2019
04.02

【MotoGP】タイヤのケアが大事

MotoGP

GP spectator

タイヤのケアが大事

[GP spectator] – 03/31 20:47

アルゼンチンの舗装は極めてグリップが
低く、きちんとタイムを出すにはソフトリヤを
履かざるを得ない状況のようですね。
となると、このソフトリヤをいかに持たせるかが
重要なポイントになってきそうです。
となると、通称スプーンというタイヤの
冷却デバイスを付けているドゥカティの
ドヴィVS人間の技でタイヤを持たせるマルク&ビニャーレス
という構図になりそう。
ヤマハはとにかくビニャーレスかロッシか
決勝のタイヤの使い方がキモになってきそうですね。
ダークホースはクワッタハッホ。


GP spectator

近藤湧也選手

[GP spectator] – 03/29 17:55

全日本開幕に向けてテストが
行われている中、悲しいニュースが
飛び込んできました。
GBSレーシングに所属、JSBクラスに
ヤマハのマシンでプライベーターとして参戦していた
近藤湧也選手が岡山国際サーキットでのテスト中に
転倒、その後入院していましたが、帰らぬ人となりました。
今年からヤマハの開発ライダー契約となり
そのテスト中の出来事だったようです。
個人的にはSP忠男出身で、プライベーターながら
ST600でも速さをみせていたライダーだけに
ずっとウォッチしてましたから、ショックですね。
合掌。


GP spectator

ベストパッシング賞

[GP spectator] – 04/01 21:27

予選に失敗したからと言えばそうですが、
今回のアルゼンチンのリンスの
追い上げは凄かったですね。
予選は16番手でしたが、きっちり決勝までに
問題点を改善してきました。
ウォームアップでは4番手タイム。
スタートしてすぐさま12番手までジャンプアップすると
そこからは1台ずつ着実にパッシング。
リヤに履いたソフトタイヤもタレる気配もなく
2位集団に追いつくと、この中でバトルを展開。
最終的には5位でレースを終了。
実に11台抜きのレースとなりました。
スズキの今年の戦闘力の高さを証明した反面
予選の失敗が悔やまれる結果となりましたね。
しかし、これを糧に予選の改善を行えば
コンスタントに上位は間違いない感触は
ありますね。
次回以降も期待ができる。


MSMA Solves Aero Crisis By Splitting MotoGP Class In Two

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that rule books leave loopholes] – 04/01 16:08

As many of you will have spotted, this was in fact an April Fool's story. Splitting the MotoGP class into two is a severely unlikely proposal, and would be a lot to ask. The splits between the manufacturers over aerodynamics continue, but should be solved by creating clearer regulations. This story was just an excuse for me to make a truly terrible pun.
After the past three weeks have been filled with controversy over aerodynamic appendages, a compromise has been reached among the manufacturers involved in MotoGP, MotoMatters.com has learned. At a meeting of the MSMA in Termas De Rio Hondo, Argentina, on Sunday, the six manufacturers agreed to a new format for MotoGP which would allow both the opponents and advocates of aerodynamics to get what they want from the series.
The proposal, which is yet to be put to the Grand Prix Commission, would see the MotoGP championship split into two, the class running twice, both with and without aerodynamic fairings. From next year, if the proposal is approved, MotoGP will host two races each Sunday: one for the MotoGP Aero Championship, and one for the MotoGP Plain Championship.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト