もともとは四輪のドライビングねたなので広く誰でも、と思っていましたが、やはり内容がピンポイントすぎるような気がしてきました。
対象はズバリ二輪のレードレースライダーを育てるトレーナー向けとします。
三人面倒をみたら国内チャンピオンを一人排出できる、優勝請負人を目指す方のブログという想定に変更します。

なぜ三人に一人なのかは、運とか、ご時世とかいろいろ実力だけでは思う通りにならないからです。
なぜ想定なのは何を書くか決めてないからです。
なぜトレーナー向けなのかはライダーは小難しいことは嫌いなような気がするので、トレーナーの言うことだけ聞いて実践するほうが現実的だからです。
なぜ国内チャンピオンを排出できるかの根拠は、まだまだ二輪のロードレースには埋もれたタイムがあることと、制度・安定度を高めることができると思っているからです。

もちろんライダー本人も、一般道のみのドライバーもどうぞ、です。

※追記
白黒はっきりしているのでレース向けテクニックの話で進めます。
レース向けのテクニックを通して、一般道を含むドライビングテクニックにも適応していただけたら幸いです。
レース向けのテクニックはWikipediaによると「サーキットテクニック」と言うらしい。
自分的には「レーシングテクニック」のほうがしっくりくるがwikipediaにはその言葉はない。
まさか福田照男が初めて使ったというわけではなかろう。
しかし「サーキットテクニック」なんてたぶんレースしたことのない人が付けた名前のような気がする。全然なじまない。

なので正しいタイトルは、二輪ライダー向けの、四輪サーキットテクニックとドライビングテクニック」です。
二輪のライディングテクニックは、極力ここでは触れないようにします。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 広〜いランオフエリアで最後に失速ゴケ。とても残念ですね。ランオフエリアの走り方は、そう、全開で駆け抜…
  2. まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれ…
  3. ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。 しかしならが確信…
  4. その3です。 レース目的でのラインの話題では、一般的な「理想のライン」は、そのゾーンをより短時…
  5. ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。そのためにはライダーが落ちてい…
  6. 四輪はともかくとして、バランス感覚を求められる二輪において、 耳栓(イヤーパッド)の装着ってどうな…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »