2019
03.17

【MotoGP】2019 Buriram World Supersport FP3 Result: Caricasulo Pips Krummenacher

MotoGP

気になるバイクニュース。

スーパーバイク世界選手権(SBK)タイFP3結果

[気になるバイクニュース。] – 03/16 17:23

タイラウンドのFP3結果です。トップタイムはFP1、2に引き続きDucatiのアルヴァロ・バウティスタ。2番手にジョナサン・レイ、3番手アレックス・ロウズ、4番手サンドロ・コルテセ、5番手レオン・ハスラムとなりました。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
6番手マイケル・ファン・デル・マーク、7番手トム・サイクス、8番手マルコ・メランドリ、9番手チャズ・デイビス、10番手REITERBERGERとなっています。


気になるバイクニュース。

SBKタイ 厳しいコンディションの中でセッティングを進めたモリワキ-アルティア

[気になるバイクニュース。] – 03/16 08:53

気温は36℃、路面温度54℃というタフなコンディションの中で開催となったタイGPの初日。レオン・キャミアはセッティング作業を進めて午後にタイムを改善。一方清成は思ったほどの改善が出来なかった様子。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
FP2 9位 レオン・キャミア
「今朝にバイクセットアップを進めて午後はある程度良いセッションだったと感じます。午後には改善が進んでバイクの感触が良くなりました。セッションの終わりにかけて良いタイムを刻むことが出来ました。まだ足りない部分がいくつかあります。ただ問題点はわかっていますので作業を続けていきます。現時点ではそこまで仕事内容悪くないでしょうし、今週末は厳しい戦いになるでしょうね。天候は本当に暑いです。レース終了時点では皆にとって本当にタフになるでしょう。」
FP2 16位 清成龍一
「今日はアップダウンのある一日でした。今朝はバイクの感触が非常に良くて、すぐに良いリズムで走行することが出来たんです。午後にさらに改善を進めようとしていたですが、望んでいたほどの改善は出来ませんでした。明日はセットアップを変更して、トップ選手にスピード、タイムの面で接近したいと思います。気温は本当に厳しいですけど、しっかりと対応出来ていると思います。」
(Source: HRC)
(Photo courtesy of HRC)


気になるバイクニュース。

SBKタイ ホンダファンから熱烈な歓迎を受けたキャミア、清成

[気になるバイクニュース。] – 03/15 09:38

3月13日に、タイの首都バンコクでホンダのイベントに参加したキャミアと清成。ここで熱狂的なファンからエネルギーをもらった2人は、トラック温度50度近くなるブリーラムでのレースに備えます。現地時間10:30から金曜のセッションが開始となります。
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
レオン・キャミア
「ブリーラムに向かう前にバンコクでホンダのイベントに参加し、ファンからの素晴らしい声援をもらいました。タイGPに向かうにあたり非常に大きなブーストとなりました。ブリーラムは実際かなりシンプルなトラックで、いくつかのハードブレーキングゾーンとタイトコーナーがあるだけです。ただその中でも0.1秒が大きな違いとなりますから難しいトラックでもあります。昨年は非常にタイトでしたから、ここではしっかりと準備を整えていないと苦戦することになるでしょう。気温は40度近くなり、トラック温度は50度半ばとなります。ライダーにとっては、フィジカル面、メンタル面で大変でしょう。」
清成龍一
「タイではバイクレースが大人気ですから、ホンダのファンにバンコクで会えたことは素晴らしい経験となりました。今週末はベストをつくして走りたいと思っています。ブリーラムは大好きですし、トラックの作りも簡単です。2つのロングストレートにいくつかのハードブレーキングゾーンがあり、いくつかの低速コーナーがあります。自……


気になるバイクニュース。

SBKタイ 開幕戦からのポジティブな流れでタイへと向かうAruba.it Racing

[気になるバイクニュース。] – 03/14 17:03

フィリップアイランドではアルヴァロ・バウティスタが圧倒的なスピードを見せつけたDucati。トップスピードがとにかく強力であることが明らかとなりましたが、カワサキが得意としているタイではどうか?
Sponsored Link
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
アルヴァロ・バウティスタ
「オーストラリは夢のような週末でした。WSBKであれ以上のスタートは望めないでしょう。タイは昨シーズンのMotoGPで良い結果を残しています。タイでは良い結果が残せる自信がありますが、いろいろなセクターがありますからどうでしょうね。ライバル達も強力でしょう。しっかりと集中して週末にしっかりと作業を進める必要があります。いずれにしてもタイには今まで同様のメンタルで挑みます。バイクのフィーリングはしっかりと確認出来ましたから、同じフィーリングをタイでも得られればと思います。パニガーレV4Rはまだまだ完全な新車です。ポテンシャルは高いものの100%にするにはまだまだです。ブリーラムがDucatiに合ったトラックかどうかはわかりません。どうなるか見てみるだけです。」
チャズ・デイビス
「次はタイとなりますが、多くの情報が手元にありますから、これを元に作業を行うことになります。タイに向かうにあたり、フィリップアイランドよりはバイクを理解出来ています。昨年は優勝、3位を獲得しています。良いペースで走れると思います。オーストラリアよ……


GP spectator

それを言っちゃあ・・・

[GP spectator] – 03/16 21:49

ホンダのエース、レオン・キャミアが
コメント。
「ホンダはMOTOGPのようなバイクを用意しないとならない。
そうドゥカティのようにね。
私には現状、優勝や表彰台は想像できない」
う~~~ん。エースがこういう発言をするのは
いかがなものか?と思いつつ
彼らはメーカーに対して恩も義理もなく、自身が
結果を残すことが最優先だから、本音かも知れない。
彼自身もホンダに始まって、ドゥカティ、ヤマハ
アプリリア、スズキ、MVアグスタと色々なメーカーに
乗ってきているからね。
こうまで言われてホンダがどうでるか?
と言いたいところだけど、既に仕込みの段階に
入っている次期マシンがV4との噂は聞いてない。



英文をコピッたら→翻訳サイトリスト