2018
09.15

【MotoGP】World Supersport: Rider Anthony West provisionally suspended

MotoGP

気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 アレイシ・エスパルガロ「ポンソンの件はチーム、そして運営側の問題」

[気になるバイクニュース。] – 09/13 12:53

サンマリノGPでは負傷しているティト・ラバトに変わり、クリストフ・ポンソンがAvintia Ducatiで走りましたが、レースウィークがMotoGPバイクでの走行が初めてということもあり、トップ選手達から周回遅れにされるという状況が発生。これに関して「遅すぎて危険だ」という声がパドック内外から出てきたわけですが、アレイシ・エスパルガロが語る通り、こうなる事が予め予想出来たにも関わらず走らせたチーム側に大きな責任があると言えるでしょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
アレイシ・エスパルガロ
「彼の事は気の毒だと思います。彼は若い1人ライダーであって、もしホルヘ・マルティンをいきなりMotoGPバイクにバレンシアで乗せたとしてもあまり上手く走ることは出来ないと思いますよ。MotoGPは本当に多くを要求されます。いきなりスペイン選手権から呼んだ選手を、世界中の最速のライダーが集まっているMotoGPクラスで走らせようとしても駄目ですよ。これは彼のせいではなく、チーム、そして運営側の責任ですよ。彼らは今回ミスを犯したと自覚すべきで、これが最後にならねばなりません。」
(Photo courtesy of Avintia)
関連記事★MotoGP2018サンマリノGP ビニャーレス「ライディングスタイルの改善が必要」★MotoGP2018サンマリノGP リンス「明日は2列目、3列目獲得が目標」★MotoGP2018サンマリノGP シャーリ……


気になるバイクニュース。

★2018-2019ボルドール24時間帯耐久ロードレース 練習走行結果

[気になるバイクニュース。] – 09/13 22:21

ボルドール24時間耐久レースの最初の練習走行結果です。トップタイムはTEAM SRC KAWASAKI FRANCEとなり、YARTヤマハ、昨年シーズンのチャンピオンのF.C.C. TSR Honda Franceが追う展開です。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
1 TEAM SRC KAWASAKI FRANCE/1:54.942
2 YART – YAMAHA/1:55.182
3 F.C.C. TSR Honda France/1:56.327
4 ERC-BMW Motorrad Endurance/1:56.516
5 Honda Endurance Racing/1:57.181
6 Bolliger Team Switzerland/1:57.264
7 WEPOL Racing/1:57.285
8 Suzuki Endurance Racing Team/1:57.336
9 Team 33 Coyote Louit Moto/1:57.379
10 MOTO AIN/1:57.441
11 3ART- MOTO TEAM 95/1:57.612
12 Yamaha Viltaïs Pierret Experiences/1:57.649
13 Gert56 German Endurance Racing Team/1:57.891
14 MACO RACING Team/1:58.063
15 Junior Team LMS Suzuki/1:58.751
16 Tati Team Beaujolais Racing/1:58.834
17 TECMAS BMW/1:58.843
18 MOTOTECH EWC TEAM/1:59.086
19 Team April Moto Motors Events/1:59.123
20 Wójcik Racing Team/1:59.126
(Source: EWC)
(Photo courtesy of EWC)
関連記事★2018-2019ボルドール24時間帯耐久ロードレース ヤマハ唯一のオフィシャルチームとして参戦するYARTヤマハ★2018-2019ボルドール24時間帯耐久ロードレース 練習走行トップはチームSR……


GP spectator

一発の速さは健在

[GP spectator] – 09/15 08:56

ボルドールのポールはSRCカワサキとなりました。
EWCの予選は3人のライダーの平均タイムで順位が決まりますが
ランディ・ド・ピニエが叩き出したコースレコードは確実に
3人の平均タイムを押し上げる役割を果たしたと言えるでしょう。
鈴鹿のアクシデントで小指を失ったとはいえ、
MOTOGP時代でも見せた一発の速さは健在ですね。
ただ、一発の速さ同様、レースでの不安定さもMOTOGP時代から
変わっていなくって、鈴鹿でも雨の中2周目に転倒
ルマンでも確かスタートまもなく転倒となってますから
まずは、自分のパートをきちんと走りきることも重要ですね。
決勝に目を移すと
このSRCカワサキとEBR・BMWがピレリユーザー。
YARTヤマハとTSRホンダがBSユーザー。
今や世界的にも珍しくなったタイヤのマルチメイクカテゴリーだけに
タイヤ性能も勝敗に大きく響いてきそうです。
ボルドールは日中は20度を越す気温で行われますが
夜には一桁まで気温が落ちるほど寒く
これにタイヤ本数制限とライダーの交代のタイミングが
加わりますから、日が出ている時用のタイヤで走っている
間に日が暮れると、急激に下がる路面温度の中
ライダーが走るケースも出てきます。
そうなると、タイヤのもつ温度レンジの広さが鍵になってくるというもの。
そこに対応するライダーのスキル、注意深さも勝敗を左右しそうですね。
ただ速くはしるだけでは勝てない。
スタートは日本時間の今夜22:00……


気になるバイクニュース。

★Moto2 来季からのECUはローンチコントロール、エンジンブレーキコントロール機能付き

[気になるバイクニュース。] – 09/14 14:12

Moto2は2019年からトライアンフのエンジンを使用することが決定していますが、このエンジンをコントロールするECUについて、その機能がどうなるかという内容が決まっていません。その詳細は冬季テストの後に正式に決定されるようですが、今の段階でわかっているのは、少なくともローンチコントロール、エンジンブレーキコントロール(オートブリッピング機能付き)の機能はつくということ。トラクションコントロールシステムに関しては現時点ではどうなるか未定となっています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
今後もMoto2クラスから多くの選手がMotoGPクラスへステップアップすることを考えると、Moto2クラスにも電子制御が導入されることで、Moto2クラスからMotoGPクラスに選手がステップアップする際に、電子制御の使いかたで混乱することが少なくなることが期待されますが、2019年は新しいエンジンとの組み合わせもあり、チーム、選手ともにウインターテスト〜シーズン前半戦までは色々な試行錯誤が続きそうです。
関連記事★Moto2 2018サンマリノGP FP2結果★Moto2 2018サンマリノGP FP3結果★Moto2 2018サンマリノGP 予選結果★Moto2 2018サンマリノGP ウォームアップ結果★Moto2 2018サンマリノGP 決勝レース結果★サンマリノ GP 決勝で、NTS RW RACING GP がポイント獲得まで僅差に迫る★ロマーノ・フェナティ Marin……


World Supersport: Rider Anthony West provisionally suspended

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that records broken off the track don’t really count] – 09/14 20:07

The FIM has provisionally suspended Ant West for failing a doping test. He won’t be taking part in this weekend’s World Supersport race. Previously, in 2012, he failed a test due to an energy drink that contained methylhexaneamine.
The FIM press release appears below:
FIM Anti-doping
2018 FIM Supersport World Championship Rider Anthony West provisionally suspended


2018 Portimao World Supersport FP1 Results: Caricasulo And Mahias On Top

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that records broken off the track don’t really count] – 09/14 20:13

A familiar group of Yamahas topped the morning’s results, with Federico Caricasulo and Lucas Mahias heading a group of five Yamahas including Randy Krummenacher, Sandro Cortese and Jules Cluzel. Kyle Smith on the Honda and Ayrton Badovini on the MV Agusta were the only non-Yamahas within a second of Caricasulo’s best time.
Ant West didn’t compete due to a failed anti-doping test. 
Results:


2018 Portimao World Superbike FP3 Results: Melandri Tops Session

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that records broken off the track don’t really count] – 09/15 01:31

Marco Melandri was quickest this session, cementing his entry into Superpole two. Jonathan Rea was second-quickest, but in spite of a fall in Free Practice two, he ends the day in provisional pole position as the only rider to break the 1’41 barrier. Loris Baz and Leon Camier head to Superpole one as the favourites to advance to Superpole two.
Session Results:



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト