2018
09.26

【MotoGP】それぞれの道

MotoGP

GP spectator

それぞれの道

[GP spectator] – 09/25 18:56

来季のマークVDSのチームマネージャーに
ホアン・オリーブが就任するとのこと。
オリーブと言えば、トニ・エリアスや
ダニ・ペドロサと同時期にモビスター・カップから
引っ張り上げられたスペインの若手3人衆の
一人で、そのあとに続くスパニッシュライダーの攻勢の
突端となったライダーですよね。
ただ世界王者や優勝を飾った他の2人に比べて
成績は奮わず、早い段階で引退し、現在はレッドブル・KTMアジョで
コーディネーターを務めています。
アメリカで走り続けるエリアス。
今季限りでの引退を表明したペドロサ。
来季からマークVDSを率いるオリーブ。
三者三様。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 ポイントスタンディング(2018/09/24時点)

[気になるバイクニュース。] – 09/24 20:00

アラゴンGPが終わった段階でのポイントスタンディングです。優勝したマルケスはさらにリードを伸ばし、総合246ポイント。これでシーズン6勝目を飾り、0ポイントに終わったレース以外は、全て表彰台でレースを終えていることになります。2位のドヴィツィオーゾは総合174ポイント。3位はロッシが159ポイントとなり、4位のホルへ・ロレンソと5位のマーべリック・ビニャーレスが総合130ポイントで並んでいます。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
6位はクラッチロー、7位ペトルッチが119ポイントで並び、ザルコが112ポイントで8位、イアンノーネは9位で108ポイント、リンスは92ポイントで10位となっています。ルーキー争いはモルビデッリが総合31ポイントで16位と抜け出し、それをシャーリンが24ポイント、中上が18ポイントで追っています。
関連記事★MotoGP2018アラゴンGP ペドロサ「アラゴンでのレースは本当に楽しみ」★MotoGP2018アラゴンGP ロッシ「再び表彰台を獲得したい」★MotoGP2018アラゴンGP ロレンソ「アラゴンはDucatiの強みを活かせる」★MotoGP2018ミシュラン サマー・ヨーロッピアン・ツアーを締めくくるスペインへ★Moto3 2018アラゴンGP FP1結果★Moto3 2018アラゴンGP FP2結果★2019年の各クラスの暫定チームリストが公開★MotoGP2018アラゴンGP 予選4位クラッチロー「どこまで競争力を発揮出来るか」


気になるバイクニュース。

★アラゴンGP予選で、NTS RW Racing GP両雄の明暗が分かれる

[気になるバイクニュース。] – 09/25 10:13

第14戦アラゴンGPの予選で、NTS RW Racing GP のスティーヴン・オデンダールはトップから1.1秒差まで迫る21番手タイムを記録し、好内容のセッションになりました。対照的に、チームメイトのジョー・ロバーツは、タイムアタックの位置取りに失敗し、27番手に沈んでしまいました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
土曜のモーターランド・アラゴンは、前日同様に早朝から好天に恵まれ、強い日射しが降り注ぐ一日になりました。この好条件を活かし、オデンダールは金曜のセッションから引き続き、セットアップをしっかりと積み上げてゆきました。今回のレースウィーク直前に行ったバレンシアテストの成果も発揮し、Moto2ヨーロッパチャンピオンのオデンダールは、難易度の高いモーターランドアラゴンの攻略を着実に進めています。
ロバーツにとっても、このサーキットは走行経験のあるコースですが、この暑いコンディションでグリップに苦戦し、予選では思いどおりのリズムを掴んで実力を発揮することができませんでした。Moto2クラスのアラゴンGP決勝は、現地時間午後12時20分(日本時間午後7時20分)にスタートする予定です。
スティーヴン・オデンダール
(予選21位1分54秒269)
「このコースとは相性がいいので、この週末はここま……


気になるバイクニュース。

★MotoGP2018 アンドレア・イアンノーネが語るGSX-RRの強み

[気になるバイクニュース。] – 09/26 09:51

アラゴンGPの決勝プレスカンファレンスにおいて、アンドレア・イアンノーネがスズキのGSX-RRの強みについて語っています、話を聞けばきくほど、ロレンソのライディングスタイルにピッタリのような気が。。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
アンドレア・イアンノーネ
「スズキには素晴らしいシャーシがあるんです。バイクを寝かせている時のスズキのバイクのグリップは素晴らしいんですよ。フロントもリアも素晴らしいんです。ですから高速コーナーでは(ホンダとDucatiに)かなり追いつくことが出来ますし、他のバイクと比較して特にコーナーへのエントリー時のスピードが非常に高いんです。でもこれはポジションなポイントでもあってネガティブなポイントでもあります。」
「コーナリングスピードが非常に高いとかなりタイヤエッジを使うことになるんですが、その状態でスロットルを開けていくとタイヤの接地面が狭くバイクがスライドしやすくなり、バイクを起こして加速していくのが難しくなってしまんです。いずれにせよフィリップアイランドはスズキにとって常に素晴らしいサーキットです。しかし今年実際どうなるかはわかりません。Ducatiとホンダはドライで素晴らしいグリップがありますし、ブレーキングも強力です。ですから作業を続ける必要があります。今年末でスズキとはお別れですが、最後までシーズンを最高の形……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト