2018
09.12

【MotoGP】思うところあって

MotoGP

GP spectator

3度目の栄冠

[GP spectator] – 09/10 23:01

AMA選手権 モトアメリカは
最終戦を待たずニュージャージーで
キャメロン・バービアーのタイトルが
確定しました。
彼は2015、2016に続く3度目のタイトルとなります。
今シーズン、連覇を狙ったエリアスにとっては
厳しいシーズンとなりましたね。
でも開幕当初は悪くなかったんですよね。
ところがシーズン中盤に転倒してから歯車が狂い出して
その狂った歯車は最後まで元に戻りませんでしたね。
実際今シーズンは前半がエリアス、後半がバービアーと
勝者がハッキリと別れる変わったシーズンになりました。
残る最終戦はバーバー・モータースポーツパークとなります。


気になるバイクニュース。

★Ducati 2019年モデルとしてSCRAMBLER ICONを発表

[気になるバイクニュース。] – 09/11 19:56

Ducatiは2019年モデルとしてSCRAMBLER ICONを発表しました。このモデルは電子制御パッケージのアップグレードに加え、外観上のマイナーチェンジが施されたモデルとなります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
全体のシルエットは大きく変わりませんが、燃料タンクのアルミサイドパネルは変更が可能となり、LEDヘッドライトはデイタイム・ランニングライトを装備、また内部にX字形状のモールドを持たせ、70年台のオフロードバイクがヘッドライトをガードするために貼っていたテープを模しているとのこと。またリアのテールライト、ウインカーもLEDとなります。新しくなったメーターはギアポジションと燃料計が新たに表示項目に加わりました。
エンジンはEuro4に適合した803ccの空冷エンジンで、モンスター796に採用されているものと同様のもの。ボアxストロークは88mm x 66mmで、全域でスムーズさをアップしています。シートは798mmのローシートとなり、ハンドルバーはさらにワイドに、乾燥175kgの車体と共に扱いやすさを向上させています。新しくなった油圧式クラッチはレバーがアジャスタブルとなっており、カラーリングは62イエロー/ブラックフレーム/グレーホイールのものと、アトミックタンジェリン/ブラックフレーム/グレーホイールの2種類です。
主要諸元
エンジン:Lツインデスモドローミック2バルブ空冷
排気……


GP spectator

ミザーノ事後テスト

[GP spectator] – 09/11 11:59

MOTOGPが終わったミザーノでは
事後テストが行われています。
参加メーカーはホンダ、KTM、アプリリア。
面白いのは走っているメンツで
ホンダはマルケスとブラドル。
KTMはポルとド・ピニエ
アプリリアはアレイシのみとなっている。
ペドロサは来季KTMのテストライダー
スミスは来季はアプリリアのテストライダー
レディングは来季はスーパーバイク。
今のこの時期に彼らを乗せる義理は無いってことかな。
ちなみにド・ピニエはこのテストが終わったらフランスに
移動して、そのままボルドール24時間に参戦となります。
忙しい。



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト