2019
03.03

【MotoGP】SBKフィリップアイランド レオン・ハスラム「ジョニーとバトルが出来て嬉しい」

MotoGP

気になるバイクニュース。

SBKフィリップアイランド レオン・ハスラム「ジョニーとバトルが出来て嬉しい」

[気になるバイクニュース。] – 02/27 21:26

ハスラムは土曜のレース1で転倒してしまいましたが、日曜には2度表彰台を獲得。ジョナサン・レイと共に2019年のKRTを牽引していくことが期待されます。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
レオン・ハスラム
「今日は2回表彰台に登れて嬉しかったですね。10周のスプリントレースでは注意深く走り過ぎてしまって、ヤマハに追いつかれてしまいました。最後のレースでは序盤4周は自分ペースで走行し、タイヤを温存する方向としましたが、そこで5人のグループでの走行となりました。リズムもペースも良かったですね。ジョニーとは何度かよいバトルもありました。あと2周の段階で逃げようと思っていたんですが、ジョナサンがターン1で飛び込んでアウト側に少し押し出される感じになりました。ジョニーと今年初のレースウィークエンドでバトルが出来ました。彼の凄さを考えると嬉しいですよ。」
(Source: KRT)
(Photo courtesy of KRT)


GP spectator

MOTO2テストは明日から

[GP spectator] – 02/28 23:24

カタールでMOTO2、3のテストが
行われます。
ヘレスの結果を見る限り、今年は混戦
3、4人のライダーによる優勝争いが
展開されそうな感じがしますね。
ロウズ、マリーニ、ビンダー、マルケス。
この4人が有力候補ですね。
この中でビンダー以外はカレックスですから
同じシャシーってことで速いポイント遅いポイントが
一緒で、混戦になると抜きにくくなったりしますが
そういう点ではKTMを使うビンダーだけ違う戦術が
使えて有効か。
逆にカレックスはどのコースでも大崩れしないのが
特長なんで、KTMがいかにコンスタントに走れるか?
ですね。
そしてビンダーのチームメイトが去年のMOTO3王者
ホルヘ・マーティン。昇格組では最速タイムです。
マーティンやバスチアニーニ、べッセッキ、エッテルなどの
ステップアップ組の走りにも注目ですね。


気になるバイクニュース。

ダイネーゼ チャンピオンライダー達と走行出来るDainese Riding Masterを4月17日に開催

[気になるバイクニュース。] – 03/02 09:26

4月17日にダイネーゼはDainese Riding Masterと題したイベントをミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリにおいて開催します。このイベントはある程度のライディング経験があるライダーで、さらにライディングスキルを磨きたいと思うライダー、安全走行について深く理解したいと思うライダーに向けて開催されます。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
イベントは様々な走行クラスがあり、オークション形式で落札者が参加可能なVR46クラス(R1で走行した時にタイムが1分55秒以内のライダー)に関しては、バレンティーノ・ロッシとトラックで同時に走ることが出来るというもの。
タイムが1分50秒〜55秒のライダーが参加出来るチャンピオンクラス(定員16名)に関しては、講師陣がフランコ・モルビデッリ、ルカ・マリーニ、ロレンソ・バルダッサーリ、マルコ・ベッツェッキとなっています。
その他にも、レーシングクラス1、2(定員はそれぞれ32名)、セーフティークラス1、2(定員はそれぞれ12名、18名)などがあり、ランチはレストランで食べることが可能。写真撮影、ビデオ撮影、バレンティーノ・ロッシとの写真撮影、さらにバイクはヤマハのYZF-R1が用意され、AGV、ダイネーゼのライディングギアが貸与され、使用後に30%OFFの価格にて購入も可能というものです。世界選手権でダイネーゼ、AGVを使用して戦うライダー達が数多く……


GP spectator

これはダメかも知れんねぇ

[GP spectator] – 03/02 23:24

名前だけとはいえGPに復帰を果たして
アグスタですが、ヘレス、カタールのテストの
結果を見る限り、良くないですね。
そもそもこのプロジェクトはアグスタとシュッターの
共同開発で、初期の設計はシュッターが行っていますが
シュッターのシャシーそのものが、戦闘力がもはや
無いですからね。
さらにシュッターは初期の設計はしているものの
それ以降の開発に関しては、アグスタがやるってなっていたような・・・。
とにかくコンスタントに遅いです。
シュッター、カレックス、シュッター、KTM、アグスタと
シャシーメーカーを変えながらキャリアをつないできた
エガーターにとっては厳しいシーズンとなりそうです。


GP spectator

これはどうやら本物

[GP spectator] – 03/03 11:06

去年の新生MOTO2のテスト開始直後から
マークしていたけど
カタールテストでも2番手。
どうやらレミー・ガードナーの速さは
本物のようですね。
以前にも書いたと思いましたが、新生MOTO2は
トラの3気筒になったことでトルクが太くなった
それとタイヤが一回り太くなったことで、
コーナー進入でしっかり速度を落として向きを変えて
立ち上がりでしっかり起こしてマシンを加速させる
つまり、コーナーリングスピード重視より立ち上がり重視の
スタイルの方がタイムが出る。
その乗り方にレミーは合っているんでしょうね。
また、上位のマリーニやロウズ、アレックスなんかは
アジャストしてきている感じですよね。
この辺にライダーの適応力、対応力が出てきそうですね。
ホルヘ・マーティンなんかKTMシャシーだけど
3番手ですから、才能の片鱗を覗かせてますね。



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト