2018
09.25

【二輪】【ヤマハ SCR950 試乗】“土系”の雰囲気を都会で味わえる「ネオクラ」マシン…佐川健太郎

motor2

Autoblog Japan 試乗記


【短評】マクラーレン「570GT スポーツパック」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「ハンドリングと快適性・実用性を両立させた570」

[Autoblog Japan 試乗記] – 09/09 17:00

Filed under: ビデオ, スーパーカー, クーペ, 試乗記, パフォーマンス, マクラーレンマクラーレン「570GT」は、同社の中核的な「720S」などの「スーパー・シリーズ」より下位に位置付けられた”エントリー・レベル”のマクラーレン車だ。他の全てのモデルと同様、V8ツインターボ・エンジンと7速デュアルクラッチ・トランスミッションを搭載している。570GTの排気量は3.8リッターで、最高出力570psと最大トルク600Nmを発生する。このパワートレインをはじめ、多くの部分を「570S」と共有するが、”GT”の文字が表すように、リアのガラスハッチを開けると実用的な荷室があり、サスペンションの設定やタイヤ、装備、ボディのデザインに至るまで、より快適性を重視したクルマになっている。
だが、それでは走りの面で物足りないという不満が顧客から聞かれたのか、新たに「スポーツパック」と呼ばれるオプションが570GTに設定された(日本では「S」ハンドリング・パック)。これを選ぶと両車の”良いとこ取り”をしたGTが手に入る。
Continue reading 【短評】マクラーレン「570GT スポーツパック」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「ハンドリングと快適性・実用性を両立させた570」【短評】マクラーレン「570GT スポーツパック」に米国版Autoblog編集部員たちが試乗「ハンドリングと快適性・実用性を両立させた570」 originally appeared on Autoblog Japa……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト