2019
01.08

【MotoGP】★ダカールラリー2019 モンスターエナジーホンダチーム シェイクダウンを完了

MotoGP

気になるバイクニュース。

★ダカールラリー2019 モンスターエナジーホンダチーム シェイクダウンを完了

[気になるバイクニュース。] – 01/07 21:37

モンスターエナジーホンダチームはシーズンを通じて、このダカールラリーに向けて準備をしてきました。Kevin Benavidesが昨年2位を獲得していますが、チームは第41回大会に向けてしっかりと準備を進め、月曜にスタートを迎えるペルーでのラリーに備えています。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
Joan Barreda (スペイン、35歳)、 Kevin Benavides (アルゼンチン、29歳)、 Ricky Brabec (アメリカ、27歳)、 José Ignacio Cornejo (チリ、24歳) and Paulo Gonçalves (ポルトガル、39歳)の5名はすでにレース前の検査を済ませこれからの挑戦へと準備を進めています。月曜のルートはまずLimaからPiscoが予定され、SS区間は84kmとなります。なお第一ライダーのスタート時間は現地時間の9:30となります。
Paulo Goncalves
「準備はしっかり出来ています。シェイクダウンも済ませ、全ての検査が終了しています。昨日は手術後の痛みもなくライディング出来て、しっかりとしたスタートが出来そうです。レースは厳しく長い戦いになるでしょう。注意深く、しっかりとゴールを目指す必要があります。今回のダカールは多くの砂、そして砂丘が待ち構えています。とはいえダカールであることには変わりません。」
Joan Barreda
「ずっと準備を進めてきて、ダカールに向けて準備が整っています。昨日のシェイクダウンは全てがポジティブでタイ……


GP spectator

ここでも暴れるか

[GP spectator] – 01/06 19:03

トロイ・ベイリスの手元にも
V4Rが届いたようですね。
2018シーズン、現役復帰を果たし
最終戦では見事に復帰後初優勝を飾って
その速さに衰えが無いことを証明したトロイ・ベイリス。
昨シーズンは1299で走っていたために
速さはともかくタイヤの消耗で不利な面があっただけに
V4Rを得て、どこまで暴れてくれるのか。
ドゥカティ的にはWSB、BSBだけではなく
V4Rを投入するあらゆるカテゴリーでの活躍を期待している
っぽいので、ベイリスにも期待していることでしょう。


GP spectator

素材はいいけど・・ 全日本振り返り④

[GP spectator] – 01/06 18:45

ホンダとヤマハがファクトリー体制
カワサキもセミファクトリー体制。
となると、厳しくなるのがヨシムラ・スズキ。
というのはわかっていた図式だけれども
予想以上に厳しい一年になったと実感したシーズンでしたね。
もちろん、ヨシムラは純然たるプライベーターじゃなくって
スズキからGSX-Rレーサーの開発も委託されているわけだから
セミファクトリーと言っても差し支えない体制では
あるんだけど、厳しいのはやはり、前述のファクトリー勢に
比べて予算、つまりテストの回数の差がマシンの熟成度に
如実に出ていて、それがレースの結果にもまんま出ているということ。
決して、新型のGSX-Rがベースとしてライバルに負けている
とは思わないけど、新型が登場した時に、どのライダーも
言っていた、市販マシンのバランスを一回解体して
レーシングマシンとしてのバランスをまた構築しなおすには
時間(とお金)がかかるって話で。
そして、それがスズキには足りてないって感が強いですね。
今年も電子制御が一新されて(ソフトが新しくなった)
スイングアームも何種類かテストされてましたけど
それで御終いって感じで、シーズン中も開発が進む他ワークス
との差は縮まらなかったですね。
この辺は企業規模の差が出てしまっているとも思えるけど
今のままだと、今季もライバルに追いつける気がしない。


GP spectator

チーム・グリーンの明日はどっちだ?

[GP spectator] – 01/01 22:02

藤原コーチの三年間のタイ赴任が
発表されましたね。
釈迦堂監督も昨年一杯で勇退。
今年からのチーム・グリーンは名前こそ
変わらないけど
去年までとは違うチームになりそう。
エースの一馬君は独り立ちした感があるけど
新しいチームメイトは大変かもね。
いい流れで来ているだけに繋げて欲しいね。


Guest Blog: Mat Oxley – MotoGP 2019’s biggest battle: Ducati v Honda

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that there are 5 weeks to the Sepang test] – 01/03 19:29

The first in a series examining how each of MotoGP’s six factories is aiming to gain the advantage going into the 2019 championship
The last two seasons have been all about Ducati and Honda. Those two manufacturers have won all but five of the last 36 races, and the battle for the 2019 MotoGP title will most likely see the duel continue.
Last year the Desmosedici and RC213V were more closely matched than ever, so what are the engineers in Bologna, Italy, and Asaka, Japan, working to improve for their 2019 contest? We spoke to Andrea Dovizioso and Ducati Corse manager Gigi Dall’Igna from Ducati, and Marc Márquez and HRC director Tetsuhiro Kuwata from Honda to find out.


Four Predictions For 2019: The Most Competitive Field Yet Means More Winners, More Intra-team Tension, And Thoughts Of Withdrawal

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that there are 5 weeks to the Sepang test] – 01/04 09:02

You would think that after writing about what I got wrong in my predictions last year, I would not be so foolish as to try to make predictions again for the 2019 season. As it turns out, I am that foolish, so here is a list of things I expect to happen in the coming year.
2019 certainly looks very promising for world championship motorcycle racing, in just about every class in both MotoGP and WorldSBK. A range of changes mean the racing should be closer and more competitive. Cutting the MotoGP grid from 24 to 22 bikes, and having the Petronas Yamaha team replace the underfunded Aspar squad, means there are more competitive bikes on the grid.
Ducati will field only GP19s and GP18s, and the GP18 is a much better machine than the GP17. Honda will field three 2019 RC213Vs, and a 2018 bike for Takaaki Nakagami, and the fact that Nakagami was fastest at the Jerez MotoGP test last November suggests that it, too, is good enough to run at the front. Yamaha, likewise, will field three factory-spec bikes, with only rookie Fabio Quartararo on a 2018-spec machine. Suzuki made big steps forward in 2018, and have a more powerful bike for 2019.
It’s not just in MotoGP either. In Moto2, the new T……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト