2017
11.22

【MotoGP】マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

MotoGP

motogpはオンボードをマルチスクリーンで

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ペドロサ:子供の頃は『いたずらダニエル』、バスケが上手かった

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 11/21 03:50

『ペドロサ:子供の頃は『いたずらダニエル』と呼ばれ、バスケが上手かった』
★マルク・マルケスやダニ・ペドロサ、トニ・ボウ、タカヒサ・フジナミらがマドリッドのサグラダ・ファミリア小学校を訪れ、子供らの質問に答えた。
★同小学校は『いじめ追放コンクール』で大賞を獲得した。
★マルケス選手はヴァレンシア最終戦で見せた転倒からの持ち直しにについて、「この肘のおかげでタイトルが取れたんだよ」と話した。
★ペドロサ選手が自身の小学生時代について、にこやかに次のように話した。
「『いたずらダニエル』って呼ばれてました。バスケットボールが好きで、けっこう上手かったんだよ。」
★各選手とも、オートバイに乗るためには良い子にしていなければならなかったと話した。
マルク・マルケス
「良い子にしていなければ、オートバイは買ってもらえなかったから。オートバイに乗れるよう、いつも良い成績を取らなければならなかったんだよ。」
トニ・ボウ
「僕は興奮しやすい子供だったけど、お母さんが学校の先生だったから行儀は良かったし、オートバイに乗せてもらえたんだ。僕は4才の時から、オートバイが欲しいってせがんでいたんだよ。」
★得意な科目について。
マルク・マルケス
「算数だったね。」
ダニ・ペドロサ
「僕は国語。」
★各選手とも、TVゲームより外で遊ぶことを勧めていた。
マルク・マルケス
「僕はサッカーが大好きなんです。お祖父さんと一緒に『パルチ……


GP spectator

ヘレステストあれこれ

[GP spectator] – 11/22 18:52

レイが女王陛下に勲章をもらうということで
わずか一日でテストを切りあげたヘレスサーキットでは
引き続きWSB組がテストを行っています。
2日目のトップはトム・サイクス。
最終的には初日にレイがマークした驚異的なタイムに
匹敵する39秒台をマークしています。
続いたのが、これがBMW初乗りとなったロリス・バズ。
久々のスーパーバイク、久々のピレリ、初のBMWながら
いきなりの好タイムは彼とBMWの相性の良さを
感じさせるところですね。
3番手はアプリリアのユージン・ラバティ。
4番手にアグスタ初乗りとなったジョルディ・トーレス。
ただトーレスは最終戦カタールの転倒で負った負傷が
完治してないそうで、途中からアレックス・デ・アンジェリスが
代わりにライディングしています。
来季はカワサキのスーパーバイクで走るレアンドロ・メルカドの
マシンはどうやらプセッティのお下がりみたいですね。
シートにギュントーリのゼッケンが・・。
タイム的には最下位ですが、プライベーターは彼だけです。
今日からはホンダ、ヤマハ、ドゥカティが合流です。


気になるバイクニュース。

★DAYTONA(デイトナ) ローダウンリアショック ブラック 94755 ¥21,000

[気になるバイクニュース。] – 11/21 16:10

好評のローダウンリアショックに、REBELの適合確認が取れました。
ローダウンしながらもストロークを約40mm確保。不等ピッチスプリング採用で、スタイルと乗り心地を両立。乗り心地を保ちながら足付き性が向上。最大荷重を確保し2人乗りにも対応。クロームメッキとブラックの2色をラインアップ。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
●イニシャル調整5段階
●不等ピッチスプリングを採用。(バネレート:2.4・3.2kgf/mm)
●調節工具付属。●取付長280mm
●【REBEL装着時】ノーマル比約20mmダウン(ノーマル長:300mm)
●ノーマルサイドスタンド使用可能。※ノーマルチェーンケースの加工が必要。
●【SR装着時】ノーマル比約40mmローダウン(ノーマル長:320mm)
※ノーマルチェーンケースの加工またはKEDO製チェーンガードミニ(95115)の同時装着が必要。
※ショートサイドスタンド(95035/95204)の同時装着が必要。
※ノーマルフェンダー以外はフルストローク時にタイヤとリアフェンダーが接触する可能性があります。
<デイトナ プレスリリース>


マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

[MotoGPメモ] – 10/04 21:30

マニクールWSBK:勝者のデイビスが好機をモノにする

 マニクールの両レースを制したデイビスのインタビューです。





 チャズ・デイビスは本日マニクールにて開催されたレースにおいて、カワサキのチーム・メイト同士、つまりジョナサン・レイとトム・サイクスがワイドになった瞬間を逃さなかった。その隙にリードを奪……


マーベリック・ビニャーレス:タイトル奪取の準備はできている

[MotoGPメモ] – 01/12 18:25

マーベリック・ビニャーレス:タイトル奪取の準備はできている

pecinogp.comより、ビニャーレスのインタビューです。



 マーベリック・ビニャーレスの、MotoGPにおける驚くべき学習プロセスについて述べた記事の中で、わたしたちはMotoGPルーキーであれば避けては通れない困難について知った。エレクトロニクスとタイヤの管理がその最たるものである。ひとりの新人ライダーが、この最高峰クラスにおいて初心者を脱するために乗り越えなければならない課題が存在するのだ。
 ビニャーレスの場合はイングリッシュ……


なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

[MotoGPメモ] – 01/10 17:48

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

わたくし、個人的に「ホルヘのみなさん」を応援しているのですが、昨年はほろ苦いシーズンでした・・・。以下、SPEEDWEEKより。



 フランチェスコ・バニャイアが2016年にアスパー・マヒンドラ・チームで成功を収めた一方、ホルヘ・マルティンのハイライトといえばブルののみであった。SPEEDWEEK.comはアスパーのスポーティング・ディレクター、ジーノ・ボルゾイにその理由を尋ねた。
<……

キャメロン・ビュービアー:Q & A

[MotoGPメモ] – 12/06 18:19

キャメロン・ビュービアー:Q & A

 ギュントーリの代わりにドニントンに出走したキャメロン何とかさんのインタビューです。



 二度のAMAスーパーバイク・チャンピオン、キャメロン・ビュービアーへのインタビュー。彼がこれまでのキャリアのこと、マルク・マルケスのチーム・メイト時代のこと、そしてワールド・スーパーバイクでの目標について語ってくれた。
Crash.net:
 これまで、走行中のライダーが受け取るメッセージはレース・ディレクションが発するフラッグ情報等に限られてきました。
ドイツでのflag-to-flagレースの際に生じた騒動をきっかけに、レース・ディレクションのみならず、それぞれのチームが所属ライダーにテキスト・メッセージを送信できるシステムを求める声が高まりました。crash.netによると、このシステムの試験運用が間近に迫っているとのことです。


英文をコピッたら→翻訳サイトリスト