2019
03.02

【MotoGP】ワイルドカード

MotoGP

GP spectator

ワイルドカード

[GP spectator] – 02/27 20:50

どうも漏れ伝わって来る噂では
KTMは今年、ワイルドカードは使わないようです。
それはテック3も含めて4台ものワークスマシンが
走っているので、実践データは十分
テストライダーの2人はテストプログラムに
専念して欲しいということのようです。
一方、ドゥカティは例年通り、ミケーレ・ピッロが
ムジェロとミザーノのイタリアラウンド
そして最終戦バレンシアの3戦に出場。
優遇制度が無いメーカーは3戦が最大参戦数ですね。
ホンダはステファン・ブラドルを2戦ばかり走らせる予定ですが
どこを走らせるかはまだ決まっていない模様。
2018年と一緒だとすると、ドイツとブルノですかね。
ヤマハは中須賀選手のもてぎが濃厚以外は何も決まっていなくて
フォルガー自身もワイルドカードの予定は無さそうとコメントしてますね。
スズキはお馴染みギュントーリがカタルニア、ブルノ、もてぎに
出場予定とのこと。
優遇制度対象のアプリリアは最大の5戦、ブラッドリー・スミスが
走る予定で、開幕戦のカタールを皮切りにカタルニア、ブルノ
アラゴン、バレンシアに出場します。
この辺り、メーカーの考え方の違いというのが
如実に出ていますね。
ドゥカティなんかどう考えても地元レースに台数を出すのが
目的っぽいし、ホンダとヤマハはむしろ、実践よりも
テストの方に重きを置いている気がします。
まあ、結果が出れば、どの方法でも正解なんでしょうけどね。
しかし、スミ……


GP spectator

勝負の年

[GP spectator] – 03/01 22:25

今年は僕にとって大きな年となる。
とはジャック・ミラー。
チームのエース待遇で走らせるマシンは
ワークスと同じ最新スペック。
言ってみればいいわけの出来ないシーズン。
結果が残せなければMOTOGPのシートを失っても
仕方がない、それくらいの年。
今年からワークス入りしたペトルッチがまさに
そうだけど、彼は乗り方を変えてきましたよね。
勝つためにライディングスタイルを
合わせ込む、そういう面がミラーには乏しい気がする。
スタートからガンガンに行って、
タイヤを早々に使い切っての転倒リタイアが多い。
そしてそれを繰り返す。
トリッキーなコンディションで見せるキラメキは
確かに素晴らしいものがあるけど、いつまでもそればっかりでは
もう若手では無いキャリアに入ってきているからね。
結果、とにかく結果を持ち帰ることですね。


気になるバイクニュース。

SBKフィリップアイランド ジョナサン・レイ「バウティスタとの差にはガッカリ」

[気になるバイクニュース。] – 02/27 21:23

バウティスタとの一騎打ちになるのか、レイが相変わらず速いのか?ということでファンが固唾をのんで見守ったフィリップアイランド戦ではバウティスタが3連勝。フィリップアイランドはカワサキにとって少し不利とも言われていたわけですが、パニガーレV4Rの圧倒的なストレートスピードが際立ちました。次戦のタイはカワサキが得意としているコース。ここでカワサキの逆襲が見られるでしょうか。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ジョナサン・レイ
「昨日から少し変更を行いバイクの動きを少し穏やかにしました。レースタイムも昨日より良くなりましたし週末の結果には満足です。トップ選手との差があまりにも大きかったのでガッカリしています。ここでは厳しいレースを予想していました。ここでは常に苦戦していたんです。3つの2位、ポールポジション、スーパーポールレースでのファステストラップに関しては満足です。まだまだ作業は必要ですが、昨日よりもリスクを冒すことは出来ませんでした。レース1の後にタイヤはほぼベストなコンディションでしたが、遅いペースでのレースでした。多くの選手が問題を抱えていたんです。最後のレースに関しては気温が高く、タイヤを温存しながらのレースだったんです。」
(Source: KRT)
(Photo courtesy of KRT)


気になるバイクニュース。

Alma Parmacレーシング 2019年参戦体制/カラーリングを発表

[気になるバイクニュース。] – 03/01 11:09

今年のAlma ParmacレーシングはランボルギーニのデザインスタジオであるCentro Stile Lamborghiniと共に戦います。ジャック・ミラーにとってはGP19で結果を出すことで、2020年にファクトリーシートを狙いたいという思いがあるでしょうし、ルーキーのフランセスコ・バグナイアにとっても将来的なDucatiファクトリーシート、また他メーカーへ自身の才能をアピールしていくシーズンとなります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
チーム代表 パオロ・カンピノーティ
「昨年は独立チームタイトルを獲得出来たことが大きな満足となりました。ジャック・ミラーがGP19を今年使用し、Moto2チャンピオンのフランセスコ・バグナイアを迎える今年、高いレベルでの戦いを期待しています。また今年はCentro Stile Lamborghiniの素晴らしいカラーリングで戦えるということに興奮しています。DucatiデスモセディチGPと勝利のための最高のパッケージとなるでしょう。イタリアが誇るブランドのブランド大使と言えるべき役割を担うことが出来るのは光栄なことです。」
Centro Stile Lamborghini MITJA BORKERT
「Centro Stileを私はMotoGPの大ファンなんです。ですからこのプロジェクトにPramacと共に貢献出来るのは喜ばしいことです。DucatiデスモセディチGPの新しいカラーリングはAlma Pramacレーシング、彼らの勝利への渇望にインスパイアされたものです……


GP spectator

ヤフーブログサービス終了

[GP spectator] – 02/28 18:46

今年の12月15日でサービス終了だそうです。
それまではここにいます。
それ以降は多分、他に引っ越して継続するんじゃないかなぁ。
ツイッターもやってるけど、やっぱブログの方が
キチンと書けるので楽しい。


GP spectator

開幕戦の時間変更??

[GP spectator] – 02/27 21:32

ホルヘ・ロレンツォがカルメロ・エスペレータと
会食を行った際に、開幕戦カタールの開催時間の
変更を申告したようですね。
カタールテストの段階からホルヘは時間帯によって
夜露が発生し、路面が滑りやすくなることに
懸念を表明していて、DORNAに訴えてみるとは
言ってましたが、有言実行。
場合によっては、開幕戦の時間が変わるかも。
公式HPの開催時間チェックを怠らないようにしないと・・・。


Interviewing Honda’s Bosses: On The Triple Crown, Spec IMUs, Signing Lorenzo, Moto3, And WorldSBK

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 02/28 00:42

The following is an interview which leading Japanese MotoGP journalist and friend of MotoMatters.com Akira Nishimura conducted with the heads of Honda's racing program Tetsuhiro Kuwata, and Shinya Wakabayashi. Nishimura conducted the interviews in Japanese, and translated them into impeccable English. I then edited them in English for style. Any inaccuracies or errors are therefore mine. – David Emmett
In 2018, Honda secured the triple crown, with Repsol Honda's Marc Marquez winning his third consecutive MotoGP title, bringing his total to five, Honda winning the constructors title, and the Repsol Honda team wrapping up the team championship. Everybody thought it was a perfect season for Honda, but what was the reality for them? At the beginning of January, we visited the HRC laboratory in Asaka, Saitama Prefecture and spoke to Tetsuhiro Kuwata, General Manager of Racing Operations Management Division and Shinya Wakabayashi, the boss of Technology Development Division for 90 minutes on how they saw Honda's 2018 season, and what they expect for 2019.
Q: In 2018, you won the triple crown again. Do you think it was a perfect season for Honda?
Kuwata: Not at all! ……


2019 Qatar Moto2 Test Day 1, Sessions 1 & 2: Lowes Leads Navarro

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/02 02:15

The heavier Moto2 machines are struggling a little less with the wind than the smaller Moto3 bikes, but they are still not having it easy at Qatar. After two sessions, it is Gresini’s Sam Lowes who leads the way, just shy of the two-minute barrier, and continuing his strong pace from Jerez. Jorge Navarro is second quickest on the Speed Up, ahead of another pair of Kalexes, with Tom Luthi leading Augusto Fernandez. Brad Binder is the fastest KTM rider so far.
Below are the times of the first two sessions of testing for Moto2 on Friday:
Session 2



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト