2019
03.13

【MotoGP】2019 Moto3 Championship Standings After Race 1 Losail Qatar

MotoGP

GP spectator

恐れていたアクシデント

[GP spectator] – 03/12 19:40

カタールGPではリタイアした
フランチェスコ・バグナイアですが、
リタイアの原因は、スタート直後の
ペトルッチとの接触で、
右側の上部ウイングがもげてしまったため
ハンドリングが悪化して、ピットインリタイア
ということになったようですね。
確かに片方しかダウンフォースが効かない
わけですから、乗りにくいことこの上ない。
ウイングが装着されるようになってこういう
アクシデントによるリタイアの懸念はあったわけですが
とうとう起こってしまいましたね。
これウイングが無ければ、ただの接触
レーシングアクシデントでレースは続いていたケース。
これも仕方のないこととは言え、何だかなぁ。


GP spectator

正式確定は持ち越しか

[GP spectator] – 03/11 09:49

カタールGP決勝は
まるで去年の再現のようなマルケスと
ドヴィジオーゾのクロスバトルとなりましたが
結果もこれまた再現され、ドヴィジオーゾが
2年連続の開幕戦ウィナーとなりました。
しかし、決勝後、ホンダ、スズキ、KTM、アプリリアから
ドゥカティが使用しているスイングアーム直前の
リップのようなパーツが規定違反では無いかとの抗議が上がり
FIMはそれを判断するには、材料が少なすぎるとして
スポーツ裁判所に判断を仰ぐこととなりました。
ですので、これが決着するまでは今回のリザルトは
暫定扱いということになりそうです。
ちなみに何故、予選中に抗議しなかったか?というと
予選、FPでは幾らでもエアロは変更できる規定になっているんですね。
あくまでも決勝を走った時点で、正式な物として登録される。
つまり、予選で使っても決勝で引っ込めれば
全く問題は無いわけです。
ヤマハはアンダーカウルに似たような物を付けていましたが
固定されているアンダーカウルと違って
スイングアームにこれは付いてますから、稼働する空力付加物と
判断されても仕方がない面があるかも知れません。
アプリリアの責任者であるマッシモ・リヴォーラは
決勝で使うようなことがあれば抗議すると
事前にジジには警告をしていたようです。
さて、どうなりますか・・・・。


気になるバイクニュース。

カタールGP10位 アレイシ・エスパルガロ「グリップが落ちると戦闘力が上がっていく」

[気になるバイクニュース。] – 03/12 09:17

今年のアプリリアは戦闘力が高いと語るアレイシ・エスパルガロ。2017年はレース後半に優れたペースを誇ったアプリリアの強みを、2019年型のRS-GPは取り戻したようです。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
カタールGP10位 アレイシ・エスパルガロ
「悪くない結果でした。開幕戦でトップ10というのは間違いなくポジティブですよ。良いスタートが出来たのでトップ選手達についていこうとしました。アプリリアのエンジンは今年は競争力があります。特にトップギアで素晴らしいパワーがあり、特にストレートで素晴らしいスピードがあります。」
「ただ新品タイヤではあまり良いトラクションが得られていないんです。ただその後グリップが落ちていくとアプリリアの戦闘力が上がっていくんです。ミラーを抜くのにかなりの時間がかかってしまいましたが、彼を抜いてさらにモルビデッリを抜いたことでトップ10で完走が出来ました。この結果からさらに上を目指していきたいですね。」
(Source: Aprilia)
(Photo courtesy of michelin)


GP spectator

レザーシート

[GP spectator] – 03/12 19:18

そういえば、シート周りには
うるさいホルヘ・ロレンツォですが、
カタールに登場したマシンは
なんとレザーシート。
スポンジじゃないんですね。
これは多分、滑り止め対策じゃないかなぁ。
つなぎも革ですから、革同士で滑らないとか?
とにかく、一見、贅沢。


気になるバイクニュース。

カタールGP5位 バレンティーノ・ロッシ「他のトラックではさらに苦戦するかも」

[気になるバイクニュース。] – 03/11 12:05

結果的にレース開催された日曜のライダーと言われている通り、バレンティーノ・ロッシはレースを5位で終えました。しかしヤマハが得意とするカタールでこの結果だったということは、ロッシが危惧する通り、ヤマハが苦戦するトラックではさらに差がつく可能性も。。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
カタールGP 5位バレンティーノ・ロッシ
「昨日からハードに作業を行って、バイクのセッティングを大きく変更しました。レースに向けても調整をしています。良い仕事が出来ましたし良いレースでした。優勝したライダーから0.6秒差の5位ですから悪くないですね。ただこのトラックではヤマハは本来速いんです。他のトラックではさらに苦戦する可能性がありますから、作業を引き続き行うことが必要です。表彰台を目指していたんですが、十分なスピードがありませんでしたね。」
MotoGPクラスのカタールGP決勝レースの結果です。1位アンドレア・ドヴィツィオーゾ、2位マルク・マルケス、3位カル・クラッチロー、4位アレックス・リンス、5位バレンテ…MotoGP2019カタールGP 決勝レース結果 – 気になるバイクニュース。
(Source: Yamaha -Racing)
(Photo courtesy of michelin)


気になるバイクニュース。

カタールGP13位 ホルへ・ロレンソ「さらに上を目指せるポテンシャルはあった」

[気になるバイクニュース。] – 03/12 18:36

FP3のハイサイド以降、出走が危ぶまれたロレンソでしたが、なんとかレースまで走り切って13位で完走しました。激しい転倒であったことを考えると、まずは怪我がなかったようで一安心ですが、第2戦のアルゼンチンまでにある程度コンディションを整えることが課題となります。Ducati乗り換え時と異なり、明らかに戦闘力は高そうなホンダとロレンソの組み合わせに期待しましょう。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
カタールGP13位 ホルへ・ロレンソ
「思ったような順位ではありませんでしたけど、ポジティブな点は多数あったと思います。昨日の転倒の影響で体中が痛み、特に肩に酷い衝撃を受けました。そのせいでレースウィーク前半よりスピードを発揮することが出来ませんでした。序盤の周回にも問題があって、この中で3秒から4秒を失う結果となりました。さらに上を目指せるポテンシャルは間違いなくありましたし、不幸な転倒がなければさらに強さを発揮出来たでしょう。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of michelin)



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト