2019
03.17

【MotoGP】ジベルノーがポンス・レーシングのMotoEで復活

MotoGP

気になるバイクニュース。

SBKタイ 唯一32秒台を記録し、バウティスタが初日トップタイムを記録

[気になるバイクニュース。] – 03/16 09:35

オーストラリアに引き続き好調のアルヴァロ・バウティスタ。午後にはさらにタイムを縮めて32秒台を記録。これでFP2で2位タイムのジョナサン・レイと0.3秒差としています。一方のチャズ・デイビスはセットアップ作業にやや苦戦している様子。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
FP2 1位 アルヴァロ・バウティスタ
「まだ金曜ではありますが非常に嬉しいですね。というのもオーストラリアと自分達のポテンシャルが異なることを確認出来ました。今朝はトラックの状態とブレーキングなどの目印になるものを理解しました。これらはMotoGPで走っている時とはやはり少し異なります。ですから自分のライディングスタイルを調整するのに走り込む必要がありました。その後はバイクに大きな変更を加えずにセッティング作業を進めました。午後は異なるタイヤを使用して新しいコンパウンドの具合を確認しています。ポジティブな点とネガティブな点がありますから、明日のレースに向けてどうするかを判断することが必要です。パニガーレV4Rのフィーリングは良いですし、今日の結果には満足ですね。」
 
FP2 11位 チャズ・デイビス
「タイムシートで見る限りはポジションは悪くないでしょう。ただ、フィーリング自体は今日の結果よりも良いんですよ。最後の走行では異なるフロントタイヤを使用しましたが、現時点ではあまり良い感触とは言えません。……


気になるバイクニュース。

鮮やかなバーミリオンをホイールに配し、アグレッシブさを強調 スポーツモデル「MT-09 ABS」をカラーチェンジ

[気になるバイクニュース。] – 03/14 15:27

ヤマハ発動機株式会社は、“クロスプレーン・コンセプト”に基づき開発した水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・直列3気筒・845cm3エンジンを搭載するスポーツバイク「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、4月1日より発売します。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
「MT-09 ABS」は“Synchronized Performance Bike”をコンセプトに、日常の速度域で乗り手の意思とシンクロし、意のままに操れる悦びを提唱するモデルとして開発しました。ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルと優れた走行性を兼ね備えています。
新色は、ベースカラーに上質さを感じさせる「マットライトグレーメタリック4」を採用。さらにアクセントとしてホイールやグラフィックに色鮮やかなバーミリオン(朱色)を配し、スポーティなスタイリングとアグレッシブさを際立たせました。
なお、「ディープパープリッシュブルーメタリックC」と「マットダークグレーメタリック6」は継続して販売します。
 
名称
カラー
発売日
メーカー希望小売価格
販売計画
「MT-09 ABS」
・マットライトグレーメタリック4(マットライトグレー/新色)
2019年
4月1日
1,004,400円
(本体価格930,000円/消費税74,400円)
1,200台
(シリーズ合計/
年間、国内)
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
・マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
継……



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト