2018
07.14

【MotoGP】公式プレビューカタルニアGP2018

MotoGP

気になるバイクニュース。

★FIM世界耐久選手権シリーズ 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3日目の合同テストトップはカワサキ・チーム・グリーン

[気になるバイクニュース。] – 07/14 11:06

12日に3日間行われた鈴鹿8耐の合同テストが終了し、2’06.939のトップタイムを記録したのはカワサキ・チーム・グリーン(ジョナサン・レイ)でした。なお3日間の最速タイムを記録したのは、ヤマハ・ファクトリー・レーシングで2’06.273というタイムを記録しています。これは2015年にトップ10トライアルでポル・エスパルガロが記録した2’06.000にあと僅かというタイムでした。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
なおホンダ・ファクトリー・レーシングは転倒し脊椎を負傷したレオン・キャミアの代役を探しているところで、現在も代役ライダーの発表はありません。MotoGPのプレイベントプレスカンファレンスでは、ジャーナリストがマルケスに代役で参戦する予定はあるか?と冗談混じりの質問をしていましたが、マルケスは既に夏休みの予定があるとのこと。
なお今年の第41回鈴鹿8耐のフリープラクティスは26日木曜日より開始されます。
(Source: EWC)
(Photo courtesy of EWC)


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ドイツGP マルケス「まだ望むようにバイクをスライドさせることが出来ていない」

[気になるバイクニュース。] – 07/14 07:27

レースペースにおいては現在最速のマルケスですが、本人はまだまだバイクの仕上がりに満足していない様子。9連覇がかかるザクセンリンクにおいてマルケスの走りに注目です。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
FP2 5位マルク・マルケス
「ライバルとはかなり接近しているとは言え、良い初日でしたね。週末は完全にドライになるようですから、日曜のレースは再び非常にタイトなレースになるでしょう。いずれにせよ良い形でスタートすることが出来ましたし、午前にはソフト、午後にはハードタイヤでも良いペースで走行出来ましたが、これは非常にポジティブですね。明日はセットアップをもう少し進めます。これはまだ自分が望むようにバイクをスライドさせることが出来ていないからです。なんとかして良い方向を見つけたいと思います。これはこのトラックにおいては重要なんですよ。グリップはそこまで高くなく、タイヤの摩耗がかなり激しいですから、こういった面に関しても作業を進めたいと思います。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of michelin)


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ドイツGP ドヴィツィオーゾ「初日の作業内容には満足だがペースの改善が必要」

[気になるバイクニュース。] – 07/14 07:24

レースペースではマルケスが最速だと語るドヴィツィオーゾは、良いタイムを記録しながらもレースペースの改善を30周のレースに向けて進めるとのこと。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
FP2 4位アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「ポジティブな初日でした。午前も午後も素晴らしいタイムで走行することが出来ました。これは週末に細部に集中していく上で非常に重要なことです。まだいくつかの部分に関して満足はしていませんが明日に解決出来ると思っています。現時点ではペースの面ではマルケスが最速でしょう。ただDucatiのライダー達も素晴らしいスピードがありますから、自分達のベースも悪くないでしょう。良いタイムが出ているとは言え、日曜のレースに向けてレースペースに関する作業を進めます。レースは30周ですからね。いずれにせよ、初日は非常に良い形で進めることが出来たと思いますね。」
(Source: Ducati)
(Photo courtesy of michelin)



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト