人に説明するために「理想のライン」を用いてもよいですが、
自身に対しては「理想のビュー」ではないでしょうか?

自身が理想のラインを走っていると思われる時の、
そのラインの価値の判断基準はそのラインを本当に通っているかではなく、
「気持よく、またタイム的にもいい感じだけどライン的にまだ詰められるところがあるだろうか?」
ではないでしょうか?
とっくにラインを超えた次元で考えているのではないでしょうか?
詰めるところがなくなった時に、それは理想のラインと呼ばれたりしますが、
創りだした本人はラインをトレースするのではなく、
「理想のビュー」を微調整し、トレースした結果でしかないと思います。

ラインについて語るとき、それは例えばこんな時、
「レコードタイムで走ったんだけど通ったラインはこれ。
あなたもレコード(付近のタイム)が出た時に比べてみたら?
違ってたとして、
どっちがいいかもわからないけど、
とりあえずライン的に別の所通れってことでしょう、
まあ自力で頑張って。」

う~ん・・・
気持ちがこもらない・・・

「100Mの看板目安にガツンとブレーキしてトリャーといって・・・」
こっちの意味不明な言葉のほうが本来のドライビングの感覚に近いでしょうね。

ということで、数センチ単位でコントロールしてしまう
その視界コントロールの凄さを改めて認識して、
いかにその視界(ビュー)を管理し、伝え、修正するかについての技を磨くと、
自身だけでなくコミュニケーション上も幸せになれることでしょう。

そして、以前にも述べてると思いますが、
「如何に少ない情報量でそれを行えるか!」
「如何に余裕を持ってそれを行えるか!」
「如何に不測の事態をなくすか!」
「何を持ってそれを止めるか!」
を、視界情報をトリガーにして導かれるようにしておくことです。
間違っても走行時の「脳みそ」にそれらを考えさせてはいけません。
株取引でハマるようなもんです。
「クリアーでないときにすべてを失う」

ではでは・・・

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 電車のつり革は接触感染の恐れが
    ご時世的に接触感染は避けたいところでしょう。 通勤電車などでつり革につかまっていると、座席に座…
  2. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…
  3. 2016年式MotoGPライディング
    2016年式MotoGPライディング 2016年ロードレース世界選手権MotoGPクラスのライディ…
  4. 人間だけに白目があります。 白目があるから感情が読まれるのだそうです。 他の動物は生き残るために…
  5. イメージトレーニングがもてはやされていますが逆効果という結果も報告されだしてます。 イメージトレー…
  6. 半眼を学ぶ
    はんがん【半眼】 外界からの情報を少なくすることで脳の能力を視界以外に回せる。 また視線が特定の…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »