2019
03.24

【MotoGP】Interview: Gigi DallIgna On MegaRide Tire Simulation Software And Learning From Other Factories

MotoGP

気になるバイクニュース。

SBKタイ ホンダファンから熱烈な歓迎を受けたキャミア、清成

[気になるバイクニュース。] – 03/15 09:38

3月13日に、タイの首都バンコクでホンダのイベントに参加したキャミアと清成。ここで熱狂的なファンからエネルギーをもらった2人は、トラック温度50度近くなるブリーラムでのレースに備えます。現地時間10:30から金曜のセッションが開始となります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
レオン・キャミア
「ブリーラムに向かう前にバンコクでホンダのイベントに参加し、ファンからの素晴らしい声援をもらいました。タイGPに向かうにあたり非常に大きなブーストとなりました。ブリーラムは実際かなりシンプルなトラックで、いくつかのハードブレーキングゾーンとタイトコーナーがあるだけです。ただその中でも0.1秒が大きな違いとなりますから難しいトラックでもあります。昨年は非常にタイトでしたから、ここではしっかりと準備を整えていないと苦戦することになるでしょう。気温は40度近くなり、トラック温度は50度半ばとなります。ライダーにとっては、フィジカル面、メンタル面で大変でしょう。」
清成龍一
「タイではバイクレースが大人気ですから、ホンダのファンにバンコクで会えたことは素晴らしい経験となりました。今週末はベストをつくして走りたいと思っています。ブリーラムは大好きですし、トラックの作りも簡単です。2つのロングストレートにいくつかのハードブレーキングゾーンがあり、いくつかの低速コーナーがあります。自……


気になるバイクニュース。

SBKタイ ロウズが3連続で3位表彰台を獲得

[気になるバイクニュース。] – 03/21 10:24

ヤマハ勢では唯一アレックス・ロウズが表彰台に食い込んだタイラウンドとなりました。ファン・デル・マークは暑さに苦戦、メランドリはバイクが曲がらないと感じていたようです。今年からWSBKで走行しているコルテセは、これで6レース連続でのトップ10完走となりました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
アレックス・ロウズ
「今日のレース2の内容には本当に満足です。12周、13周程度の周回数であれば非常に良い感触でしたので、ペースを考えるとジョニーと2位争いも出来るかと思っていました。ただその少し後に苦戦してしまい、後続とのギャップに助けられました。全体的には良い週末だったと思います。マイケルも今週は昨日もそうですが、激しくプッシュしていましたよね。自分も彼もチームのために良い仕事が出来たと思います。ただフロントの2人に追いつくにはヨーロッパでしっかりと作業を続けて行く必要がありますね。」
マイケル・ファン・デル・マーク
「ウォームアップで非常に良い感触があり、さらに変更を加えてスーパーポールレースに挑んだところ、良い走りが出来ました。スーパーポールレースで4位を獲得出来たのは非常に良かったです。これで午後は2列目からレースをスタート出来ました。良いスタートからアレックスとのバトルになりました。ただ既に1周目の段階からバイクのフロントに良いフィーリングがありませんでし……


気になるバイクニュース。

スーパーバイク世界選手権(SBK)タイ レース1でバウティスタが優勝

[気になるバイクニュース。] – 03/17 09:04

タイラウンドのレース1の結果です。優勝したのはDucatiのアルヴァロ・バウティスタで、2位のジョナサン・レイに8秒以上の大差をつけて優勝しました。3位はアレックス・ロウズ、4位マイケル・ファン・デル・マーク、5位レオン・ハスラム
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
6位マルコ・メランドリ、7位サンドロ・コルテセ、8位マイケル・リナルディ、9位トム・サイクス、10位RAZGATLIOGLUとなっています。今回もフィリップアイランド同様にバウティスタが圧巻のスピードを見せつけました。
バウティスタの速さの理由として、トップスピードの高さ、エンジン回転数の違いが話題になります。これはマシンの性能差を埋めるという名目ですが、現在のカワサキのZX-10RRは14,600回転、DucatiのパニガーレV4Rは16,350回転となっています。
今回バウティスタの最高速は314km/h、レイの最高速は303km/hと11km/hもの差があり、これだけの差があるとレイがいくらインフィールドで前に出たとしても、ストレートがあるとバウティスタに簡単に巻き返されてしまうというレース展開になってしまいます。
今後回転数制限が改められるかどうかは定かではありませんが、参戦しているすべてのDucatiのV4Rのトップスピードが310km/h前後で、どの選手も一様に速いのであればバイクが速すぎるということになるのでしょうが、トップスピード、タイム共に突出しているの……


GP spectator

問題点の位置

[GP spectator] – 03/24 19:09

スポーツ裁判所の裁定は月曜日、あるいは
火曜日まで持ち越しとなりましたが
それよりもここで課題になっているのは
例のスプーンがレギュレーションに抵触するかどうかよりも
このルールを管理するFIM、DORNAが問題である
という点。
実際、アプリリアのリヴォーラは
「我々はドヴィジオーゾの勝利を奪いたくはない。
しかし、明確なルールの適応とプロによるコントロールが
必要だと考えている」
と語っています。
同じくアプリリアのアルベジアーノも
「規制はとても有能とは言えない人物の
手に全てを委ねられています」
と語っています。
多分、この人物とはマイク・ウェッブを指していると
思われますが、ここまで言われるってことは
まあ、そういう人物なんでしょうね。
果たしてどういう裁定が下るのか。
そして、FIM、DORNAはそれを受けてどういった
動きを見せるんでしょうか?
どうも旗色はドゥカティには良くは無さそうです。


GP spectator

裁定の金曜日

[GP spectator] – 03/22 07:39

スポーツ裁判所に持ち込みとなっていた
ドゥカティのスポイラー問題ですが、
今日、裁定が下ることになりそうです。
とはいえ、ドゥカティ側からすれば
いきなり持ち込んだわけもなく、事前にDORNAに
確認を取って、認可が取れたから持ってきた可能性が
高いだけに、これがNGになる可能性は低いと思われます。
ただ、4メーカーからの抗議を受けて、その場で
却下は出来ないから、スポーツ裁判所に持っていった
ということじゃないかな?
それでも今回の裁定は今後のMOTOGPの発展に
大きな影響を及ぼす可能性も大きくって、
アプリリアのヌヴォーリが懸念しているように
レギュレーションの隙間、行間を読む競争に拍車が
かかる結果になるかもしれません。
今後、ドゥカティのような建て増し住宅後付けゴテゴテ
マシンが増えていくかも・・・。それは嫌だなぁ。
果たして、どういった裁定が下されるんでしょうか?
そしてMOTOGPの未来はどうなっていくんでしょうか。


Interview: Gigi Dall’Igna On MegaRide, Tire Simulation Software, And Learning From Other Factories

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/23 02:28

It is no secret that Ducati has invested a lot of time and money into tire management. An investment born of necessity: the Desmosedici is the most powerful bike on the grid, with rumors of over 300hp, and getting all that power to the ground places massive stresses on the tires. Even the smallest gains can have a big effect.
One of the avenues Ducati have been exploring has been through software modeling. The Italian factory started a collaboration with MegaRide, a software company specializing in vehicle dynamics simulation which emerged from the University of Naples. That collaboration kicked up a lot of fuss in 2017 when news of the collaboration broke, though with it came a lot of misconceptions. Ducati Corse boss Gigi Dall'Igna helped clear up some of those misconceptions in an interview with MotoMatters.com at Silverstone in 2017.
Since then, the public focus on the collaboration has slipped. But the work between MegaRide and Ducati has continued, the Italian startup helping Ducati understand the performance of the rear tire, and extract even more gains from it.


Court Of Appeal Ruling On Ducati Expected Monday Or Tuesday

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/23 03:09

The FIM MotoGP Court of Appeal sat today in Mies, near Geneve, Switzerland, to hear the appeal by four other factories against the ruling of Technical Director Danny Aldridge that Ducati’s swing arm-mounted spoiler was legal. The court convened at 11am, and rose shortly before 6pm, but without issuing a decision. That will have to wait until early next week, with Monday or Tuesday the likely dates for an announcement.
The five manufacturers involved were all represented by the highest levels of management, according to GPOne.com. For Ducati, Ducati Corse director Gigi Dall’Igna was present, along with Technical Coordinator Fabiano Sterlacchini. Appealing the decision of the FIM Stewards were Massimo Rivola for Aprillia, Alberto Puig for Honda, Mike Leitner for KTM, and Davide Brivio for Suzuki.
Though no information has been released through official channels, the Italian sports daily Gazzetta dello Sport managed to get a reaction from Ducati Corse boss Gigi Dall’Igna, which was then republished by the German language website Speedweek. Dall’Igna was reportedly furious that he had been forced to reveal information which he would have rather kept quiet about.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト