2018
12.03

【MotoGP】イギリスGP中止の責はシルバーストンの路面に

MotoGP

GP spectator

一番時計

[GP spectator] – 11/30 21:47

ヘレステスト 最終日。
中上選手がやってくれましたね~。
見事な一番時計ですよ。
他のファクトリーが他のテスト項目を消化していたとしても
サテライト系はタイムアタックはやるでしょうからね。
そういったライダーも含めてのトップタイムだから
評価していいでしょう。
実際、海外のメディアもサプライズ的に取り上げてますし。
中上君は決して器用なタイプのライダーだと思わないけど
今回のテストで与えられたファクトリースペックのRC213Vは
彼にベストフィットなんでしょうね、色々が。
となると、早くも来季に向けて期待せざるを得ない。
特に開幕からのフライアウェイは他チーム含めて
大幅なアップデイトが出来ない転戦になるから
この序盤戦で結果を出すチャンスだと思うんだよね。
特にカタールは。
来年はワクワクさせてくれるシーズンになるといいな。


気になるバイクニュース。

★MotoGP2019ヘレステストDay2 ミラー「異なるセットアップ、エルゴノミクスの作業を行った」

[気になるバイクニュース。] – 12/01 18:39

来年は最新型のGP19を使用するミラー。ミラーにとってはファクトリーチームに移籍したペトルッチが1年解約であること、来年時点で24歳であるミラー自身の若さも考えると、来年Pramacでペトルッチを上回る結果を出し続ければ、ファクトリーチーム移籍の可能性も開ける面白いシーズンになると言えます。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
ジャック・ミラー
「素晴らしいテストでした。異なるセットアップ、エルゴノミクスの作業をしました。いろいろ実験的なことを試し、多くの作業をこなすことが出来ました。フィーリングは非常にポジティブです。この2日間のテストの内容には大いに満足です。」
MotoGPクラスのヘレステストDay1結果です。1位タイムを記録したのはLCRの中上 貴晶、2位マルク・マルケス、3位マーべリック・ビニャーレス、4位ホルへ・ロレンソ、5位ダ…★MotoGP2019ヘレステスト Day2結果 – 気になるバイクニュース。
(Source: Pramac)
(Photo courtesy of Pramac)
関連記事★MotoGP2019バレンシアテスト フォルガー「まずはリズムと自信を取り戻す」★MotoGP2019バレンシアテスト ピッロ「冬の開発に向けてデータを収集する」★MotoGP2019バレンシアテスト Day1結果★MotoGP2019バレンシアテストDay1 ビニャーレス「新型エンジンはコーナーでの感触が改善している」★MotoGP2019バレンシアテストDay1 マ……


GP spectator

230馬力をねじ伏せろ

[GP spectator] – 12/02 19:00

MOTOGPテストが終わったヘレスでは
来季BSBにドゥカティで参戦する
スコット・レディングとジョシュ・ブルックスが
パニガーレV4Rの初ライドに臨みました。
マシンは先日、アルバイット・ドゥカティの2人が
テストしたマシンそのものですが、
電子制御が使えないBSBの規定に合わせて、
トラコンやアンチウィリーを切って、走行に臨んだそうです。
パニガーレV4Rはキットエキゾースト装着で234馬力と
言われていますが、ファクトリー車は250馬力付近に
達すると言われてますので、その車両を電子制御無しで
走らせるのは、非常に肉体的に過酷なライディングになりそうです。
レディングは非常に長身ですから、体を伏せて前に持っていくことで
ウイリーを抑制しないと、前が浮いちゃいますね。
なまじパワーがあるだけに、タイヤの使い方とトラクションの
かけ方が課題になってくるか。
言ってみればライディングの基本に立ち戻って速く走らせるって
ことになりそうですね。


2018 Jerez November MotoGP Test Wednesday Round Up: Yamaha Still Struggling, Ducati Dominant, Honda and Suzuki Improving, KTM Chasing Their Tails

[MotoMatters.com | Kropotkin Thinks – … that it isn’t the bike doing the winning in WorldSBK] – 11/29 09:52

The trouble with post-season testing is that it takes place after the season is over. That is a problem, because the season runs well into November, so any testing after that is nearer to December than it is to October. And wherever you go inside of Europe to test, you will never get a full day’s testing done, even with the best of weather.
So it came as no surprise that when the track opened at 9:30am on Wednesday morning for the first day of a two-day test, nothing happened. Or that nothing continued to happen for another couple of hours, as we waited for track temperatures to break the 20°C barrier, and make it warm enough to generate useful feedback. It is a perennial issue with no easy answers. Finding a warm, affordable track is tough this time of year.
The good news was that once the track had warmed up, we had ideal conditions for testing. Dry, sunny, warm if you were standing in the sun, though not quite so much if you were in the shade. Despite the fact that so much time was lost to the cold, the riders ended up with a lot of laps completed, and a lot of work done.



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト