2019
03.27

【MotoGP】問題点の位置

MotoGP

GP spectator

問題点の位置

[GP spectator] – 03/24 19:09

スポーツ裁判所の裁定は月曜日、あるいは
火曜日まで持ち越しとなりましたが
それよりもここで課題になっているのは
例のスプーンがレギュレーションに抵触するかどうかよりも
このルールを管理するFIM、DORNAが問題である
という点。
実際、アプリリアのリヴォーラは
「我々はドヴィジオーゾの勝利を奪いたくはない。
しかし、明確なルールの適応とプロによるコントロールが
必要だと考えている」
と語っています。
同じくアプリリアのアルベジアーノも
「規制はとても有能とは言えない人物の
手に全てを委ねられています」
と語っています。
多分、この人物とはマイク・ウェッブを指していると
思われますが、ここまで言われるってことは
まあ、そういう人物なんでしょうね。
果たしてどういう裁定が下るのか。
そして、FIM、DORNAはそれを受けてどういった
動きを見せるんでしょうか?
どうも旗色はドゥカティには良くは無さそうです。


気になるバイクニュース。

新型ディアベル1260が、独自のスタイルを評価され、権威ある「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞

[気になるバイクニュース。] – 03/26 13:17

ドゥカティは、毎年開催されているこの国際的なコンテストの受賞作の中で、特に優れた製品に授与される「レッド・ドット・デザイン賞:ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞
1199パニガーレ(2013年)、XディアベルS(2016年)に続き3度目の受賞:ドゥカティは新型ディアベル1260によって同社のデザインの優秀性を証明
授賞式は、2019年7月8日にドイツのエッセンで開催
2019年3月25日 ボルゴ・パニガーレ(イタリア、ボローニャ)
新型ディアベル1260が、プロダクト・デザイン分野において最も権威のある国際的な賞の1つ、「レッド・ドット・デザイン賞:ベスト・オブ・ザ・ベスト」を受賞しました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
1955年から毎年開催されている「レッド・ドット・デザイン賞」は、デザインと革新性の点で、最も独創的で価値のある製品に授与されてきました。国際的に有名な専門家から構成される40人の審査委員会が、世界中の5,500を超える製品を評価した結果、新型ディアベル1260に「レッド・ドット・デザイン賞:ベスト・オブ・ザ・ベスト」の称号が与えられました。
ドゥカティにとって、この権威あるアワードの受賞は、1199パニガーレ(2013年)、XディアベルS(2016年)に続き、3回目となります。今回の受賞によって、ドゥカティのモーターサイクルは、スタイル、革新性、そしてパフォーマンスの面で、アイコン的存……


気になるバイクニュース。

Ducatiのエアロパーツの合法性判断は月曜〜火曜に公表

[気になるバイクニュース。] – 03/25 06:40

Ducatiのエアロパーツに関する公聴会が金曜日にFIMのヘッドクオーターがあるスイスで行われました。この公聴会は11時から18時まで行われ、その結果どうなったのか?という内容が月曜日、火曜日に公開されるのではとされています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
Ducatiからはジジ・ダッリーニャ、ファビアーノ・ステラチーニが参加。またDucatiに対して抗議をしている4メーカーからはアルベルト・プーチ、ダヴィデ・ブリビオ、マッシモ・リヴォラ、マイク・レイトナーらが弁護士と共に参加。
Ducatiがカタール決勝でスイングアームに装着したパーツがタイヤ冷却ではなく、エアロダイナミクス効果を発揮しているのではないか?ということで4チームが抗議をしているわけですが、そもそもDucatiはタイヤ冷却用と主張しています。仮にこのパーツの意図がエアロダイナミクス効果の発生だとしてもそれを証明するのは極めて難しく、Ducatiからカタール優勝の記録を奪うような判断は出ないと予想されます。
(Source: )
(Photo courtesy of michelin)


Court Of Appeal Ruling On Ducati Expected Monday Or Tuesday

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/23 03:09

The FIM MotoGP Court of Appeal sat today in Mies, near Geneve, Switzerland, to hear the appeal by four other factories against the ruling of Technical Director Danny Aldridge that Ducati’s swing arm-mounted spoiler was legal. The court convened at 11am, and rose shortly before 6pm, but without issuing a decision. That will have to wait until early next week, with Monday or Tuesday the likely dates for an announcement.
The five manufacturers involved were all represented by the highest levels of management, according to GPOne.com. For Ducati, Ducati Corse director Gigi Dall’Igna was present, along with Technical Coordinator Fabiano Sterlacchini. Appealing the decision of the FIM Stewards were Massimo Rivola for Aprillia, Alberto Puig for Honda, Mike Leitner for KTM, and Davide Brivio for Suzuki.
Though no information has been released through official channels, the Italian sports daily Gazzetta dello Sport managed to get a reaction from Ducati Corse boss Gigi Dall’Igna, which was then republished by the German language website Speedweek. Dall’Igna was reportedly furious that he had been forced to reveal information which he would have rather kept quiet about.


Analyzing The Ducati Aero Appeal: The Process, The Future, And Where The MSMA Goes From Here

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/22 06:44

Tomorrow, at 11am CET, the MotoGP Court of Appeal meets to consider the case of Ducati’s swing arm spoiler, fitted to all three Desmosedici GP19s raced at the opening MotoGP round in Qatar. Three trained lawyers are to hear the case put by Aprilia, Honda, KTM, and Suzuki, that Ducati’s spoiler breaches the technical guidelines set out by MotoGP Technical Director Danny Aldridge.
The Court of Appeal is hearing the case after it was rejected twice on the Sunday evening of the Qatar race. The FIM Stewards first rejected the protest submitted by the four manufacturers against Ducati, which the four manufacturers appealed to the FIM Appeal Stewards. After hearing evidence, the FIM Appeal Stewards decided more expert evidence and background data was needed to make a decision, and so referred that decision to the highest court inside the FIM, the FIM MotoGP Court of Appeal.
At the heart of the appeal is the belief that Ducati’s spoiler creates an aerodynamic downforce. This is a violation of the technical guidelines issued by Danny Aldridge during preseason testing, which banned aerodynamic parts being attached to the rear swing arm unless they were being used to deflect water, protect ……


Aruba.it Ducati WorldSBK Team Head To Aragon For Two-Day Private Test

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/21 21:51

The Aruba.it Ducati WorldSBK riders are heading to Aragon. There, Chaz Davies and Alvaro Bautista are to test the Ducati Panigale V4R as part of Ducati’s test team, in preparation for the Aragon round of WorldSBK, due to be held there from 5th to 7th April, in just over two weeks time.
The test is crucial for Chaz Davies, in particular. The Welshman has struggled to adapt to the new Ducati V4, which requires a radically different riding style to the V-twin Panigale 1199R it replaces. Davies missed part of the winter testing schedule due to a back injury, which severely restricted his time in the saddle. 
His teammate, on the other hand, has won all six WorldSBK races (four full races and the two Superpole races) and leads the championship at the moment. Alvaro Bautista may arguably have had less of a step to make in terms of bike, coming as he did from the Desmosedici in MotoGP, but he did have to adapt to the steel brakes and much more pliant Pirelli tires used in WorldSBK. 



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト