2019
01.14

【MotoGP】まずはホンダから

MotoGP

GP spectator

まずはホンダから

[GP spectator] – 01/11 20:36

ホンダの今季の全日本の体制が
発表されました。
HRCは引き続き高橋巧君の1台体制。
モリワキは継続参戦、ライダーは当然高橋裕紀選手。
ハルクプロは水野君で変わらず。
auテルルは秋吉さんが引き続き参戦で、
チームメイトに新たに羽田大河君が加わりました。
桜井ホンダは濱原くんが引き続き参戦で
関口選手がJSBで走ることになりましたね。
また、J-GP2はハルクが名越と榎戸、
チーム高武は引き続き作本君が走ります。
まず、思ったのは去年のJ-GP2王者 岩戸君の
名前がどこにも無いこと。
インタビューの口ぶりだとJSBで走るぽかったので、
どうやらこの期待の男は他メーカーに移籍したか。
それから、3年計画で8耐を目指すとしていた
supドリーム・レーシングの名前が無いこと、
と同時に山口辰也さんの名前もありませんね。
ちょっと気になるところですね、山口さんもベテランなだけに。


気になるバイクニュース。

★ダカールラリー2019 Ricky Brabec「明日はしっかりと体を休め、これからのステージに備えたい」

[気になるバイクニュース。] – 01/12 12:25

アメリカ人ライダーのRicky BrabecはレースリーダーとしてArequipaで休息日を迎えました。RICKY BRABECは昨日に総合ランク1位を獲得した後これを維持。ステージ5はMoqueguaキャンプから161kmのリンクセクションで始まり、ラリーはモトクロス方式のマススタートとなりました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
その後ラリーは345kmのSS区間へと突入。Brabecはステージ優勝を目指すのではなく、総合順位を維持することを目標にラリーをスタート。Brabecはこのステージを11位で終えています。これでRicky Brabecは現時点で総合1位、Kevin Benavidesが9分遅れで総合6位となっています。
土曜日にライダー達は急速を取り、日曜にラリーが再開されます。ライダー達はSan JuanからMarconaへと向かうこととなります。
Ricky Brabec
「今日はマラソンステージの2日目でした。昨日は良い結果でした。しかし今日は失ったタイムを取り戻すためにハードにプッシュする必要があり非常に頭に来ました。今日はマススタートでしたから、タイムを稼ぐことが難しい状態でした。ここで失っても後々取り戻す事は出来ます。明日はしっかりと休むことに集中して、これからのステージに集中していきたいと思います。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of HRC)
関連記事★MotoGP2019ヘレステストDay2 中上「37秒台後半に入れるのが目標だった」★Mo……


GP spectator

ここでも暴れるか

[GP spectator] – 01/06 19:03

トロイ・ベイリスの手元にも
V4Rが届いたようですね。
2018シーズン、現役復帰を果たし
最終戦では見事に復帰後初優勝を飾って
その速さに衰えが無いことを証明したトロイ・ベイリス。
昨シーズンは1299で走っていたために
速さはともかくタイヤの消耗で不利な面があっただけに
V4Rを得て、どこまで暴れてくれるのか。
ドゥカティ的にはWSB、BSBだけではなく
V4Rを投入するあらゆるカテゴリーでの活躍を期待している
っぽいので、ベイリスにも期待していることでしょう。


MotoMatters.com | Kropotkin Thinks  - ... that old ideas can get a new lease of life when things change

Exactly What Does Ducati’s Torque Arm Do?

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that old ideas can get a new lease of life when things change] – 01/12 06:13

The forces in play with Ducati's torque arm
Ducati has always been known for taking the path less traveled when it comes to their MotoGP bikes. Their willingness to experiment and innovate – and sometimes, pick up old solutions which were dropped in the past – has been put into overdrive since Gigi Dall’Igna took over as head of Ducati Corse, the Bologna factory's racing department.
The appearance of a torque arm on the Ducati GP19s at the Jerez test in November last year is another example of exactly this kind of thinking from Dall'Igna. An idea which was once common practice in racing motorcycles in the 1970s and early 1980s, but disappeared shortly afterward. Why had Ducati reinstated the idea again? What were they trying to achieve?


Four Predictions For 2019: The Most Competitive Field Yet Means More Winners, More Intra-team Tension, And Thoughts Of Withdrawal

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that old ideas can get a new lease of life when things change] – 01/04 09:02

You would think that after writing about what I got wrong in my predictions last year, I would not be so foolish as to try to make predictions again for the 2019 season. As it turns out, I am that foolish, so here is a list of things I expect to happen in the coming year.
2019 certainly looks very promising for world championship motorcycle racing, in just about every class in both MotoGP and WorldSBK. A range of changes mean the racing should be closer and more competitive. Cutting the MotoGP grid from 24 to 22 bikes, and having the Petronas Yamaha team replace the underfunded Aspar squad, means there are more competitive bikes on the grid.
Ducati will field only GP19s and GP18s, and the GP18 is a much better machine than the GP17. Honda will field three 2019 RC213Vs, and a 2018 bike for Takaaki Nakagami, and the fact that Nakagami was fastest at the Jerez MotoGP test last November suggests that it, too, is good enough to run at the front. Yamaha, likewise, will field three factory-spec bikes, with only rookie Fabio Quartararo on a 2018-spec machine. Suzuki made big steps forward in 2018, and have a more powerful bike for 2019.
It’s not just in MotoGP either. In Moto2, the new T……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト