2019
04.02

【SBK】MFJ MOTO AWARDS 2018 開催

MotoGP

Racing Heroes

MFJ MOTO AWARDS 2018 開催

[Racing Heroes] – 12/17 12:08

「MFJ MOTO AWARDS 2018」が東京都大手町・日経ホールで開催され、全日本ロードレース、全日本モトクロス、全日本トライアル、全日本スノーモビル、全日本スーパーモト、全日本エンデューロ、各選手権シリーズの各カテゴリー上位3名が表彰された。
日本のモーターサイクルスポーツに情熱をもって取り組みんできた方々の偉大な活躍や功績を讃えた「MFJモーターサイクルの殿堂」を今年度設立した。初代殿堂入りを果たしたのは、1961年世界ロードレース選手権西ドイツグランプリでセンターポールに日の丸を掲げた最初の日本人ライダー:高橋国光氏と、1963年マン島T.T.レースで日本人として最初に優勝した伊藤光夫氏。会場からは惜しみない拍手が送られた。
「モータースポーツが日本の文化として根付くこと」を目的に発足した自由民主党モータースポーツ振興議員連盟が評議して決定した今年の議員連盟会長杯は、前人未到の全日本モトクロス国際A級通算150勝を獲得し最終戦で逆転チャンピオンに輝いた成田亮に贈られた。
JP250インター:チャンピオン:笠井悠太、2位:村瀬健琉、3位:成田彬人
JP250ナショナル:チャンピオン:家根谷大晟、2位:西村硝、3位:横山尚太
全日本ロードレースの表彰
J-GP3クラス チャンピオン:中島元気、2位:岡谷雄太、3位:小室旭
ST600クラス チャンピオン:岡本裕生、2位:小山知良、3位:長尾健吾
J-GP2クラス チャンピオン:岩戸亮介、2位:関口太郎、3位:名越哲平
JSB1000クラス チャンピオン:中須賀克行、2位:高橋巧、3位:渡辺一馬
世界選手権で功績を残した日本人を称える「世界選手権功労賞」に、FIM世界耐久選手権に日本チームとして初めてチャンピオンを獲得した「F.C.C. TSR Honda France」藤井正和総監督、FIM世界トライアル選手権 TRIAL-E CUP 2位……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト