2018
05.08

【MotoGP】★MotoGP2018ヘレスGP ロレンソ「不運であったという事以外には誰のことも責められない」

MotoGP

motogp Live!

気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ヘレスGP ロレンソ「不運であったという事以外には誰のことも責められない」

[気になるバイクニュース。] – 05/07 12:57

今回の転倒は不運なレースアクシデントだったと語るロレンソ。しかし今回のレースは爆発的なスタートから、ソフトフロントをいたわりながらの丁寧なライディングで表彰台圏内であっただけに、実に残念な結果となりました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ホルへ・ロレンソ
「転倒に関しては本当にガッカリです。世界でも最速の3人のライダーが転倒に絡んだからですが、こうした理由のために転倒に関してはあまり語りたくありません。自分達は非常に不運であり、あれはレースアクシデントでした。ペドロサの進入は確かに鋭いものでしたが、不運であったという事以外には誰のことも責められないでしょう。そしてアンドレア、Ducatiに対しては非常に申し訳なく思っています。素晴らしいレースが出来たという満足感はあります。素晴らしいスタート、そしてトップを走行出来たこと。それに週末を通した作業の内容にも満足しています。このレースは自分達の開発に関して大きなプラスとなります。トップから0.2秒、0.3秒遅れのペースであったとは言え、正しい方向性で作業が出来ています。」
(Photo courtesy of Ducati)
(Source: Ducati)


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

イアンノーネ『もう少し時間をかければ優勝争いができる』2018ヘレスGP

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 05/08 00:15

『イアンノーネ:2018ヘレス決勝戦後コメント』
★アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)が5月6日(日)、ヘレス決勝戦で3位だった。
★モトGPキャリア初の2戦連続表彰台となった。
★イアンノーネ選手はドヴィツィオーゾ/ロレンソ/ペドロサ選手の多重クラッシュにより表彰台争いに浮上し、最終的にダニーロ・ペトルッチとの競り合いに勝ち、3位を獲得した。
★イアンノーネ選手のコメント。
【今回のレースについては?】
「全体的に良いレースでした。あいにく、スタート前にミスってしまったけど。ハードタイヤにしてしまって。リアにミディアムを履かなかったってのがねぇ…トップ陣に付いて行けるぐらいのペースはあったのに。とは言っても、今回のリザルトには満足してますけどね。」
【多重クラッシュのおかげもあったし…】
「実際に見てはいないけど、あの3人は大変でしたね。僕ら後方組はツイてたけど。」
【レース終盤はペトルッチ選手との一騎打ちとなっていたが…】
「僕もダニーロ(ペトルッチ)も、もう限界ギリギリでした。自分が好調だってことも、スズキ機に然るべきフィーリングを抱けるってことも本当に嬉しいですよ。
マシンは良くなってきてますね。あいにく、マシンのポテンシャルをフル活用することはできなかったけど。実際のところ、然るべきチョイスをしてたら、もっとトップ陣に寄って行けてたのにねぇ。
今回のヘレスでは、加速でのロス……


MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

[MotoGPメモ] – 10/25 01:09

MotoGPジャパン:マルケス:今期のメンタリティは手痛い失敗から得た教訓

 Crash.netより。タイトルを奪還したマルケスのインタビューです。


 「2015年には選手権のタイトルを失いました。この手痛い失敗から得た教訓が、今期におけるレースへのアプローチです。しかし、今わたしたちは感激しています。」 マルク・マルケス
 新たなMotoGP世界チャンピオン、マルク・マルケスは、……


2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

[MotoGPメモ] – 09/25 11:07

2017年のキーファー・レーシングはケントとジェイコブソンとSuterで。

 PJがグランプリでどのくらい通用するのかは気になるところ・・・。


 ジャーマン・チームのキーファー・レーシングは、2015年にダニー・ケント(ホンダ)と共にMoto3世界選手権を制した。同チームはKalexからSuterに乗り換え、アメリカ人のPJジェイコブソンを迎える。
 報道によれ……


マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

[MotoGPメモ] – 10/04 21:30

マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

 マニクールの両レースを制したデイビスのインタビューです。





 チャズ・デイビスは本日マニクールにて開催されたレースにおいて、カワサキのチーム・メイト同士、つまりジョナサン・レイとトム・サイクスがワイドになった瞬間を逃さなかった。その隙にリードを奪……




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト