2019
03.30

【MotoGP】クラッチローはヴァレンシアGPを欠場

MotoGP

気になるバイクニュース。

アルゼンチンGP ファビオ・クアルタラロ「出来る限り早くトラックを学習する必要がある」

[気になるバイクニュース。] – 03/28 22:55

カタールGPのレースウィークでは常に素晴らしいタイムを刻んだファビオ・クアルタラロ。レースではピットレーンスタートでしたが、レースのファステストラップを記録。アルゼンチンでもそのスピードを発揮してくれることに期待しましょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ファビオ・クアルタラロ
「ずっと厳しいトレーニングを積んでカタールのレースを分析していました。MotoGPデビューのレースウィークでトップ10ではなく、トップ5で走行が出来ることは全く想像していませんでした。レースウィーク全体で素晴らしいペースだったんですけど、レースではピットレーンスタートとなりました。これでレースの序盤でタイヤをほとんど使ってしまったんです。これはアルゼンチンでも活かしたい点ですし、今シーズン付き合っていく問題となるでしょう。」
「ワイドコーナーもありますから大好きなトラックですし、バンプがあるもののMotoGPバイクで走るには楽しいでしょうね。事前テストを一切していませんから、FP1が初走行となります。落ち着いて出来る限り早くトラックを学習する必要があります。」
(Source: sepangracingteam)
(Photo courtesy of michelin)


GP spectator

王者の選択

[GP spectator] – 03/28 19:05

全日本開幕戦の合同テストが
もてぎで行われていますが、
昨年のST600王者の岡本選手は参加していませんね。
彼は今年から走るイタリア選手権の開幕戦の
ために、イタリアに飛んでいます。
この背景にはチームの監督であるタイガー宗和と
去年から息子のために活動のベースをイタリアに移している
ニトロノリこと芳賀紀行選手の存在なくして
語れません。
芳賀選手は去年からCIVイタリア選手権のSS600に
参戦していますが、岡本選手はそこで走ることになった模様です。
メカニックは芳賀選手のドゥカティ時代のメカニック。
昨年ST600で王者になったものの、メーカーの
バックアップの無いマシンでJSBで走ることを良しとせず
それ以外で世界への道を模索したという形になるんでしょうか。
ワークスマシンが存在する全日本JSBではライダーの力量より
いかに戦闘力の高いマシンを手に入れるかは非常に重要。
手に入らないのならJSBを走らないという選択肢もアリでしょう。
ならば他の道を探すのもまた有効。
全日本ST600からイタリアを経て世界への道を開くか?
彼の走りに期待です。


気になるバイクニュース。

アルゼンチンGP フランコ・モルビデッリ「真のポテンシャルを発揮したい」

[気になるバイクニュース。] – 03/28 22:36

今年はヤマハファクトリーチームと共にM1の開発を進めることが期待されるモルビデッリ。ファクトリーの2人を脅かすほどのレースが出来るでしょうか。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
フランコ・モルビデッリ
「レースの合間の数週間にリラックスして回復に努めました。そうすることでアルゼンチンにバッテリーを充電して挑もうと思ったんです。カタールではテストとレースウィークの間に素晴らしいベースセッティングを見つけることが出来ました。このセッティングがアルゼンチンでも有効かどうか試してみましょう。アルゼンチンのトラックは大好きですから、テルマス・デ・リオ・オンドに戻ってファンの情熱とサポートを感じることが出来るのは嬉しいですね。過去に素晴らしい思い出があります。」
「テルマスでは素晴らしいリードと共に優勝した良いフィーリングがある場所です。MotoGPクラスでしっかりと結果を残すには多くの物事がしっかりと噛み合う必要があります。ですから2戦目のアルゼンチンではミスから学びたいと思っています。ロサイルの結果を改善して、自分達の真のポテンシャルを発揮したいですね。」
(Source: sepangracingteam)
(Photo courtesy of michelin)


気になるバイクニュース。

アルゼンチンGP ジョアン・ミル「最高峰クラスでさらに良い思い出を作りたい

[気になるバイクニュース。] – 03/28 22:15

ジョアン・ミルのカタールでのレース展開は多くの予想を裏切るほどに素晴らしいものでした。タイヤマネジメントに関してはこれから学習を進めて行く形となるでしょうが、トップ選手達とともに走ることで得難い経験を得たはずです。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ジョアン・ミル
「カタールは素晴らしい開幕ラウンドとなりました。開幕戦からあそこまで戦闘力を発揮して、経験豊富なライダー達と一緒に走行出来たのはエキサイティングな経験でした。レースという意味だけではなく、学習の機会といういう意味でも良かったですね。最後にはタイヤの消耗によってペースを落とす結果となりました。レースマネジメントに関してはこれから学んでいく必要があります。アルゼンチンではMotoGPバイクで走るとどうなるのかクエスチョンマークが付くトラックなんです。」
「ここでは一切テストをしていませんから、最初はまずどうやってライディングするのかを学習する必要があるでしょう。サーキット自体は素晴らしいサーキットで、GSX-RRに非常に合うかもしれません。でもコンディションの面ではトリッキーでしょう。2017年はMoto3クラスで初優勝出来ましたので、良い思い出があるんです。最高峰クラスで更に素晴らしい思い出が出来ることを願っています。」
(Source: suzuki-racing)
(Photo courtesy of michelin)


2019 Argentina MotoGP FP2 Result: Dovizioso Leaps the Pack

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that rule books leave loopholes] – 03/30 04:09

Andrea Dovizioso stormed from mid pack to take the top spot late in FP2 Friday afternoon as many riders saved their best for last as worries about Saturday rain turned Friday into a quasi qualifying session. Close on Dovizioso’s heels — so close, in fact, that he practically was inside the Italian’s boots — was Jack Miller at only nine-thousands of a second back. Miller, who briefly held the top spot, had crashed early in the session but remounted to set his fast lap late.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト