2018
04.25

【二輪】ひとつの結果

motor2

motogp Live!

GP spectator

ひとつの結果

[GP spectator] – 04/24 12:52

アッセンのポールはアレックス・ロウズでした。
これは彼にとっての初ポールであると共に
2016年から復帰したヤマハにとってはひとつの結果を
出せたということでしょう。
現在のWSBは運営によって各メーカー間の戦力の均等化を
図るレギュレーションが導入されていて、その足かせによって
カワサキとドゥカティは戦力を下げられているわけですが
その意図したとおりの結果を出したというところですね。
とにかく、ヤマハのR1は全日本を見ても非常に
ポテンシャルの高いマシンであるのは間違いないものの
WSBで使うピレリのワンメイクタイヤはその性能を
フルに発揮しにくい部分があって、その辺の折り合いを
つけるのに苦労している部分があったと思うだけに
ようやくひとつの答えを導き出しつつあるかな?という感があります。
ただ、まだ先は長くって、その速さをレース中ずっと維持する
タイヤのライフを長引かせるという課題があるだけに、
ヤマハはまだまだ改良を重ねないと上位2チームには追いつけないか。
やはりというか、カワサキとドゥカティはタイヤの使い方では
かなりのアドバンスがある。
特にロウズは非常に攻め込むスタイルだけにタイヤの消耗が
早いんだよね。
マイケルも特定のコースはトップ争いに絡むんだけど
コンスタントさが無いからね。
ただ先に述べたようにレギュレーションの恩恵で
ヤマハはマシンの開発が進められますから、
今のうちに差を縮めた……


GP spectator

悪い流れ

[GP spectator] – 04/24 18:50

う~~~ん、ここまで悪い流れになるとは
思わなかったなぁ。
というのが正直な感想。
今季、プセッティに移籍した大久保選手ですけど
苦戦が続いてますね。
アラゴンでは予選からマシントラブルが出ていたけど
決勝でもトラブルでストップ。
アッセンでは12番手グリッドからスタートしたけど
まさかのチームメイトのモライスを巻き込んでの転倒。
チームも絶対的エースのソフォーグルを欠いて
ちょっと流れが悪くなっている感じ。
そしてライバルのR6は速い。
今は出来ることからコツコツと積み上げて結果に
繋げていくしか無い我慢の時期だと思う。


スベモト2

CEV2018 【Pre moto3】レビュー

[スベモト2] – 03/12 16:40

このシリーズのメインクラス、Pre moto3のレビューです。 昨年のランキング上位陣はごっそりステップアップしたので、 今年はまたまた入れ替わりの激しいクラスになっています。   注目のルーキーをピックアップ…




英文をコピッたら→翻訳サイトリスト