ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。

どこがって、唯一ブレーキング時のフォームが美しいのです。

実際に利点がいくつかあります。

テクニック的にはウェインレイニー乗りをすると完璧に仕上がります。

芸術的だったりします。

フルブレーキの練習としては、
やはりロードではなくジムカーナやダートラで感覚を磨いてロードで披露するというのがお勧めです。

 

最近のダートラ風の左足をだらりとさせるのはNGとします。

なぜならバイクマターというか、タンク依存すぎるからです。格好わるいし。

というかダートラのブレーキング編で説明する、かも。

別に左足を出さなくてもフルブレーキできるじゃん

別に左足を出さなくてもフルブレーキできるじゃん

 

格好わるいし、バイクマターすぎる

格好わるいし、バイクマターすぎる

 

以外なことにガードナーは割と非の打ち所がない

意外なことにガードナーは割と非の打ち所がない

 

 

格好いいと思いませんか?

格好いいと思いませんか?

え〜、ロードレースにおけるブレーキングの練習は、ジムカーナで十分練習できてしまうと思います。

なのでジムカーナのフルブレーキをご参照ください。

各ページは必要に応じ勝手に加筆訂正しちゃいます。

 

唯一ロードレースで扱える項目としては、上体の起こし方です。

ガバっと起こせばよいわけでも、リジッドだったり、ゆっくりだったらなんの問題もない、

なんてこともありません。

すべてフロントサスのセッティングとフルブレーキ具合に対してベストマッチングな起こし方をする必要があります。

また見た目ほど上体を起こしているわけではなく、単にフロント周りが沈んでいるだけで大げさに見えるだけだったりします。

上体の起こし方のポイントは、お釣りがないかサスペンション的にプラスに動かすことです。

フォームや、ブレーキの握り方や、その他色々がすべて影響してきます。

ハングオンのフォームのメリットや、リーンウィズのデメリットなどがたくさんありますが……

それらのリストは多数ありすぎるので、今回は割愛させてください。

とりあえずひとつ挙げると、リーンウィズのデメリットはアクションが少ない分、お釣りが発生しそうな時の打ち消し手段が限られていることです。その他のフォームのほうが結果的にピッチングは起きにくいと思われます。

フロントサスの状態はフルブレーキング時の上体の起こし具合で想像できたりします。

説明がもっと必要と思えてきたら後日あらためて追記します。

長くなりそうだったら別投稿で説明します。

 

 

次回はブレーキングを含めてハングオンを書く予定。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 峠の下りコーナーで曲がりきれなさそうでヒヤリとしたライダーに朗報です。 ダートトラックのブレー…
  2. 腕上がりに用心 スポーツ医にいこう! ダニ・ペドロサの復帰が楽しみなところですが、 腕上が…
  3. イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ)
    前回の続きです。 イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ) もしも、自…
  4. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  5. エアロダイナミクスは最先端のテクノロジーかと思えばさにあらず といっても「枯れた技術」なのではなく…
  6. 2016年ロードレース世界選手権MotoGP アルゼンチンGPのQ2のマルク・マルケスの転倒シーン3
    マルケスのフロントゴケの仕方 マルケスはやっぱすげーな~ というネタです。 ミシュランタイヤによ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »