前回の記事が片手落ちなので補足します。

前回の補足

補足するのは、以前の走法はどうだったのか?

スライドなんて出来ない人はどうなる、どうする?
です。

以前の走法

以前のスーパーライダーは、バンキングと同時にアクセルオンして、リアスライドに持ち込む方法が取られていたと思います。
オーバスピードでリアを流す走法は多分できていなかったと思います。

スライドなんて出来ない人

そして街乗りのライダーですが、バンキング開始時の違和感で、ためらうとバイクを傾けることに、自信を持てなくなります。
その結果、体だけ先行してしまい、昔の膝擦り小僧みたいなフォームで乗らざるを得なくなります。
実際GPでもそんな乗り方している時期がありました。

詳細

もう少し詳しく説明します。
二輪のバイクは大排気量になるにつれ前後のタイヤ幅が異なり、そのためいろいろとデメリットが生じています。

もともとバンキングをするときの中心点は、地面の奥深くに存在します。
タイヤの接地点を中心にバンキングしていくのではなく、地面を横移動するような感じです。
リアタイヤのほうが中心点が奥なので、より水平移動の量が必要となります。

そのことを理解していないライダーは、地面を中心点として旋回しようとするので、予想通りに動いてくれないバイクと、結果的に逆方向に働く慣性のために、重さやタチを感じてしまいます。(この部分の解説・走法は改めていつか書きます)

さらにバイクを上から見た進行方向の軸は、前後の中心点の違いの分だけ、旋回しようとした方向と逆に向いた状態になります。

このような「旋回に適していない特性」のため、相対的にリヤが時間的な遅れと、慣性的な遅れ、それぞれが物理的に、そして精神的に邪魔をします。

遅れを最小限にするために前輪の径を小さくして、タイヤ幅を広くして対応していた時期もあったと思います。

これらをライダーの支配下に置き、精神的に楽に、物理的に安全に、そしてタイムアップにつながるような走法を取り入れることがレースでは必要です。
あるいはターンイン時に合わせたセッティングを、ほどこしたりします。

ストレートをフルスロットルで駆け抜ける時に、フロントがブルブルしっぱなしのマシンはそんな背景があったりします。

一方市販車&一般ライダーは、テクニックもセッティング手段も不足気味です。
セッティングで調整するよりライディングの幅を広げましょう。
それに是非ともマスターしてほしい理由があります。
リアタイヤが太いバイクはさきにあげた、時間的な遅れと、リアタイアのタチの強さから、緊急時の回避行動が出来ず真っ直ぐ突っ込んでしまう可能性が高いと思います。
タチの強いバイクの操り方をマスターしておくことが必要です。
ビックバイクは比較するとアクション完了までの時間が余計に必要なので、その時間を待てるだけの自信と、余裕が必要なのです。。

では走法です。

走り方

スーパーライダーが行うバンキングと同時にリアをドリフトさせる走法は、フルブレーキとか、素早いバンク角速度とかが必要になります。

スーパーライダーは説明しなくても簡単に出来てしまうので説明は省き、スライド、ドリフトなしの走法を二つ紹介します。

リーンアウト

1つ目は、ターンインのアプローチをリーンアウトで始める方法です。

コツはブレーキのリリースを気持ち早め、そのタイミングでフロントを投げ出す感じでフリーにし、一気に寝かし込みます。

ライダーから見た相対的に、フロントが一度旋回方向と反対側に大回りする感じになるので、そこをブレーキとサスとの兼ね合いで安定してトラクションが掛かるように練習します。

具体的には自身の慣性をバンキングの方向に押し付ける形で向けます。
押し付ける反作用でリーンアウトになります。
引っ張るようなリーンインやハングオフはこの目的には適していません。
ちょうど良いところで止める手段が用意しにくいからです。
イン側のハンドルに荷重する場合は割と瞬時にバンキングを開始できますが、
腰とかお尻とかの荷重でバンキングする場合は慣性を進行方向からずらすための処理が必要です。
やり方は山のようにあるので省きます。
それぞれ特色があるのでいろいろ試してください。

これはジムカーナ走法ですね。
機会がありましたら白バイ隊員の練習を見てみてください。
無駄にメリハリがあり、とてもわかりやすいです。

結果的にフロントへの荷重を意識的に抜いたり入れたりするので、この方法で得たタイミングなり感覚をマスターしておけば、バンキング時だけでなくフロントにアクションを起こす、すべての場面で応用でき、ライディングテクニックの幅が広がることでしょう。

リーンアウトで素早くバンキングを決めるのは、それが安全だから、と言うよりも遅らす事のデメリットのほうがはるかに大きいから、と言うのは内緒です。

バンキングが成功したら途中から、ウイズでもハングオフでも好きに変更します。
旋回中のフォームの変更は色々役に立つので自由にできるようにしておきましょう。
切り返しとか、セッティンがコースに合ってない時とかに役立ちます。

どうでしょうか、以前よりクイックに旋回できるようになったと思います。
フロントの接地感も感じられるようになると思います。
そして以前の、もたもたしていた時よりも明確にバンキングに必要な時間というのが認識でき、ライダーのコントロール配下に置かれていることを感じれると思います。

ノリック乗り

もう一つは、ご存知ノリック乗りです。
乗り方は以前の記事を見てください⇨これ
この走法の特徴は、リヤの挙動が気にならないということです。

ノリック乗りはスーパーライダーからペーペーライダーまでそれなりに使える走法ということですね

実際の全日本ライダーの走り

全日本ライダーのインタビューを引用します

参考までに三つ目を追記します。(実際の全日本ライダーの走法です)

とにかくリアがリフトするぐらいのフルブレーキをします。

リアのリフトを上にではなく横に流します。

横に流す際にリアブレーキをきっかけとして利用する場合もあるようです。

横に流れた後はリアブレーキは使いません。

リアがリフトする前よりもタイヤのグリップや安定性が増しているはずなのでより強力にブレーキを加える。

 

リアに流すことでブレーキングを有利に展開できるのでより速い位置からテールスライドさせた方がよいということです。
目的がブレーキング時に特化しているので侵入リアスライドとか呼ばれています。

 まとめ

実際にはバイクやタイヤの特性により、適した走法は様々でしょう。
ここで紹介した走法だけではないと思います。

ハングオフだけでなく、その場に適したフォームなり走法なりを使いこなしましょう。
特にビックバイクは慣性の処理に時間を要します。サスペションを含めた計画的なアクションが必要です。

街乗りバイクの先行開発の位置づけのGPマシンが、そんなスライドだのドリフトだのの、スーパーテククニックを駆使しなければいけないようなつくりでは困り者ですね。

SR400みたいな前後のタイヤが同サイズに近いバイクの旋回性の良さや、操る楽しみを知ってしまうと、レプリカってなに?って考えてしまいますね。

では

その1もみてけろ ノリック乗りもみて

 

※結局詳しく解説してなくてすいません。
※さらに翌日の追記:見直すと、自分で読んでも説明不足、意味不明でした。
ターンインの方法はバイクにとって最重要事項なのでこのような手抜きのままでは申し訳ないので、適時書き直してます。やはり夜中に書くとだめですね。

 

追記

追記:

侵入時のテールスライド状態は、そもそもリアが浮き上がったり、ホッピングさせるのではなく、横に逃がすことでリフトさせなくと済むこと、また横を抜いた分、キャスター角が寝ることと、タイヤの設置面積が増えることなどの相乗効果があります。よりハードなブレーキができるといえるでしょう。 この点を意識してのスライドは、侵入リアスライドと呼ぶのが適切でしょう、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 一輪車に乗れない方はセグウェイに乗ってみることをお勧めします。 セグウェイには左右の二輪構成な…
  2. 進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法 テールスライド(侵入スライド)の前に、改め…
  3. シュワンツ乗り【しゅわんつのり】 ご存知ケビン・シュワンツの走法。 手足が長いことにより見た…
  4. 「進入リアスライド」ではなく、街乗りでも使える「スペンサー乗り風」を紹介します。 だって、街乗…
  5. クイックにターンインできる方は要注意。 気を抜くとフロントタイヤへ…
  6. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…

コーナリング, テクニック, メンタル, ロードレース, 基礎, 応用

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »