2018
10.09

【二輪】名鉄が会話型AIを活用した案内サービスを試験…将来の要員不足などを考慮 10月4日から

motor2

マイナビニュース 乗りもの 車とバイク

DSブランド初のCセグメントSUV「DS 7 CROSSBACK」が日本上陸

[マイナビニュース 乗りもの 車とバイク] – 07/18 19:18

プジョー・シトロエン・ジャポンは7月17日、DSオートモビルズのフラッグシップであり初のSUVとなる「DS 7 CROSSBACK」を発表し、全国のDS STORE、DS SALON、DS URBAN TOKYOにて販売を開始した。フランスならではのデザイン性と装飾技法を取り入れた独創的な内外装に、先進のテクノロジーを融合させた同車両。今後続々と登場するDSブランドの未来を象徴するモデルとなる。


Autoblog Japan 試乗記


【試乗記】スバル「アセント」に初試乗! 3列シート・クロスオーバーの熾烈な市場で雪辱を期す

[Autoblog Japan 試乗記] – 09/30 20:15

Filed under: ビデオ, SUV, クロスオーバー/ CUV, 試乗記, スバル, ニューモデル
新型スバル「アセント」は”マリガン”と呼ぶに相応しい。アマチュア・ゴルファーたちが、この言葉を使うのを聞いたことがあるかもしれない。そう、マリガンとは、ゴルファーがティーショットをミスした時にもう一度打つことが許されるルールのことだ。しかし、スバル史上最大のクルマであるアセントの場合、この日本の自動車メーカーが、米国でもう一度、3列シートのクロスオーバーを成功させるチャンスを得た、ということを意味している。
スバルの社員たちは、あの人気がなくて売れ行きも悪かった「トライベッカ」の大失敗を忘れようとするのではなく、その経験を教訓として念頭に置いてきたのだろう。そしてスバルのエンジニアとプロダクト・プランナーは、今度は自信を持って渾身のティーショットを放ったのだ。たとえそれがペブルビーチのような有名なゴルフ・コースではなく、米国の郊外に数千は存在している手頃な料金のコースの1つだったとしても。
アセントはクロスオーバーというパズルにおいて全てのピースが正しくはまっている。7人乗り(オプションで8人乗りも可能)、広大な荷室、標準装備の全輪駆動、このクラスとして適切な推定燃費。しかし、アセントはスバル車だ。目標を達成する方法は、多くのライバル車とは大きく異なる。ホンダ「パイロット」やトヨタ「ハイランダー」に見られ……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト