2019
01.26

【MotoGP】Paddock Pass Podcast Episode 90: Looking Back To 2018 Looking Forward To 2019

MotoGP

GP spectator

モリワキとアルティアとホンダ

[GP spectator] – 01/26 19:03

アルティア・レーシングの体制発表が
行われました。
今シーズンはモリワキ・アルティアとして
レースを行うわけですが、レースのマネージメント
指揮系統はモリワキが握り、それに従って
アルティアが動くという形。
そして気になるマシンですが、やはりキャミアと
清成のマシンは日本のホンダ、つまりHRC製になるとのこと。
今はMOTOGPのテストが迫っていることもあって
WSBのマシンはまだ間に合っていないようですが、
少なからず日本で走るHRCのCBRに近い仕様になりそうですね。
このゼッケン52はモリワキではなく、アルティア・レーシングの
走らせるCBRでライダーはアレッサンドロ・デルビアンコとなります。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019 マルク・マルケス「セパンテストまでにはなんとか回復したい」

[気になるバイクニュース。] – 01/25 13:15

ロレンソが左手首を骨折したことで、セパンテストに参加出来るレプソルホンダのライダーはマルケスのみとなりました。現在既に負荷をかけてトレーニングが出来る状況のようですが、NEWパーツのテストをしっかりと行うには万全の体調でテストに挑むj必要があります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
マルク・マルケス
「怪我をしたことで、今年の冬は怪我からの回復にほとんどの時間を裂くことになってしまいました。多くの人に支えられましたけど、特に24時間サポートをしてくれた理学療法士に特に感謝したいですね。手術自体が予想していたよりも大変なものでしたので、回復にかなりの時間が必要で、現状もそういう状況なんです。」
「今はほとんど回復している状況で、トレーニングが始められるくらいには回復しています。しかしマレーシアのセパンテストではレプソルのライダー2人が怪我をしている状況ですから、なんとしてもフィジカル面を間に合わせたいです。新しいパーツをテストする必要があるんですが、2人のうちどちらかがやる必要がありますからね。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of HRC)
関連記事★MotoGP2019ヘレステスト Day2結果★MotoGP2019ヘレステストDay2 中上「37秒台後半に入れるのが目標だった」★MotoGP2019ヘレステストDay2 マルケス「エンジンエリアに関して改善出来た」★MotoGP2019ヘレ……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019 マルク・マルケス「レプソルホンダチームという家族の一員であることが嬉しい」

[気になるバイクニュース。] – 01/24 11:06

左肩の脱臼癖を手術によって治療したマルケス。肩の調子は開幕までに100%にはならないでしょうが、それでも今年もタイトル獲得の最有力候補と言えます。マルケスが怪我を抱えてシーズン開幕を迎えるのはおそらく初となりますが、再来週に迫ったセパンテストでも無理は禁物でしょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
マルク・マルケス
「レプソルホンダチームという家族の一員であることが嬉しいですね。家のソファーでレースを見ていた子供時代、HRCのカラーに身を包んでこの場にいたいと思っていました。レプソル共にレースをしてきた事は本当に大きな名誉で、スペイン選手権時代、そしてその後も世界選手権でサポートをしていただいています。そして今は、レプソルとホンダがさらなるタイトルを獲得することの手助けが出来ていること、さらに成功の歴史を積み上げて行くことの手伝いが出来ていることは大きな喜びです。」
「Moto2クラスで戦っていた当初はレプソルホンダチームで走りたいとずっと思っていましたし、MotoGPタイトルを獲得したいと思っていました。ですから以前ジャーナリストがチームを変える可能性があるかと尋ねた時に、既にこんなに素晴らしいチームの一員なのに、なんでチームを変更する必要があるんだ?と思ったんです。このチームはまさに家族です。レプソルとホンダの関係は最高ですし、毎年目標……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019 レプソルホンダ マドリッドでチームプレゼンテーションを開催

[気になるバイクニュース。] – 01/24 10:47

マルク・マルケスとホルへ・ロレンソはレプソルホンダチームのレジェンドライダーであるミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレなどと共に25周年を迎えたレプソルホンダチームのチームプレゼンテーションに参加。レプソルの本拠地であるマドリッドにおいて、彼らは2019年のタイトル争いをする今年のマシンを披露しました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
過去9回のチャンピオンシップにおいて8度タイトルを最高峰クラスで獲得しているマルク・マルケスとホルへ・ロレンソは、レプソルホンダの25周年を祝うにおいて完璧なチームだと言えるでしょう。1995年から続くレプソルの素晴らしい記憶を伝えるため、ミック・ドゥーハン、アレックス・クリビーレもこのプレゼンテーションに参加しています。
ライダー達に加えてHRCのディレクターである桒田氏、レプソルのAntonio Brufauが参加。2019年のプランを述べました。ドルナのCEOであるカルメロ・エスペレーターとレプソルの広報ディレクターで役員であるBegoña Elicesもプレゼンテーションに参加しました
ドゥーハンやクリビーレが操ったNSR500からRC213Vまで、HRCのマシンは過去最高峰クラスで168勝しており、14のワールドタイトル、427表彰台、182回のファステストラップ、177のポールポジションを獲得しています。レプソルホンダチームは、グランプリレーシングの世界……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト