2018
08.17

【MotoGP】ゴム ON THE ゴム

MotoGP

GP spectator

ゴム ON THE ゴム

[GP spectator] – 08/12 17:41

WUPが終わってトップはドヴィ
2番手マルケス、3番手がホルヘ。
やはり予選と違ってミディアムを
履いたマルケスはちょっとタイムが
落ちますね。
それでも加速力に勝るドゥカティに
対して下り区間のブレーキングで詰めるマルケスだけに
フロントタイヤのケアが大事になってくるところ。
それとMOTO3,2とレースを進めると路面に
DLタイヤのラバーが乗って、それまでとタイヤの
グリップ感が変わることがあるだけに、そこに注意が必要か。


気になるバイクニュース。

★「126cc以上 その場でもらえる10,000円! キャンペーン」 実施~126cc以上ご売却のお客様限定、キャンペーンCMもあわせてオンエア!~

[気になるバイクニュース。] – 08/17 10:26

「バイクライフの生涯パートナー」をビジョンに掲げ、事業を展開する株式会社バイク王&カンパニー(代表取締役社長執行役員:石川秋彦、本社:東京都港区、証券コード:3377、以下「当社」)は、2018年8月17日(金)より「126cc以上 その場でもらえる10,000円! キャンペーン」(以下「本キャンペーン」)を実施します。それに合わせ、当社イメージキャラクターである松井秀喜さんおよびタレントの都丸紗也華さんを起用したTVCM「126cc以上 その場でもらえる10,000円! キャンペーン」篇(以下「本CM」)を放映いたします。
■  126cc以上のバイクご売却※1で、その場でもらえる10,000円!※2
本キャンペーンでは、8月17日(金)から10月11日(木)までの期間中に、通話料無料の0120-50-8190にお電話、あるいはバイク王公式サイトの申し込みフォームより無料出張買取をお申し込みいただき、126cc以上のバイクをご売却いただいたお客様※1に、「10,000円分のQUOカード」を買取当日、その場でプレゼントいたします。126cc以上のバイクをお持ちの方で、バイクのご売却やお乗り換えをご検討中の方は、ぜひこの機会にバイク王をご利用ください。
※  1. 「一括見積もりサイト」経由でお申し込みのお客様は本キャンペーンの対象外となります。
※  2. 10,000円分のQUOカードを、お客様ご訪問時、売買契約後にお渡しします。
※  車両の状態によってはリユース料をいただく場合があり、その場合は本キャンペ……


GP spectator

期待は出来ない

[GP spectator] – 08/13 20:56

異例の謝罪会見を行ったヤマハ陣営ですが
ロッシはその後のコメントで大きな期待はできない
というニュアンスの発言をしていますね。
確かに謝罪会見はしたものの、そこにはIMUの
開発に着手するとも、テストチームを立ち上げるとも
言ってません。
言っていたのは、不振の原因は技術面にあるということ
ビニャーレスのマシンのセンサーが作動してない可能性があること
このあと、ミザーノでテストを行ってイギリスGPの後に
アラゴンでテストをすること。
つまり何かドラスティックに変化するような、要素は確かに
見受けられないんですよね。
おそらくですけど、他の多くの企業同様、ヤマハも
年間のGPに割ける予算は既に年初の時点で決まっていて
それ以上の予算をこのシーズン途中に追加することは出来ないんじゃないかと。
例えばホンダは今年からスペインにテストチームを置いて
テストマシンにスタッフ、ライダーを常駐させているけど
それだけでもかなり予算が必要なことは想像できるところ。
これをシーズン途中から立ち上げる予算を確保するってのは
ヤマハの組織の構造上無理ってことじゃないかな。
これが組織のボスがトップダウンで運営しているKTMなら
先日明らかになったようにランディ・ド・ピニエを
急遽起用する費用を捻出出来るんでしょうが、規模の大きな組織である
ヤマハはそういう小回りは効かないし、出来ない。
やるとしたら来年度の予算で動き出す年明け……


GP spectator

テコ入れ

[GP spectator] – 08/15 09:13

ヤマハは現WSBの電子制御エンジニアである
マイケル・ガッタ氏をMOTOGPの
サポートも兼任させることを決めた模様。
ガッタ氏は元々ガルブゼラの下でロッシと共に
仕事をし、2014年からドゥカティに移籍。
ジジの下で仕事をした後、2017年からWSBヤマハに復帰。
今年のヤマハの飛躍に貢献しています。
ヤマハとしては手持ちの駒でやれることをやる
ということですかね。


GP spectator

それぞれの戦略

[GP spectator] – 08/13 18:55

結果的に非常にクロスした戦いとなった
オーストリアGPの決勝レース。
上位3人は3者3様の戦いを繰り広げました。
3人にとって難しい選択となったのは
決勝レース当日がこれまで以上に路面温度が上がり
タイヤに非常に厳しいコンディションへと変化していたこと。
これにより、リヤタイヤの選択に迷うことになります。
結果的にマルケスが一番固いハード、ドヴィジオーゾは
予選でも使っていたミディアム、ロレンツォはソフトと
選択が完全に別れる形となりました。
そのため、決勝レースもそれぞれが選んだタイヤに
則した戦略で戦うことになっていきます。
ハードを選択したマルケスはタイヤの消耗に関しては
問題がない反面、絶対的なタイムに伸び代が無いため
序盤からハードに攻めてファステストを連発し
リードを広げて逃げ切るという戦略。
一方、ミディアムとソフトを選んだロレンツォとドヴィは
序盤はタイヤの消耗を極力抑えて、とにかく
離されない程度のペースでじっくり待機、タンクが
軽くなるのをひたすら待ちます。
結果的にマルケスの逃げ切り作戦は失敗、タイムが
頭打ちになったマルケスの背後にタンクが軽くなって
ペースが上がってきたドゥカティの2台が迫ります。
ただこの段階でもタイヤ温存策で走るロレンツォに
対してペースの速いドヴィは前に出たいけど
出られない状態で、これが終盤に響いてきます。
ハードでの逃げ切りが決まらずホルヘの
ソフ……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018オーストリアGP 決勝プレスカンファレンス

[気になるバイクニュース。] – 08/17 07:39

 
スティーブン・デイ
「過去7日間あなたがた3名が繰り広げた素晴らしいレースに関して感謝を述べると同時に、今日もまた素晴らしいバトルでした。ホルへ、今日はマルクが先行する難しい展開でしたが、外から見ていてもタイヤをセーブしながらのレースでした。本当に最高の勝利になったと思いますが、先週と同様に素晴らしいファイティングスピリットを発揮しましたね。」
ホルへ・ロレンソ
「ええ。ソフトリアタイヤを使用するという決断は素晴らしい決断でした。最初の10周はタイヤをオーバーヒートさせないようにコントロールする必要がありました。トラックも暑かったですし、タイヤのある部分が非常にソフトであったりしたんです。それに昨日の時点ではマルクとドヴィに対して、0.2秒ほど失っていたセクター3の改善も大きかったですね。午後にビデオを見て自分のボディポジションなどをどうすれば良いのかを研究したんです。これが非常に大きな効果を発揮して、レースの中ではどんどんこのセクターのタイムが上がっていき、昨年はタイムを失っていたこの区間でマルクに追いつく事が出来ました。」
「タイヤのマネジメントに関してはマルクが序盤にハードリアでプッシュしていたので、ほとんどセーブ出来ず、セーブ出来たのは3%、5%といった程度でした。しかしこれでタイヤのライフを伸ばし、マルクがブレーキング、そして特に加速でパフォーマンスが落ちてきた時に追いつく事……


気になるバイクニュース。

★総緑戦2018 in オートポリス 〜ジョナサン・レイに会いに行こう!!〜 実施のお知らせ

[気になるバイクニュース。] – 08/16 09:10

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、2018年9月1日(土)、2日(日)に開催される全日本ロードレース選手権 第7戦inオートポリスにおいて「総緑戦2018」と表し、カワサキ応援席の設置並びにカワサキ応援スペシャルチケットの販売を実施いたします。
カワサキモータースジャパンでは、9月1日(土)、2日(日)に開催される全日本ロードレース選手権 第7戦inオートポリスにおいて「総緑戦2018」と表し、カワサキ応援席の設置並びにカワサキ応援スペシャルチケットの販売を実施いたします。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
全日本ロードレース選手権 第3戦、同サーキットで1・2フィニッシュを決めたKawasaki Team GREEN #11渡辺一馬、#15松崎克哉が再び決戦に挑みます。また、9月2日(日)に鈴鹿8時間耐久ロードレースを大きく盛り上げたKRT(Kawasaki Racing Team)所属のジョナサン・レイの来場も決定し、カワサキPRブースでのトークライブなど各種ファンサービスを行う予定です。
■総緑戦2018 in オートポリス 〜KRTジョナサン・レイに会いに行こう!!〜
【イベント】
MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第7戦
九州モーターサイルフェスタ2018 in オートポリス
【日程】
2018年9月1日(土)、2日(日)
【場所】
〒877-0312 大分県日田市上津江町上野田1112−8
インタ……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト