2018
11.23

【MotoGP】公式プレビューチェコGP2018

MotoGP

GP spectator

小さくまとまるな

[GP spectator] – 11/21 23:44

ワークス入りしたペトルッチ。
テストでもなかなかの結果を残していますね。
ただ結果を残すために小さい走りには
なって欲しくはないところ。
かつてのアレックス・バロスがそうだったんだけど
ワークスに入った途端に輝きを失うライダーもしばしば
居るのは、やはり気の持ち方が違ってくるからなんでしょうね。
プレッシャーがかかって伸び伸びした走りが
失われてしまう。
ただ早くもジャック・ミラーはペトルッチの
シートを狙う宣言をして怪気炎を上げてますし
バグナイアはエンジニアにロレンツォ担当者をあてがわれるなど
将来のワークス昇格を見据えた人事をしてますので、
ペトルッチもうかうかしてられません。
テストからしっかりタイムを出してシーズンに入りたいところです。


GP spectator

過ちは2年前から

[GP spectator] – 11/22 19:39

スピードウィークにロッシが
インタビューで答えた内容によれば
ここ2年の不振は2016年のオフのバレンシアテストで
誤ったエンジンを選んでしまったことに
起因しているとのこと。
そしてリン・ジャービスもこれには同意しているようだ。
彼らによれば、2016年シーズン、リヤタイヤの
摩耗に苦しみマルケスに破れた彼らはこの
消耗を改善するためのエンジン特性の改善を試み
そして、選んだエンジンが間違ったスペックだったというもの。
電子制御の改善やシャシーの改善といった
誤った部分にその後、注力したことがこの原因に
行き着くまでの時間を遠回りさせてしまったと結論づけている
みたいだね。
もちろん、ロッシはライダーで、ジャービスは監督
具体的な技術的な分野に明るいわけじゃないけど、彼らが
ここまで公言するってことはヤマハのスタッフもある程度
掴んでいるってことじゃないかな?
原因さえわかっていれば、対策をするだけ。
今年の真ん中までは何が問題なのかわからないのが問題
って感じだったからね。
ただ、バレンシアとヘレスだけじゃ来季エンジンの
絞込みに時間が不十分だって話だから最終的には
セパンで決めることになりそうです。



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト