2018
04.26

【MotoGP】なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

MotoGP

motogp Live!

MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ダッリーニャ『レースはがっかり、総合首位は満足』2018オースティンGP

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 04/26 00:50

『ダッリーニャ:レースはがっかり、総合首位は満足』
★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)は今季3戦を終え、総合首位に就いている。なお、数合2位マルク・マルケスとは1ポイントの僅差。
★ドヴィツィオーゾ選手は昨年の同時期、30ポイント獲得し、総合4位だった(※首位とは26ポイント差)。
★ドゥカティ機2018年版はカタール開幕戦では優勝したものの、例年通り、アルゼンチンとオースティンでは苦戦していた。
★ジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)がオースティン決勝戦の直後、次のようにコメントした。
「今回のレースに関しては喜んでられませんね。総合首位にはなれましたけどね。とにかく、重要なのは昨年はもっと苦戦していたと言うことですよ。
今回、ドヴィはスタートが良ければ、ヴァレンティーノ(ロッシ)と戦えていたと思うんですよ。そう思えば、今後に関しては楽観的に構えていられますね。あと、チャンピオンシップに関しては満足していますよ。」
【ドヴィツィオーゾ選手は契約交渉に関し、ドゥカティの態度に苛ついているようだが…】
「重要な契約と言うものは、双方にとって出来るだけベストな回答を見つけ出す必要があるでしょう。話し合いを始めたところなので、まだサインには至っていないが、私としては楽観的に構えていますよ。」
var nend_params = {“media”:19101,”site”:94553,”spot”:255466,”type”:1,”oriented”:……


MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP

ドヴィツィオーゾ、ドゥカティからの1回目オファーを拒否

[MotoGP – ITATWAGP | イタたわGP] – 04/25 23:40

『ドヴィツィオーゾ:ドゥカティからの1回目オファーを拒否』
★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)は2017年、6勝をあげ、ヴァレンシア最終戦までマルク・マルケスとタイトル争いを繰り広げた。
★なお、チームメイトのホルヘ・ロレンソはいまだドゥカティ機への適合ができず、別メーカー移籍の可能性が取り沙汰されている。
★ドヴィツィオーゾ選手は今季カタール開幕戦で優勝し、先のオースティン戦後、総合首位に就いている。ただし、総合2位マルケスとはわずか1ポイント差である。
★昨年の同時期、ドヴィツィオーゾ選手は30ポイント獲得し、総合4位だった(※首位とは26ポイント差)。
★ドゥカティは数日前、ドヴィツィオーゾ選手に初めて契約更改のオファーを提示したが、同選手の希望にはそぐわなかった模様。
★シモーネ・バッティステッラ氏(ドヴィツィオーゾ選手マネージャー)のコメント。
「(我々の希望と)かけ離れたものでした。今回、ドゥカティと話し合いの場を持ち、アンドレアが居心地の良さを感じられるよう、依然、努力していかなければならないと言うことを、やっと伝えられましたよ。
こちらは破格の要求をしているわけじゃない。無理難題を突きつけてるわけではないんです。ただ、現在の働きぶりを考慮し、それに見合ったものを要求してるだけでね。とにかく、現時点では合意できるような状況ではないです。」
★なお、パドック内で……


なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

[MotoGPメモ] – 01/10 17:48

なぜマルティンはバニャイアと比較して精彩を欠いたのか?

わたくし、個人的に「ホルヘのみなさん」を応援しているのですが、昨年はほろ苦いシーズンでした・・・。以下、SPEEDWEEKより。



 フランチェスコ・バニャイアが2016年にアスパー・マヒンドラ・チームで成功を収めた一方、ホルヘ・マルティンのハイライトといえばブルののみであった。SPEEDWEEK.comはアスパーのスポーティング・ディレクター、ジーノ・ボルゾイにその理由を尋ねた。
<……

ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

[MotoGPメモ] – 12/06 18:24

ワールド・スーパーバイクがラジカルなグリッド入れ替えを公表

 面白くなるか、はたまた興ざめするか・・・?





英文をコピッたら→翻訳サイトリスト