2018
08.12

【MotoGP】TSRの新体制

MotoGP

GP spectator

TSRの新体制

[GP spectator] – 08/10 21:18

今月下旬には早くも新シーズンに向けての
ポールリカールテストが始まる
EWCですが、王者 TSRホンダ・フランスが
体制を発表しました。
それによると、引き続き同チームで走る
フレディ・フォレイ、ジョシュ・フックに加えて
新たにマイク・ディ・メリオが加入。
ディ・メリオと言えば今季限りで撤退したGMT94の
スプリント担当のライダーで、侮りがたい速さを
みせていたライダーだけに、これは心強いライダーを
得た形になりましたね。
まだ未勝利のボルドール24時間に向けてのテストは
今月から始まります。


GP spectator

WSSチームの懐事情

[GP spectator] – 08/09 21:07

現在ポイントリーダーのコルテセから
わずか5ポイント差のランキング2位に
つけているジュール・クルーゼルですが、
次回のポルティマオに参戦できない可能性があるようです。
というのも彼の所属チームであるNRTヤマハが
もう3ヶ月もクルーへの支払いを行っていないそうで、
今のままだとポルティマオにスタッフが
現れない可能性があるそうです。
チームオーナーの説明によると、スポンサーとの
契約が彼の兄との契約になっていて、その兄が亡くなったことで
契約のあれこれの手続きが出来ていないのがスポンサー料が
降りていない原因だとのことですが、果たして
真偽のほどは分からないところ。
WSSの場合、コルテセの持ち込みマネーで走らせている
カリオ・レーシングもそうですが、各メーカーの
ヨーロッパ法人の資金的サポートを受けている数チーム
以外はどこも資金難になっているようですね。
(具体的にはGRTヤマハ、カワサキ・プセッティ、ゴーイレブン・カワサキ
PTRホンダの4チーム)
実際、GRTヤマハはヤマハ・ヨーロッパの資金援助を
受けているわけですが、チームオーナーのミルコ・ジャンサンティに
よれば、今季コルテセがタイトルを獲得し、来季3台目の
R1を走らせる権利を手にしたとしても、走らせるなら
ウチのチームになるだろうとコメントしています。
これはカリオ・レーシングにスーパーバイクを走らせる
資金が無いことを表しています。
それだけどこの……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018オーストリアGP Q1結果

[気になるバイクニュース。] – 08/11 23:24

オーストリアGPのQ1結果です。Q2進出を獲得したのはアルヴァロ・バウティスタとアレックス・リンスでした。3位はブラッドリー・スミス、バレンティーノ・ロッシは4位となりQ2進出を逃す形に。これは木曜プレカンでも語っていたような、今の練習走行と予選のフォーマットが変わってしまったことの影響だと言えるでしょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
5位アレイシ・エスパルガロ、6位フランコ・モルビデッリ、7位ジャック・ミラー、8位ハフィズ・シャーリン、9位ザビエル・シメオン、10位スコット・レディングとなりました。


気になるバイクニュース。

★Moto3 2018オーストリアGP 予選結果

[気になるバイクニュース。] – 08/11 23:36

Moto3クラスの予選結果です。ポールポジションはマルコ・ベッツェッキ、2位ホルヘ・マルティン、3位アルバート・アリーナス、4位アーロン・カネット、5位トニー・アルボリーノ、6位ガブリエル・ロドリゴ、7位マルコス・ラミレス、8位フィリップ・エッテル、9位エネア・バスティアニーニ、10位アダム・ノルディン となりました。


2018 Austria MotoGP Friday Round Up: Reluctant Riders On A Treacherous Track

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that relationships between crew chiefs and riders are delicate things] – 08/11 07:22

We knew it was going to rain at some point on Friday, the only question was when. Well, not quite the only question. The other question was, if it did rain, would the MotoGP riders go out and ride in the rain? Or would they deem the Red Bull Ring to be too dangerous to ride in the wet, and sit out practice, as they had threatened when rain had caused Moto2 riders to fall like skittles last year?
It started to rain in the early afternoon, right at the end of Moto3 FP2. Thankfully, not heavily enough to claim too many casualties, though Nicolo Bulega did suffer a massive highside after the checkered flag had fallen, his bike flying through the air and clouting Nakarin Atiratphuvapat around the head, the Thai rider trying to fend off the airborne KTM with one hand, while trying not to fall off with the other.
From that moment on, the rain started to pelt down. A rivulet started running across pit lane exit, and standing water formed on the steep downhill sections of Turns 1 through 4. It rained so heavily that MotoGP FP2 was delayed for 20 minutes or so, as the safety car circulated testing conditions. But the session was eventually given the green light, and riders were free to ent……


2018 Austria MotoGP FP4 Result: Marquez One Step Ahead

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that relationships between crew chiefs and riders are delicate things] – 08/11 21:19

With the track still sporting some damp patches to begin with, the final practice session for the premier class was also their one opportunity for the day to find a race setup in the dry. Unlike FP3, Marc Marquez took no time to start putting in the laps on a soft rear tyre and riding around consistently in the 1:24s. The Spaniard took the lead and never let it go, with only Jorge Lorenzo getting in his comfort zone and the rest of the pack over seven tenths down halfway through FP4.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト