テクニック編です。
これはぜひマスターしてください。
四輪では説明できないので、二輪で説明します。
しかし二輪では危険なので、四輪で試してください。

二輪でカウンターステアをあてる(逆操舵)という、ターンインの方法があります。
実際にやってみればわかりますが旋回方向に対し、逆向きのヨーモーメントが発生してしまいます。
慣性も逆向きに発生するし、フロントのサスも余計な伸縮が発生します。
逆操舵をしていない人は、自律走行に逆らうようにハンドルをキープすることで、ターンインしていると思います。
その場合は、ヨーモーメントは発生していません。しかし慣性は直進方向です。

では、旋回方向へのヨーモーメントを発生させつつターンインするには、どうすればいいでしょうか

お分かりかと思いますが逆操舵ではなく、順操舵をすれば発生します。

それでは曲がれないと思うかもしれませんが、練習すれば曲がれるようになります。
順操舵して、すぐに戻して、また順操舵します。
それぞれのスピードや時間が肝です。
ブレーキングから始まり、サスやスピード、タイヤの空気圧など様々な要因の中で、ベストなタイミングがあります。

練習は、サスの柔らかい車のほうが、時間をかけられるため分かりやすいです。
サスのないカートなら、タイヤやフレームのゆがみと慣性とのバランスです、瞬時の対応となるでしょう。

分かりにくい場合はコーナリング中に小刻みにイン側にハンドル(ステアリング)を切ることで、なんとなく見えてくると思います。(呼び名があったのですが忘れました。セナ足ではなくセナ手?)

きれいに決まると「してやったり」と思えます。
シューマッハの鈴鹿の予選の走りがなるほどと思えてきます。
ぜひ習得してください。

二輪はタイミングがほんの一瞬しかないと思います。
十分四輪で感覚をつかんでからでないと、逆にギクシャクしてしまうかもしれません。
しかし二輪でこそ、これをマスターほしいと思います。

同様な効果がある方法としてリアタイヤを外に振り出す走法があります。
効果的ですが次元が高いのか低いのか微妙な感があります。
四輪でのドリフトは、詳細に説明しているサイトが多数あるのでそれらにおまかせし、ここでは触れません。

 

シューマッハ

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法 テールスライド(侵入スライド)の前に、改め…
  2. セッティングを感じるのは、体中です。 体中ががセンサーです。 しかし、適当に走ってその状態の…
  3. 減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバ…
  4. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…
  5. アタックした後のリカバリーの方法
    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  6. ハングオンの始まりは、ブレーキとともに上体をガバっと起こす一連の動作から始まります。 このガバ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »