2017
12.06

【MotoGP】ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロッシ『KTMがザルコを欲しがっているが…』

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 12/03 11:05

『ロッシ:KTMがザルコを欲しがっているが…僕は自分のことしか考えてない』
★12月2日(土)、『Monza Rally Show』2日目、ヴァレンティーノ・ロッシが総合首位に立った。
★本日の総合順位は以下の通り。
首位Rossi-Cassuna (Ford Fiesta、58’00.5)
2位Bonanomi-Pirollo (Citroens DS3、+0.1)
3位Cairoli–Fappani (Hyundai i20、 +6.4)
4位Mikkelsen-Neuville (Hyundai i20、 +6.5)
5位D’Aste-D’Aste (Ford Fiesta、+59.0)
「今日の出来には、実に満足してますよ。マルコ(ボナノーミ)とは大勝負だし、絶対に最後の最後まで戦い続けることになるでしょう。優勝争いの相手は彼だけじゃないしね。Mikkelsenとカイローリも接近してるからね。」
【今日は総合首位を獲得していたが…】
「ラリーレーサーに比べると、トラックレーサーは今日のフリープラクティスはちょっと有利なんですよ。特に、僕ら2輪レーサーはハードブレーキングを駆使して成長してきてるじゃないですか。周回ごとに最後の1mをなんとかしようとしてね。多分、そのせいで戦闘力が高いんじゃないのかなぁ。」
【今日のプラクティスは?】
「ショートプラクティスは新タイヤで予選の1周タイムを出すような感じで、僕はあまり速くないんですよ。何周も走るスペシャルプラクティスの方が好きですね。レースみたいな感じでね。」
【最後のプラクティス2回は夜間走行だから、鈴鹿8耐レースを彷彿させるが…】
「夜間走行って言う……


気になるバイクニュース。

★ホンダ 2017年型CBR1000RR と CBR1000RR SPのリコールを発表

[気になるバイクニュース。] – 12/05 10:40

ホンダの2017年型CBR1000RR と CBR1000RR SPのリコールが発表されました。燃料タンク内に水が混入する恐れがあるということですが、スタンダードモデルはタンクも含めた燃料系の交換、SPモデルはチタン製タンクのため、燃料ポンプとインジェクター交換となるとのこと。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ホンダはUS市場において、2017年型のCBR1000RR と CBR1000RR SPのリコールを届け出た。これは燃料キャップから水が漏れることによって、燃料タンク内に水が混入する可能性があるというもの。アメリカ市場での対象台数は2,443台だ。
米国運輸省道路交通安全局がリリースした文章によると、燃料キャップのシール部分が膨張し、シールとフィラーネック部に隙間が生じる可能性があるという。もし燃料が満タンであった場合、ガソリンが加速、減速時にドレインチューブに流れ込む可能性があるという。しかし、その量については何らかの危険性をはらむものではない。それよりも危険性が高いのは燃料タンクとキャップの間に生じた隙間から水が燃料タンク内に進入することで、これによってエンジンのストール、作動不良、条件がそろえばタンクの中にサビが生じる可能性があるという。
この問題が初めて明らかになったのは2017年3月29日。これは日本メディアのテスト最中に、燃料のドレインパイプから燃料が垂れていることが見つかった……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018  マルケス、ペドロサHonda Racing THANKS DAY 2017に参加

[気になるバイクニュース。] – 12/05 11:41

12/3日曜日に開催されたHonda Racing THANKS DAY 2017ですが、参加された方も多いのではないでしょうか。今年はスーパーカブ1億台記念レースなど様々な催しがありましたが、その中でも、マルケス選手、ペドロサ選手共に、F3カーでの走行を最高に楽しんだようです。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
MotoGPチャンピオンのマルク・マルケス、チームメイトのダニ・ペドロサは、もてぎで24,000人のファンの前で開催されHonda Racing THANKS DAY 2017に参加した。レプソルホンダの2人は、その他のHRCのスターライダー達である中上 貴晶、トライアルの藤波貴久、MXGPのティム・ガイザー、日本人として初めてインディ500を制した佐藤琢磨、F1ドライバーのジェンソン・バトン、ストフェル・バンドーンなどと共に同イベントに出席。
ファンへのお礼を述べるだけでなく、このイベントの中で彼らは異なるマシンをドライブする機会にも恵まれた。 マルケスとペドロサはF3マシンを初めてドライブ。その他にもカート、スーパーカブなどによるレースも楽しんだ。
マルク・マルケス
「毎年このイベントはどんどん楽しくなりますよね。全てが完璧に計画されているのもそうですし、様々な車やバイクに乗ることが出来ました。今年はF3カーをドライブする機会がありましたが、本当に気に入りました。ホンダにはこの機会を与えてくれたことに対して……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ロッシ6回目優勝:2017モンツァラリー

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 12/04 03:10

『ロッシ6回目優勝:2017モンツァラリー』
★12月3日(日)、『Monza Rally Show』3日目(最終日)、ヴァレンティーノ・ロッシが6回目の優勝を獲得した。これによりロッシ選手は同レースの最多勝選手となった。
★ロッシ選手は午前のスペシャルプラクティス『Grand Prix』でマルコ・ボナノーミ(総合2位)を6.1秒引き離したが、車両の重量が規定に7kg足りず、レースディレクションより10秒のペナルティを科せられてしまった。
なお、ロッシ選手の他にトニ・カイローリも重量不足により10秒のペナルティを科せられた。
★ロッシ選手は同ペナルティにより総合4位となり、首位ボナノーミ選手とは3.9秒差で残り2回のプラクティスに挑んだところ、最終プラクティスでボナノーミ選手がミスを犯し、ヘアピンでマシンが停止してしまった。
★総合順位は次のとおり。
1.Rossi,V. – Cassina,C. (FORD FIESTA、1:24’55.9)
2.Mikkelsen,A. – Neuville,T. (HYUNDAI NG i20、+5.7)
3.Bonanomi,M. – Pirollo,G. (CITROEN DS3、+8.4)
4.Cairoli,T. – Fappani,D. (HYUNDAI NG i20、+21.8)
5.Longhi,P. – Santini,G. (FORD FIESTA、+2’15.7)
6.Crugnola,A. – Lucca,M. (SKODA FABIA、+2’34.8)
7.Freguglia,G. – Bollito,L. (FORD FIESTA、+2’47.2)
8.Andreucci,P. – Andreussi,A. (PEUGEOT 208 T16、+2’51.5)
9.Pasini,M. – Granai,L. (FORD FIESTA、+2’58.9)
10.Bosca,A. – Aresca,R. (FORD FIESTA、+3’10.1……


ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

[MotoGPメモ] – 12/06 18:24

ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

 面白くなるか、はたまた興ざめするか・・・?



 最後の最後に勝てて良かった・・・。crash.netより。



 この9年間は実りの多いものでしたし、250回目のウィーク・エンドは完璧なものでした。ポール・ポジションにファステスト・ラップ、そして勝利を手にしたのですから。本当に誇らしく思います。」 ホルヘ・ロレンソ
 ホルヘ・ロレンソはヤマハのライダーとして臨んだ最後のレース・ウィークエンド……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト