2018
07.14

【MotoGP】2018 Sachsenring MotoGP FP3 Result: Iannone Challenges Sachsenring Royalty

MotoGP

気になるバイクニュース。

★MotoGP2018ドイツGP クラッチロー「トップ5獲得は可能だと思っている」

[気になるバイクニュース。] – 07/14 10:13

セットアップやリアタイヤのグリップに関して問題を抱えていると語るクラッチローですが、まだまだ今週末にトップ5を獲得する可能性はあると考えている様子。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
FP2 9位カル・クラッチロー
「今日は良い感触がありませんでした。正直言ってかなり苦戦しました今日は13日の金曜ですからね。13日の金曜日にプッシュしたことなんてなかったですよ!今日は良いセットアップが見つからず、またリアグリップも良くありませんでした。だからといって明日までに改善が出来ないということではありまえん。まだまだ打てる手はあると思っています。タイヤに関してはあまり良い感触がないんですが、明日はアロケーションの中からレースタイヤを選択する必要があるでしょう。ただチームとしてバイクを改善する必要があるでしょうね。先週のレースは非常に良い形でしたし、毎週末トップ6で走行が出来ています。ただ、表彰台を獲得する必要があるんです。現時点では今週末に表彰台を獲得出来る見込みは低いでしょう。ただ、だからといってそのために明日と日曜に努力をしないというわけではありません。まだまだトップ5は可能だと思っていますよ。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of michelin)


GP spectator

モビスター改めモンスター・ヤマハ

[GP spectator] – 07/14 10:00

既に噂は上がっていましたが
ヤマハ・ファクトリーのメインスポンサーを
務めてきたモビスターが今季限りとなるようです。
替わって、現在サブスポンサーの位置づけとなっている
モンスターがメインスポンサーに昇格となるようです。
モンスターは長年テック3のメインスポンサーを
務めてきましたが、テック3はレッドブルと結び付きの強い
KTMとジョイントしましたから、チームから離脱する公算が強く
であれば、ファクトリー・ヤマハに全額注力するのは当然か。
となると気になるのはカラーリングで、
テック3のように真っ黒けになるのか、元々のヤマハレーシングブルーに
どういう形で加わるのかが非常に興味深いところです。
ノースポンサー時代のヤマハは青白カラーでしたからね。
ヤマハはもうここ何年もレーシングブルーってのを
マーケティング上前面に押し出して展開してますからね。
どっかに青白は残るでしょう。


GP spectator

巡り合わせ

[GP spectator] – 07/13 13:29

新チーム ペトロナス・ヤマハは
フランコ・モルビデリとファビオ・クワッタハッホの
コンビになるようです。
驚きは、クワッタハッホの大抜擢ですよね。
噂ではアッセンの時点で、サインを交わしていたそうです。
それよりも、去年、今シーズンの前半までのクワッタハッホの
成績、走りを見れば到底、彼がMOTOGPのシートを
得られるとは考えられなかったですよね。
例え、過去の栄光があったとしても。
だから、あのカタルニアGPのタイミングで見事な
ポールトゥウィンを飾り、その才能が錆び付いてないことを
世間に知らしめ、見事にMOTOGPのシートをゲットした
ファビオはそういう巡り合わせの人なんかなと思う。
去年の中上君の時にも書いたけどMOTOGPのシートってのは
そういう巡り合わせがバチッと合わないと得られないもので
タイミングが肝要、彼はそこに見事にハマった。
個人的にはホント、嬉しいし、楽しみ。


GP spectator

8耐合同テスト ヨシムラ編

[GP spectator] – 07/12 14:07

正直、一番語る部分が少ないのがここだったりする。
4人のライダーを挙げてセレクションするとは
言っているものの、一樹君はほぼエスパルスドリームの
マシンでしかテストしてないから
もう、津田選手、ギュントーリ、ブラッドリーの3名で行くのは
間違いないんでしょうが、まーとにかく津田君が乗れてない。
新型になって2年目なんだけど、今年の方が転倒が多いような。
去年はシーズン通して車体のアップデイトはしなかったんだけど
今年はスズキも本腰を入れて、新しい複数の形状のスイングーアームや
新しい電子制御を投入しているんだけど、マシンとして
まとまり切ってない感じがしますね。
津田君はスタイルとして結構ガンガンに攻めるタイプなんだけど
マシンがついてこない感じかな~~。
むしろ、柔らかい乗り方のギュントーリの方が上手く乗っている。
新型はシャシーが華奢になってますから、闇雲にガンガン攻めるより
ある程度、しなやかに乗らないとタイムに繋がらないか。
逆にエスパルスで走っている一樹選手の方がタイムが出ているのは
皮肉です。
当然、本家ヨシムラの方がよりパワフルなエンジンを積んでいる
ハズですから、そのエンジンとシャシー、足回りのバランスが
より非力なエスパルスの方がいいってことなのか・・・・。
ブラッドリーとギュントーリは悪くないんだけど、
エースはあくまでも津田選手。
多分、本番までに大きなテコ入れをしないと上位……


2018 Sachsenring MotoGP FP3 Result: Iannone Challenges Sachsenring Royalty

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that a rider’s stature is not measured by his size] – 07/14 18:09

The usual Saturday morning race pace routine unfolded for the premier class, with the exception of Valentino Rossi who was on an early mission to join the provisional top ten after a disappointing FP2. 
Andrea Iannone jumped the gun on the time attack and robbed Jorge Lorenzo of the fastest time of the weekend with 13 minutes left on the clock. That kickstarted the charge for the top ten and the lead changed hands several times before the roulette stopped back on Iannone, the Suzuki man once again consolidating his reputation as an extremely fast man over one lap. 


2018 Sachsenring MotoGP Friday Round Up: Speed vs Consistency, A Lack Of Crashes, And Scott Redding’s Future

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that a rider’s stature is not measured by his size] – 07/14 07:31

As if anyone needed reminding of just how close the MotoGP field is at the moment, you have to go a very long way down the standings to find the first rider more than a second slower than Jorge Lorenzo, the fastest man on the first day of practice at the Sachsenring. Eighteen riders are within a fraction over nine tenths of a second of each other, with Scott Redding the first over a second away.
It’s even closer than that, once you discount Lorenzo’s time. The Factory Ducati rider put in a searing lap at the end of FP2 to go fastest, and was over a quarter of a second quicker than second-place man Danilo Petrucci. The gap between Petrucci in second and Johann Zarco in eighteenth was 0.645 seconds. Or approximately two blinks of an eye.
That makes it hard to judge riders by position. A tenth of a second would move you up three or four places; three tenths is the difference between eighteenth and eighth. A small mistake in a single corner could be the difference between being comfortably through to Q2, and going to sleep on Friday night worrying about posting a fast enough time on Saturday morning in FP3. “I needed to make a perfect lap,” Red Bull KTM’s Pol Espargaro bemoaned his t……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト