このタイトル、異論があると思いますが、もう少し我慢をしてください。

ラインを考える前に、「ライン通りに走れるか」を振り返ってみてください。
レコードラインを通れるという人、自身のベストラップになりましたか?
ベストラップになった人は、もっと速く走れますよ。
ベストラップにならない人は、スピードもアプローチもそのレコードラインとは合っていません。

まずは自分のベストアプローチ、ベストなコーナリング、ベストな加速を極める方が先だと思いませんか?
そのための練習には、ラインは不要です。
ラインに関係なく、気持ちよく実力を発揮できるように練習します。
平地が一番です。
そう、ラインは極めた後の結果確認用です。

一般道、コースで練習する場合は、インにもアウトにも付かない状態で、自分のベストアプローチ、ベストなコーナリング、ベストな加速で走り、その中でそれなりのラインを組み立てます。
ここまで出来たら初めて、誰かの「理想のライン」を参考にします。
その際にもレコードラインを出した人のマシン(例えばワークスマシン)と、自分のマシンとの差を考えてください。
ワークスマシンのサスやパワーより劣るとしたら、たとえその人とテクニックが同じ位だとしても総じてラインは緩やかにする必要があると思います。

完成したら開いているイン、アウトの無駄を切り詰めるために、自分の能力に応じて詰めていきます。
得手、不得手に合わせ、バランスよく組み立てていくと、精神的な負担が少ないことでしょう。
この練習中ではブレーキングポイントも、クリッピングポイントも、スピードも、ラインも、全て「理想のライン」とはかけ離れていると思います。

全ての詰めが終わったら、改めて「理想のライン」を振り返ってみてください。
それがライン通りであっても、かけ離れていたとしても、そんなものもうあなたには不要に感じることでしょう。

不要になったところで、改めてラインの重要性について考えましょう……

続く

レコードライン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 宮城光はただの「関西人」ではありません。「目にも留まらぬ関西人」なのです。…
  2. ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 …
  3. とりあえずセナ足をやってみると、その反動というか結果がステアリングにも表れてきます。これを打ち消すか…
  4. 通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。切…
  5. ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。 しかしならが確信…
  6. ウォッシュボードとサスペンションセッティング セッティングの考え方 セッティングの解説等が役に立…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »