違ってる』
★ダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー)が5月6日(日)、ヘレス決勝戦でロレンソ/ドヴィツィオーゾ選手との多重クラッシュにより転倒リタイヤとなった。
★ペドロサ選手のコメント。
「当然のことながら、こんな形でレースが終わってしまい残念です。こんなトリプルクラッシュに巻き込まれるなんて初めてのことなんで。
僕ら3人とも、主役級の良いレースをしていたんですけどねぇ。完走できなくて残念です。
僕は加速で苦戦していて、直線コースでドゥカティ組のペースに付いて行くことができなくって…だから、ちょっと離れていたんですよ。ブレーキングで攻めることも抜くことも出来ずにいました。
前に誰もいなければ、僕はドゥカティ組より好ペースで走れたはずなんですが、あの2人が前にいて、抜けずにいるとねぇ…それで、2人の後ろに付いてミスでもしないかと待ってたんです。
アンドレア(ドヴィツィオーゾ)がロレンソを抜いた時、2人とも膨らんだんで、僕は然るべきラインに…イン側に入りました。そしたら、突然、宙にふっ飛ばされてしまって。ロレンソが僕のラインに入ってきて、接触してしまったんですね。彼のことは目に入ってませんでした。
自分のことも残念だけど、ロレンソのことも残念でした。あと、特にアンドレアですよ…総合順位がねぇ。結局、この3人の誰のせいでもないわけでし……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ザルコ『ヤマハ機を新たな限界に持って行けた』2018ヘレスGP

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/06 08:20

『ザルコ:ヤマハ機を新たな限界に持って行けた』
★ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)が5月5日(土)、ヘレスGP予選2で3位だった。
★なお、ヤマハファクトリーはヴァレンティーノ・ロッシが10位、マーヴェリック・ヴィニャーレスが11位だった。
★ザルコ選手のコメント。
「昨日までは戦闘力が高い感じだったんですが、あいにく、FP4でちょっと問題が出てきてしまい…アスファルトの温度のせいだったんですが、でも、予選ではまた違う展開になってくれて。
ミディアムタイヤを履いて全力で頑張ったら、このヤマハM1機を新たな限界にまで持って行くことができたんです。」
【今回の目標は?】
「表彰台を念頭に置いてスタートするつもりです。金曜、土曜の出来からすると、当然、目指せると思ってます。もちろん、ホンダ勢も同じ目標で来るでしょう…ダニもマルクも、絶対に戦闘力は高いだろうから。」
【レースに向けては?】
「今日の午後、気温が上がったらグリップ面が落ちてしまったんですよ。でも、とにかく、旋回でのマシンの戦闘力は高いんですけどね。でも、暑くなったら問題が大きくなってしまうでしょうね。」
【タイヤ選択については?】
「前も後ろもミディアムがベストだと思ってます。もちろん、トラックのコンディションも見てみなければなりませんけど。
ただ、絶対にソフトはないでしょう。思うような速さは出せないだろうから。」
(2018年05月05日『Gpone……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ヘレスGP 予選2位ペドロサ「明日良いレースが出来ることを願っている」

[気になるバイクニュース。] – 05/06 10:38

そろそろ結果を出さない限りレプソルホンダ残留が危ういと言われるダニ・ペドロサは、手首の怪我のまま予選2位を獲得。アメリカGPよりも回復はしているはずですが、暑くなることが予想される得意のヘレスで、どこまでの走りが出来るかに注目です。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
サイモン・クラファー
「ダニ、このサーキットはあなたに合っているサーキットですよね。昨年も優勝しているわけですが、今回のような走りを手に怪我をして時間もさほど経っていない状態でするというのは、一体どうやって可能だったのでしょうか?」
ダニ・ペドロサ
「今日はこの素晴らしい結果に対して嬉しく思っています。フロントロースタートが出来るのは重要なことです。それにこのコンディションですから、正直この結果は想定していませんでした。それに今回の予選がこんなに激しいバトルになるとは思っていませんでした。ただレースペースに関しての作業を進め、明日のタイヤチョイスをどうするかを考える必要があります。また、明日は自分がどの程度の距離をちゃんと走れるかということも重要です。まだ痛みはありますし、力も入らないのもあります。ただ、良いレースが出来ることを願っています。」
(Photo courtesy of michelin)


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ヘレスGP 予選プレスカンファレンス翻訳

[気になるバイクニュース。] – 05/06 15:11

MotoGPの予選プレスカンファレンスの翻訳です。ポールポジションを獲得したクラッチローは、ホンダのこの冬の作業に関して賞賛の言葉を送っています。予選2番手となったペドロサは、レースではやはり痛み止めの力を借りる必要があるとか。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
スティーブン・デイ
「カル、まったく素晴らしいラップでした。特に第4セクターが素晴らしいものでした。あなたをフロントーで見かけるのはだいぶ久しぶりな気もしますが、今日は予選が始まる前から良い結果が出せるとわかっていたのではないでしょうか?」
カル・クラッチロー
「ええ。今週は非常に良い形で作業が出来ていました。ここヘレスでポールポジションを獲得出来るというのは、常に素晴らしいものです。確か前回自分がポールポジションを獲得したのも、ここヘレスだったのではないかと記憶しています。ヨハンとも話していたんですが、この結果はそこまで嬉しくなくて、マルクのヤツはBMWアウォード(※予選ポール獲得回数上位者に贈られる)を7個も持っていて、今年はヨハンがリードしてるんですから。自分は新しい車が欲しいんですよ(笑)もう少しポールを獲得出来るとは思いますけどね。今日は3つの戦略があって、それが機能したと思います。セカンドラップも非常に良いものでしたしね。ただ、正直なところ最終ラップに関してはターン5でか……


ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

[MotoGPメモ] – 10/10 21:22

ドミ・エガーター:テストの許可を得る。バレンシアへのワイルドカードも?

 選手交代の声明が出た直後は、「契約を満了させる!」などと言っていたエガーターですが、チームがヨーロッパを発ってしまえば接触は難しいと思われます。それなら、他のことに目を向けた方がいいということでしょうか・・・。

……




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト