2019
02.03

【MotoGP】Guest Blog: Mat Oxley – How I ride: Johann Zarco

MotoGP

GP spectator

8耐に向けて

[GP spectator] – 02/01 20:31

今日からセパンではシェイクダウンテストが
始まっていますが、ヨシムラとヤマハは
全日本マシンも持ち込んで、8耐を見据えた
テストを行っているようですね。
ヨシムラは加賀山さんと渡辺君
ヤマハはGPのテストライダーも務める
中須賀さんと野左根君が走ります。
今年から8耐も事前テストスケジュールが固定されて
独自テストが出来なくなったので、その分
ここで稼ぐ意味もあるのかもね。
そういう意味では今年もヤマハは本気だね。


気になるバイクニュース。

Aruba.it Racing – Ducatiチーム、ヘレスで2019年最初のテストを完了

[気になるバイクニュース。] – 01/30 15:07

Aruba.it Racing – Ducatiチームが、スペインのヘレス・サーキットで、2019年初となる2日間の合同テストを実施した。昨日の好調なスタートに続き、チームは順調にテストを完了した。アルバロ・バウティスタとチャズ・デイビスは、それぞれ103ラップと58ラップを走行し、全体の4番手および10番手タイムを記録し、パニガーレV4 Rの開発を前進させた。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
バウティスタは、最近舗装が改修されたサーキットで徐々にペースを上げ、前日より2秒速い1分39秒620のパーソナルベストを記録して、全体の4番手でテストを終了した。チームメイトのデイビスは、背中の痛みを訴えて走行を制限しながらも、18ラップを走行して1分40秒621(10番手)のパーソナルベストを記録した。Aruba.it Racing – Ducatiチームは、1月27日~28日にポルトガルのポルティマオで2日間のテストを実施する予定。

アルバロ・バウティスタ(Aruba.it Racing – Ducatiチーム #19) 1分39秒620
「2日間ともにポジティブなテストとなった。休暇が終わって、スピードの感覚やニューマシンに慣れるためにも、サーキットに復活することは重要な意味を持っている。サーキットのターマックが改修されて、少し難しいコンディションになってしまった。グリップが非常に低く、温度も低かったため、昨日は良いフィーリングを見……


GP spectator

年間パス

[GP spectator] – 02/03 11:00

MFJから今年の年間パスの案内がきました。
今年はレース観戦の回数を減らす予定なので、
年間パスは購入しない予定です。
ところで、今年からこの年間パスが抽選に
なりました。
正直、??って感じです。
去年も発売開始から一日でソールドアウトに
なったようですが、それでも年間パスの購入数なんて
ロードレースのマイナーぶりを考えればたかが知れている数量でしょう。
それを抽選って形で制限することにどういう意味があるのかな?
特に年間パスを購入する人ってのは熱心なロードレースの
ファンであることは間違いなく、これだけサービスの悪い(苦笑)のに
ちゃんと付いてきてくれる貴重な方々。
それをこういう形で制限するあたりにMFJという組織の
問題が浮き彫りになっているような気がしますね。
とにかくここの組織はレースに参加しているユーザーにも
優しくないけど、見に行く人にも優しくない。
ひとことでいえば、酷いね。
ツイッターを見る限り、賛成意見は皆無、否定しか無い。


Guest Blog: Mat Oxley – How I ride: Johann Zarco

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that MotoGP is getting closer now] – 01/31 19:40

The Frenchman was a revelation during his rookie MotoGP season in 2017 and finished top non-factory rider last season – so how does he do it?
During 2017 and 2018 Johann Zarco made a habit of embarrassing factory riders aboard his second-hand Monster Tech 3 Yamaha YZR-M1.
The Frenchman seemed able to overcome technical deficiencies with a new way of riding which allowed him to get more performance out of his Michelin tyres. Last year he did drift into the doldrums after scoring two podiums from the first four races, then tumbling out of his home GP at Le Mans.
But he was back up to speed at the end of the season, taking a close third-place finish at Sepang, just behind factory riders Marc Márquez and Álex Rins.


2019 Sepang MotoGP Shakedown Day 2 Notes: Track Gets Busier As Yamaha Objects To Media Attention

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that MotoGP is getting closer now] – 02/03 01:05

The second day of the MotoGP shakedown test at Sepang was a busier affair than the first, with a Yamaha and the factory and satellite KTM riders joining the testers who had seen action on Friday. Hot, dry weather made life relatively easy, the riders able to get a lot of laps in with no interruptions for rain.
The honors for most laps during the day were shared by Johann Zarco, Bradley Smith, and Pol Espargaro. Zarco topped the endurance charts with a grand total of 67 laps on the Red Bull KTM, Aprilia test rider Smith racked up 62 laps spread between four different bikes, while Pol Espargaro bagged the fastest time in the process of lapping Sepang 60 times. To put that into perspective, it is three times race distance, in temperatures of over 30°C, and track temperatures rising to over 50°C in the middle of the day.
All six factories took to the track on Saturday, with Katsuyuki Nakasuga finally turning laps on the Yamaha M1. Stefan Bradl was there for Honda, as was Bradley Smith for Aprilia, Michele Pirro for Ducati, and Sylvain Guintoli and Takuya Tsuda for Suzuki. KTM had the biggest contingent, with factory riders Pol Espargaro and Johann Zarco, and Tech3 riders Miguel Olive……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト