2019
02.20

【MotoGP】SRC創設

MotoGP

GP spectator

SRC創設

[GP spectator] – 02/17 08:38

スズキのMOTOGP発表会の時に
社内的な組織変更があったことは
触れましたが、その部門が正式にSRC
スズキ・レーシング・カンパニーとなることがわかりました。
ホンダのHRCのように独立採算の別会社ではなく
あくまでも社内カンパニーの立ち位置ですから
HRCほどの独自性は無いものの、これまでのレース2課
の権限が更に拡大独立したものと考えるといいのかな?
ここはMOTOGPだけでなく、AMA-SB選手権及び
EWC選手権の面倒も見るそうです。
このEWCというのがフル参戦するSERTを指すのか
鈴鹿8耐を戦うヨシムラ・スズキを指すのか興味深いところ。
というのもHRCやヤマハ・ファクトリーといった
ファクトリー、カワサキ・チーム・グリーンもファクトリーの名前こそ
付いていないものの、ほぼファクトリー。
これにヨシムラ・スズキ連合が対抗するにはこれまで以上の
関係強化が必要で、そこにSRCのバックアップが入ってくるのか?
というところですね。
セパンでのテストもその一環だと思いますが、現在はとにかく
電子制御も含めてのトータルの戦闘力の向上が必須ですから
スズキ本体のバックアップは不可欠ですからね。
結局、レースをしていない期間にいかにテストを積み重ねて
マシンを熟成させるか、それには資金的なバックアップは不可欠。
まずは全日本前半戦の戦いぶりを見てみたいですね。


GP spectator

速さは十分あとは

[GP spectator] – 02/19 20:45

フィリップアイランドの2日間に
及ぶテストが終了しました。
終わってみればドゥカティに新加入の
アルバロ・バウティスタが2日連続のトップタイムをマーク。
未だ40%というデイビスを差し置いて最速タイムを
レコードで刻みました。
ただアルバロ自身が言うようにタイヤのケアが大切だ
ということで、このタイヤに厳しいフィリップアイランドで
どこまでレースタイムを維持できるのかは
箱を開けてみないとわからないところです。
一方、4番手に終わりハスラムの先行も許した4年連続王者の
レイですが、セッション中に転倒を喫したため
タイムアタックを行っておらず、最終的にどこまでタイムを
詰められたのかは不明ですが、収穫は多かったと語り
やはり、決勝を見据えたセッティングには自身ありか?
今年はポールよりも決勝の強さが目立つシーズンになるか。
2番手に食い込んだサイクスですが、ここにもニューパーツを
持ち込んできたBMWの体制に感銘を受けたようで
ホントにポジティブな言葉しか出ていませんね。
とにかくテストごとに改善パーツが投入されてどんどん
マシンが改良されている状態。
これは早い段階での優勝も有り得そうです。
一方、ヤマハ最上位はメランドリィ。
とはいえ、勝つためのアイデアはないと断言。
しかし、我々には信頼性がある。とのこと。
去年もそうですが、ここが得意な彼だけに
終わってみれば表彰台くらいには来そうですね。
完全に……


気になるバイクニュース。

KRT フィリップアイランドで今日チームローンチを開催

[気になるバイクニュース。] – 02/16 14:39

2019年にKRTはチームローンチをフィリップアイランドで行います。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
発表は今日2月16日現地時間20時からとなります。今年のKRTは4度の世界チャンピオンであるジョナサン・レイ、BSBチャンピオンのレオン・ハスラムの組み合わせで年間13戦を戦います。プレゼンテーションはhttp://kawasakiracingteamworldsbk.comにてストリーム中継されます。
(Source: kawasaki)


GP spectator

実は大きく変わっていた

[GP spectator] – 02/18 19:40

昨日、参戦してきた宮城さんのトークショー。
中でもセパンテストのレポートは非常に
興味深かったですね。
女性陣は全く興味なさそうでしたが(笑)。
今年のRC213VはこれまでのRC213Vと異なり
正面ダクトから取り入れた空気をストレートに
エアボックスに通しているとのこと。
これまでは左右に分けてフレームのサイドから入れていましたよね。
やはり、パワー面ではこのストレートスタイルが有利なようです。
ただ、そうなるとステアリングヘッド周りの
構造を変えないとならないため、今年のモデルは
その辺が変わっているそうです。
ただし、それをやると当然ながらこれまでとハンドリングが
変わるとのことですが、マルクは70%のライディングですから
まだ評価を下すまでの走りは出来ていない。
クラッチロウは違いは感じているけど、どうこういうレベルまでは
走り込んでいない。
ということで、このシャシーが実際どうなのか?
という判断はわからないようです。
そして、このシャシーとのマッチングが3人のライダーの
成績に反映されるだろうと。
いち早く、このシャシーをモノにしたライダー
あるいはこのシャシーに合ってるライダーが今年は速くなる
ということになりそうです。


Editor’s Blog: Valentino Rossi, MotoGP’s First Rockstar, At 40

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that Peter Pan is still racing] – 02/17 08:12

I do not make a habit of marking the birthdays of motorcycle racers, but Valentino Rossi’s 40th is worthy of an exception to my self-imposed rule. His 40th birthday is clearly a milestone, though any birthday can hardly be regarded as an achievement. To reach his 40th birthday, all Rossi had to do was keep living.
But of course, the fuss being made of Valentino Rossi’s 40th birthday is not because of the age he has reached. It is because he reaches the age of 40 a few months after having finished third in the 2018 MotoGP championship, racking up five podiums and a pole position along the way. It is because the media, his fans, and Rossi himself regard that as a disappointing season.
It is because he enters his 24th season of Grand Prix racing, and his 20th in the premier class, the first year of a two-year contract which will see him racing until the age of 41 at least. It is because he is one of the leading favorites to wrestle the MotoGP crown from reigning champion Marc Márquez (15 years younger), along with Jorge Lorenzo (9 years younger), Andrea Dovizioso (8 years younger), Maverick Viñales (16 years younger).


2019 Phillip Island Test WorldSBK Day 2 Times: Bautista Dominates Last Test

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that Peter Pan is still racing] – 02/19 17:33

Alvaro Bautista has laid down the law in Australia, the law being that the Ducati Panigale V4R is the bike to beat at Phillip Island. After dominating the first day of testing, Bautista went on to top the second day too, putting nearly a quarter of a second over his rivals.
Tom Sykes ended the test as second fastest, the BMW S1000RR clearly a competitive motorcycle in the right hands, and a tenth faster than the Kawasaki ZX-10RR of Leon Haslam. Haslam finished just ahead of his teammate and reigning champion Jonathan Rea, while Marco Melandri was the fastest Yamaha, the GRT Yamaha rider finishing fifth quickest.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト