2019
01.08

【MotoGP】ソフォーグル

MotoGP

GP spectator

ソフォーグル

[GP spectator] – 01/05 21:25

WSS300の今回エントリーが
発表されています。
総勢 43台という今年も大盛況ですが
半数以上はカワサキユーザーいう
去年に引き続きの人気ぶり。
カワサキワークス入りしたアナ・カラスコを
筆頭に、ファビアン・フォレをコーチに迎えた
パーキンゴー・カワサキなど今年も有力。
そしてカワサキ・プセッティにはケナンの親戚筋に
あたるバハティン・ソフォーグルが加入します。
これまでもプセッティはトルコ政府から莫大な
資金的なバックアップを受けており
今後も両者の関係は続くことになりそうですね。
既にトルコのスポーツ上院議員となっている
ケナンですが、母国から自分に次ぐ世界王者を
生み出すことは出来るのか?


GP spectator

連覇に向けて

[GP spectator] – 01/03 19:03

昨シーズン、見事にWSS300のタイトルを
獲得したアナ・カラスコですが、
今季はチームを移籍、WSBでカワサキのファクトリーチームの
母体となっているスペインのプロヴェックに
移籍するそうです。
つまり、レイやハスラムとチームメイトに。
やはり、女性ながら世界選手権のタイトルを獲得した
ということで、注目度が上がっているため、マスコミ対応も
含めてキチッとしないといけないというカワサキサイドの
配慮が働いた形でしょうか。
まあ、WSS300というカテゴリーそのものの注目度さえも
左右する存在でもありますから、カワサキも無下には出来ない。
もしも今年連覇を果たすようなことがあれば600に
出てくるのは間違いないところです。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018オーストラリアGP 写真ギャラリー

[気になるバイクニュース。] – 12/31 12:21

2018年に初の優勝となったマーべリック・ビニャーレスが喜びを爆発させました。レース序盤は地元のジャック・ミラー、マルケス、ドヴィツィオーゾ、アンドレア・イアンノーネが入り交じるバトルとなります。しかしザルコがマルケスに追突、ペドロサも転倒し、レプソルホンダが2台ともリタイア、2位アンドレア・イアンノーネ、3位アンドレア・ドヴィツィオーゾとなりました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(Photo courtesy of michelin)
関連記事★MotoGP2019ヘレステスト Day2結果★MotoGP2019ヘレステストDay2 中上「37秒台後半に入れるのが目標だった」★MotoGP2019ヘレステストDay2 マルケス「エンジンエリアに関して改善出来た」★MotoGP2019ヘレステストDay2 ビニャーレス「自分にとっては方向性は完全に明確」★MotoGP2019ヘレステストDay2 ロッシ「エンジンに関する方針は決まった」★MotoGP2019ヘレステストDay2 ペトルッチ「バレンシア、ヘレスの作業内容に満足」★MotoGP2019ヘレステストDay2 モリビデッリ「チーム、そしてヤマハの人達との作業は非常に快適」★MotoGP2019ヘレステストDay2 ドヴィツィオーゾ「素晴らしいフィードバックを得ることが出来た」


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019 ホルへ・ロレンソ「レプソルホンダチームのプロフェッショナルさに驚いた」

[気になるバイクニュース。] – 01/05 12:03

年も明けて、ロレンソのレプソルホンダチーム、RC213Vに関するコメントが色々と出てきましたが、バレンシアテスト、ヘレステストの段階で既にバイクは十分に快適で、レプソルホンダチームのプロフェッショナルさに驚き、大切にされていると感じたとのこと。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ホルへ・ロレンソ
「再び全ての環境が変わりましたから、非常に興奮しています。2年前にもそうでした。バイク、周りの人々も全て変わりました。今回もまた同様に全ての環境が変わっているんです。バイクが同じだと、どんどん上手にライディング出来るようになりますし、最大限の力をより簡単に発揮出来るようになりますから、ある意味より難しい環境にあると言えます。他のライダーには無いようなチャレンジと興奮を感じています。難しくなった部分はありますが、得たこともありますね。」
「ホンダのバイクはバレンシアテストの段階、ヘレステストの段階で既に素晴らしかったですね。チームの環境は信じられないほど素晴らしいものでした。本当に大きなチームで皆がプロフェッショナルで、全てが完璧でした。細かいことも本当に気を使っていると感じました。自分のこともあらゆることに集中してくれ、頼んでいたものを全て準備してくれました。彼らに大切にされていると感じましたし、全てが万事そのような調子でしたね。バイクのフィ……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019 ホルへ・ロレンソ「レプソルホンダは依頼したものをすぐ用意してくれた」

[気になるバイクニュース。] – 01/03 11:21

1月23日にマドリッドでレプソルホンダのチームプレゼンテーションが行われますが、それに先立ちホルへ・ロレンソの単独インタビューが行われました。ロレンソは新たなレプソルホンダチームへの期待、バイクの乗りやすさ、チームの反応の速さに驚いたなどポジティブなコメントを語っています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
 
Q
「新しいカラーリングはいかがですか?」」
ホルへ・ロレンソ
「このカラーリングは好きです。自分の大好きな色は、白、赤、黒なんです。そしてそれにオレンジが加わりました。これらの色は成功の色だと言えます。過去25年に渡り、ワールドチャンピオンシップにおいて数多くの成功と勝利を収めてきました。この家族の一員になれる事を嬉しく思っていますし、このチームをさらに強力にする手助けが出来ることを嬉しく思います。」
 
Q
「レプソルホンダチームに所属することは、あなたにとってどのような意味がありますか?」
ホルへ・ロレンソ
「レプソルホンダは史上最も成功を収めたチームだと言えるでしょう。最も多く勝利を挙げタイトルを獲得してきました。フットボールチームに例えるとしたら、バルサやレアルマドリードですね。これ以上多くタイトルを獲得したチームはありませんし、これ以上世界で重要度の高いチームはありません。」
 
Q
「新しいバイクを試した時に何……


気になるバイクニュース。

★The Red Bull KTM ファクトリーレーシングチーム ダカールに到着

[気になるバイクニュース。] – 01/07 18:57

The Red Bull KTM ファクトリーレーシングチームのマティアス・ウォークナー、トビー・プライス、サム・サンダーランド、ルチアーノ・ベナビデス達は2019年のダカールラリーの舞台であるペルーに到着しました。ライア・サンズとマリオ・パトラオをあわせた6名のライダー達は、KTMのダカールラリー18連覇を狙っています。金曜にはシェイクダウンが行われ、ライダー達はKTM450Rallyの最終調整を行いました。これはペルーの砂丘ステージで要求される柔らかい砂のステージに対応するためです。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
1月7日月曜に第41回、331kmのダカールラリーのオープニングステージのレースがスタートします。ライダー達は首都のLimaからPiscoを目指すことになります。オープニングステージには84kmの短いSS区間が設けられ、ライダー達はペルーの砂丘のコンディションをその目で確かめることになるでしょう。その後レースはステージ10まで続き、ゴールのリマに戻り全体のレースは終了しますが、この時のレース全長は5,500kmに及びます。なおレースのSS区間の全長は約3,000kmとなります。
マティアス・ウォークナー
「いい気分でイベントに向かうことが出来ています。クリスマスで少し体調を崩しましたがレースにはしっかりと体調を整えて挑むことが出来るでしょう。今のところ準備はしっかり出来ており、バイクにゼッ……


Four Predictions For 2019: The Most Competitive Field Yet Means More Winners, More Intra-team Tension, And Thoughts Of Withdrawal

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that there are 5 weeks to the Sepang test] – 01/04 09:02

You would think that after writing about what I got wrong in my predictions last year, I would not be so foolish as to try to make predictions again for the 2019 season. As it turns out, I am that foolish, so here is a list of things I expect to happen in the coming year.
2019 certainly looks very promising for world championship motorcycle racing, in just about every class in both MotoGP and WorldSBK. A range of changes mean the racing should be closer and more competitive. Cutting the MotoGP grid from 24 to 22 bikes, and having the Petronas Yamaha team replace the underfunded Aspar squad, means there are more competitive bikes on the grid.
Ducati will field only GP19s and GP18s, and the GP18 is a much better machine than the GP17. Honda will field three 2019 RC213Vs, and a 2018 bike for Takaaki Nakagami, and the fact that Nakagami was fastest at the Jerez MotoGP test last November suggests that it, too, is good enough to run at the front. Yamaha, likewise, will field three factory-spec bikes, with only rookie Fabio Quartararo on a 2018-spec machine. Suzuki made big steps forward in 2018, and have a more powerful bike for 2019.
It’s not just in MotoGP either. In Moto2, the new T……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト