2019
03.16

【MotoGP】2019 Buriram World Supersport FP1 Result: Cluzel Fends Off Krummenacher and Caricasulo

MotoGP

気になるバイクニュース。

カタールGP最速タイムのクアルタラロ ペース管理が出来れば今後の飛躍に大きな期待

[気になるバイクニュース。] – 03/13 18:26

カタールGPでファステストラップを記録したファビオ・クアルタラロのラップタイムチャートを作成し、表彰台獲得の3選手と比較してみました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
クアルタラロは3周目にレース全体でのファステストラップとなる1’55.039を記録。彼の開幕戦のペースがどのようなものであったかをチャートで見ると、表彰台を獲得した3選手とは対象的に右肩上がりのチャートとなります。
現在のMotoGPでは序盤はタイヤを温存。終盤になってからペースを一気に上げて逃げを図る。という走り方がミシュランのタイヤの特性もあって主流となっています。今回は特にドヴィツィオーゾがペースを抑えてレースの全体ペースを作り、飛び出していこうとするリンスを抑えていたのが印象的でした。
そういったことを考えると、ピットレーンスタートで前に追いつくためにはこうするしかなかったとは言え、クアルタラロの今回の走り方では上位フィニッシュは難しいでしょう。
レース全体でタイヤの残グリップを考え、どの時点でペースを上げて走るか?序盤飛ばすにしてもレース終盤でのグリップを温存しつつ走るといった計算には経験が必要ですが、開幕戦をしっかりと走り切り、ピットレーンスタートから16位まで順位を挽回した彼の走りは、素直に称賛に値すると言えます。
予選5番手と一発の速さも発揮していますので、アルゼンチンでは……


Jonathan Rea Interview: “I’m motivated by the fear of losing”

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that bikes are on track again, and all is right with the world] – 03/15 00:52

Jonathan Rea may have been beaten in Australia but he’s ready to come out swinging in Thailand
The opening round of the 2019 WorldSBK season saw Alvaro Bautista dominate proceedings, and for many it seemed as though there was a changing of the guard in the championship. After four years of unparalleled dominance, Jonathan Rea was spectacularly put in his place by the Spanish MotoGP refugee. It was stunning and cathartic for a championship that has seen Rea rewrite the history books.
It was easy to read the tea leaves leaving Australia that Rea is going to face his toughest yet in 2019. Unfortunately for his rivals, we also left Australia 12 months ago with Rea scratching his head after a difficult weekend, even further adrift of the championship leader. That season ended with the most dominant campaign in WorldSBK history.
Australia was a weekend full of challenges. From the two day test prior to the race weekend, it was clear that Rea was struggling. He couldn’t find a balance with the bike and he kept his powder dry on the second day. Not willing to use a new tire and try and set a fast time, he also didn’t undertake his usual race simulations. It was clear Rea was on the ropes……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト