2018
07.14

【SB.jp】岡本裕生がレースをリード、逃げ切って優勝!

MotoGP

SUPERBIKE Hot News

岡本裕生がレースをリード、逃げ切って優勝!

[SUPERBIKE Hot News] – 07/01 15:33

ST600クラスの決勝レース2は、当初、長尾健吾、岡本裕生、小山知良、國峰啄磨、上和田拓海の順でトップ争いが行なわれていたが、4周目に岡本がトップに浮上すると、小山も2番手に浮上。上和田と國峰もバトルを展開。この5台がレースをリードしてゆく。レース1のウイナー長尾はペースが上がらず、中盤頃には國峰、上和田にも先行を許してしまった。
後半に入ると岡本が好ペースでトップをキープしつつ後続を少しずつ引き離してゆく。集団はバラけ、それを追うのは小山のみとなり、周回が重ねられてゆく。そしてそのまま岡本が前回SUGO大会に続き、今季2勝目。ランキングでもトップに立った。最後まで岡本を追いかけた小山が2位、國峰が3位に入った。上和田はロードレース最後のレースを4位で終えた。長尾が5位、6位には中盤以降単独走行となった亀井雄大が入った。
詳しいリザルトはこちら
◎公式結果MFJ公式サイト
◎筑波公式サイト(大会特設サイト)



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト