ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかります。

特徴的なショット(写真)では限りなく前乗りでですが、この状態は物理的には低次元な状態で、高次元なライダー・ライディングほど後乗りに移行していきます。

したがって、気持ちよくスライドさせているマルケスに「素晴らしく前乗りですねえ」と繰り返し言うと微妙にへこますことができるかもしれません。

もちろん路面のミューやその時の状況に影響を受けるので前乗りしているライダーが必ず低次元というわけではないことをお断りしておきます。

スライド走法にしても、ドリフト走法にしても間違いなくダートラの環境、ジャンルで練習するのが最短距離と思われます。
もしもスライドとかドリフトとかさせたいのであればダートトラック環境での練習を積極的に取り入れましょう。

ダートトラックの練習はそれなりの場所を含めた環境が必要です。
一人だけで練習を行うことは少ないかと思います。
なので基本的にはその環境で知り合う周囲のライダーやインストラクターやその他関連者の方々に指南していただくことが基本と思います。
なぜならその環境に適した最適なアドバイスを受けれると思うからです。
そのほうが最短距離で習得する事ができるでしょう。

ただし、そこで受けるアドバイスは、当然初心者向けでしょう。

マルケス始めGPライダーを負かすことを視野に入れているライダーはこのレベル・ペースにとどまっていてはいけません。
高みを目指しましょう。

では、ダートトラックブレーキ編から

※詫び:投稿順がおかしくてすいません。
構成的には次の通りです。

・本投稿

ブレーキ

コーナリング

 

進行方向とそれに対するバイクの角度で全てがまるっとお見通し。

進行方向とそれに対するバイクの角度で全てがまるっとお見通し。

とっても高次元です。 既に加速体制な分前かがみですが、侵入時はもっと後ろ乗りしていると思われます。

とっても高次元です。 既に加速体制な分前かがみですが、侵入時はもっと後ろ乗りしていると思われます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. スライド走法はリヤタイアのパフォーマンスを下げることで、フロントタイヤのパフォーマンスを存分に発揮さ…
  2. 祝! 2015 MFJ 全日本ロードレース選手権筑波ラウンド復活!? 10月3日(土)に開催さ…
  3. バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  4. ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3
    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャン…
  5. シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルから…
  6. 時速340Kmで走行中は0.1秒で9.5mも進んでしまいます。 まばたき一…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »