2018
06.14

【SBK】坂田和人が第5戦筑波J-GP3クラスに参戦!

SBK

SUPERBIKE Hot News

坂田和人が第5戦筑波J-GP3クラスに参戦!

[SUPERBIKE Hot News] – 06/13 10:30

2度世界王者を獲得した坂田和人が全日本第5戦筑波J-GP3クラスへスポット参戦する準備を進めている。現在、MFJロードレースアカデミー、MuSASHiスカラシップトレーニングなど後進の育成に尽力している坂田だが、その生徒に後輩ライダーの息子がいた。その息子を始めとした後進ライダーにレースを戦う姿勢を見せるために参戦することを決意。Mistresa RT HARC-PRO.として全日本ST600クラス、MFJ CUP JP250を戦っている昭和電機株式会社のバックアップを受け、今回のスポット参戦が実現した。
「昭和電機様を始め、多くの皆様のご支援・ご協力を頂き感謝しております。世界グランプリを退いて19年。正直、どこまでできるのか、やってみないと分かりません。現実はそう甘くないことは十分に分かっています。 本格的始動は、3月30日の筑波サーキットとなりました。その後も練習を重ねていますが、全てがゼロからのスタートのため、限られた一般スポーツ走行の中で納得のいくマシンに仕上がっておりません。 私がレースを行なっていた2ストロークと、現在の4ストロークは、全ての特性が大きく異なります。レースに出場するからには、自分自身が納得できる状態に仕上げたいのですが、 いまだに手探り状態です。限られた時間で、マシンを仕上げることができなければレースへの出場は断念します。非常に厳しい状況ですが、頂いたチャンスを無駄にしないよう最後まで全力で臨みます」と坂田。
このプロジェクトをバックアップする昭和電機・柏木社長も「次世代を担う子供たちに世界を制した坂田さんのリアルな戦う姿を見せることは本当にすばらしいことです。そうした意義あることが具現化できるよう、企業として社会のお役に立てることをしていくのは、常々に大事なことと考えています。 これを機会にぜひ往年のレースファンの方にもサーキットへ足を運んでいただき、モータースポーツのすばらしさ、奥深さに接していただければと思います。納得いくレベルに到達できなければ、レース出場はキャンセルするという坂田さんの意思も尊重します。坂田さんが、どう戦うか私自身もとても楽しみです」とコメント。
坂田の全日本参戦は、2005年第3戦筑波以来、実に13年振り。このときは、59秒697をマークしポールポジションを獲得。レースで……


Racing Heroes

Team KAGAYAMAが「元町 安全・安心パレード」に参加

[Racing Heroes] – 05/07 22:02

誰もが振り返る甲高く乾いたエキゾースト音が元町のショッピングストリートに響き渡る。 一般公道では走ることができないホンモノのレーシングマシンが元町をパレードした。マシンはTeam KAGAYAMAのGSX−R1000、ライダーは加賀山就臣。今年も子どもたちの安全・安心を願う「元町 安全・安心パレード」に参加した。チーム発足の2011年以来8年連続で参加している。
このパレードは協同組合元町SS会が交通安全意識の高まりと無事故を願って開催している。今年は神奈川県警加賀町警察署1日署長に小田えりなさん(AKB48チーム8 神奈川県代表(チームK兼任))、横浜市消防局 中消防署1日署長に田山寛豪さん(元トライアスロン日本代表)を迎えた。
街ゆく人たちからは初めて観るレーシングマシンに「何なに?何が走ってるの?」「カッコいい!」「すっげぇーイイ音がする!」と驚きと賞賛の声が多く聞かれた。
チームヨコハマになりたい。
横浜生まれ横浜育ちの加賀山。横浜に対する愛着は人一倍である。「元町 安全・安心パレード」への参加は横浜への感謝の想いから参加し続けている。そして、レーシングライダーだからこそ安全には常に気にかけている。
「安全に走る・曲がる・止まる”はレースでも一般公道でも同じ。モータースポーツから伝えられる交通安全貢献がある」「チーム発足の時点からいつかは”チームヨコハマ“になりたいと言う想いがあった。モータースポーツを認知してもらうには地域貢献が大切。ストリートライダーたちに伝えられる交通安全はたくさんあるのでこのパレードを通じて伝えていきたい。横浜市と地元の元町のみなさんには本当にたくさんの応援、サポートを受けているからそれに応えたい、そして横浜の二輪の顔・シンボルとしてTeam KAGAYAMAがなれればいいな、と思っている」と言う。
チーム発足8年、未だに現役ライダー
加賀山は現役で走ることにこだわる。チーム代表、監督、ライダー、と一人で何役ものわらじを履くのだが決して現役を退こうとはしない。その理由を尋ねると「理由なんてないよ(笑)」と一笑に付された。
「走れるから走る。条件さえ整えば成績を残せる自信はあるし、それができると信じているから走っている。そして応援している人がたくさんいるので彼らがいる限りは走り続けたい」「単純にバイクが……


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SBK ブルノ【FP1リザルト&トピックス】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 06/09 03:45

『2018 SBK ブルノ FP1トピックス』 ★6月8日(金)、SBKブルノ戦のFP1が行われた。 ★SBKブルノ戦は6年ぶりの開催。週週間前、同サーキットで各ライダー達はテストを行っていた。 ★コンディションはウエッ […]
投稿 2018 SBK ブルノ【FP1リザルト&トピックス】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SSP300 スーパースポーツ300 ブルノ【スーパーポール&レースリザルト】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 06/11 02:24

★6月10日(日)、SSP300 スーパースポーツ ブルノ戦のレースが行われた。 ★優勝 ガラン・ヘンドラ・プラタマ(ヤマハ)。今季初優勝(昨年ヘレス戦で優勝)。ポールトゥウィン。 ★2位 ワイルド・カーン(カワサキ)。 […]
投稿 2018 SSP300 スーパースポーツ300 ブルノ【スーパーポール&レースリザルト】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


Racing Heroes

2018全日本ロードレース第3戦オートポリス 公式予選

[Racing Heroes] – 05/13 00:32

中須賀克行、またしてもコースレコード更新!前人未到の1分46秒台でポール獲得、2番手:渡辺一樹、3番手:津田拓也。ヨシムラが追撃する。
全日本ロードレース第3戦「AUTOPOLIS SUPER 2&4 RACE 2018」の公式予選が開催された。
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の速さが止まらない。従来のコースレコード1分47秒657を更新。本人も驚く46秒台に入れた。そのタイム1分46秒909。2番グリッドは渡辺一樹、3番グリッドは津田拓也(共にヨシムラスズキMOTULレーシング)。ヤマハファクトリー2台の間にヨシムラが割って入った。
今大会の予選はノックアウト方式が採用された。エントリー台数28台による40分間の計時予選のQ1で11位以下の予選グリッドを決める。上位10台はQ2に進出。15分間のQ2でポールポジションから10番グリッドまでを決定する。路面温度はこの週末で一番高い50度を超えた。
セッション序盤、昨日のART合同走行トップタイムの渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が1分48秒853のタイムでトップに立つ。その後中須賀が47秒台も見えようかと言う1分48秒034をマークしてリーダーボードのトップに立つ。前戦鈴鹿で中須賀との一騎打ちで会場を魅了した高橋巧(Team HRC)が1分49秒096で3番手につける。
Q1セッション終盤、もう一人のヤマハファクトリー、野左根航汰が1分48秒703を出して渡辺一馬をかわして2番手に浮上する。
Q2進出できるボーダーライン上の10番手前後の順位変動が激しさを増す。トップ10圏内にいた高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、水野涼(MuSASHi RT HARC-PRO. Honda)が、前田恵助(YAMALUBE RACING TEAM)と加賀山就臣(Team KAGAYAMA)に弾き出される。しかし残り2分を切ったところでまず水野が1分49秒621をマークしてトップ10内に復帰、さらにチェッカーフラッグが振られた後、最後の最後に高橋裕紀が9番手に滑り込んできた。
津田もチェッカーフラッグが振られた直後に高橋巧を押しのけて4番手までジャンプアップを果たす。
Q2進出したライダーは、中須賀、野佐根、渡辺一馬、津田、高橋巧、渡辺一樹、松崎克哉(Kawasaki Team GREEN)、秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)、高橋裕紀、水野涼、の上位10人。
迎えたQ2。セッション中盤に中須賀がいきなり1分46秒909のスーパーラップをたたき出す……


Racing Heroes

2018全日本ロードレース開幕戦もてぎ 決勝レース2

[Racing Heroes] – 04/11 15:37

中須賀克行ダブルウィン!2位に野左根航汰、ヤマハが1-2フィニッシュ!3位カワサキ渡辺一馬
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が開幕2連勝を挙げる!チームメイトの野左根航汰が2位に入り、ヤマハファクトリーの1-2フィニッシュ!終盤のバトルを制した渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)が3位表彰台を獲得。
全日本ロードレース開幕戦「SUPERBIKE RACE in MOTEGI」の決勝レース2が開催された。前日までの冷たい雨から一転、空気は冷たいものの鮮やかな青空の晴天のもとで行われた朝のフリー走行。津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)がマシントラブルでハイサイド転倒、赤旗中断が発生する。担架で運ばれ、状態が心配されたが自らの意志で決勝レースのグリッドについた。
23周の決勝レース2スタート!ホールショットは野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が奪う。
中須賀、高橋巧(Team HRC)、津田、高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)が続いて1コーナーに進入する。2コーナーで高橋巧と津田が接触、高橋巧のマシンからサイレンサーが脱落してしまう。高橋は翌周に緊急ピットイン、マフラー交換してコース復帰するが周回遅れとなってしまう。
オープニングラップは野左根が制し、中須賀—高橋裕紀—星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413)—渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTULレーシング)—渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)—秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)—津田—清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)—生形秀之(エスパルスドリームレーシング・AI )の上位10台。
野左根は中須賀を従えてトップを走行するが野左根のペースの上がり方が鈍いことをみて中須賀が5周目のS字コーナーでパスする。「本当は先に自分が前に出ようと思ったがタイヤ温存などを考えた。(航汰が)想定したタイムほど上げられそうもなかったしこのまま後ろで走ったら後半の勝負で展開が難しそうだったので前に出てペースを上げようと思った」という中須賀はトップに立つとそれまでの50秒台のラップから一気にペースを上げて10周目には1分48秒722のファステストラップをたたき出す。こうなると中須賀の独壇場。野左根も必死にくらいつくがその差は徐々に開いていく。
その後方3番手争い、前日大きな転倒をしたばかりの渡辺一樹が高橋裕紀の背後にピタリとつけて4周目の9……


SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP

2018 SBK ブルノ【FP3リザルト&トピックス】

[SBK SuperBike – ITATWAGP | イタたわGP] – 06/09 05:27

『2018 SBK ブルノ FP3トピックス』 ★6月8日(金)、SBKブルノ戦のFP3が行われた。 ★コンディションはドライ。気温25度、路面温度37度。 FP1はウエットコンディションだったが、その後のセッションはド […]
投稿 2018 SBK ブルノ【FP3リザルト&トピックス】 は ITATWAGP | イタたわGP に最初に表示されました。


Racing Heroes

2018全日本ロードレース第2戦鈴鹿 決勝レース2

[Racing Heroes] – 04/24 23:06

これぞワークスバトル!中須賀克行と高橋巧の一騎打ち!制したのは中須賀、2位高橋、3位にカワサキ渡辺一馬!
ホンダワークスが復活してみんなが観たかったのはこう言うバトルではないだろうか。
中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)と高橋巧(Team HRC)の壮絶なガチバトル!制したのは中須賀、今シーズン開幕4戦連続ポール・トゥ・ウィン!昨年からの連勝記録を8に伸ばす。2位に高橋巧、3位は今シーズン早くも2度目の表彰台の渡辺一馬(Kawasaki Team GREEN)
全日本ロードレース第2戦「NGK SPARK PLUGS SUZUKA 2&4 RACE」の決勝レース2は気温23度、路面温度41度のコンディションでスタートした。
ホールショットは高橋巧が奪い、渡辺一馬、津田拓也(ヨシムラスズキMOTULレーシング)、中須賀、加賀山就臣(Team KAGAYAMA)の順に1コーナーに進入する。渡辺一馬が3コーナーでトップを奪うと逆バンクで高橋巧が奪い返す。中須賀はヘアピン手前の110Rで渡辺一馬を抜いて2番手に浮上する。オープニングラップから激しいトップ争いを見せる。
 「スタートから自分でペースを作って離せるだけ離して、付いてくる数台と勝負したかった」という高橋の作戦。
「リアタイヤにソフトを選択したので序盤にアドバンテージがあると思っていた。レース1ではタイヤを温存させたのでペースを作れなかった」という渡辺一馬。
「オープニングラップで渡辺選手にちょっとひっかかった隙に高橋選手との差が開き「ヤバイ」と思った。しかし、自分はアベレージタイムを持っているので落ち着いて追いかけた」とう中須賀。
オープニングラップは高橋巧、中須賀、渡辺一馬、津田、野左根航汰(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)、秋吉耕佑(au・テルルMotoUP RT)、加賀山、高橋裕紀(MORIWAKI MOTUL RACING)、渡辺一樹(ヨシムラスズキMOTULレーシング)、清成龍一(MORIWAKI MOTUL RACING)の上位10台。
「序盤から飛ばして数台に絞りたかった」という高橋の言葉通り、3周目にはファステストラップ2分6秒013をたたき出す。これに中須賀も反応、4周目に2分6秒126のベストタイムを出して高橋を追う。
2分6秒台前半で周回できたのはこの2台のみ。渡辺一馬も3周目に2分6秒543のベストラップを刻むが、前を行く2台には追いつけず、単独3番手走行となる。
……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト