ブレーキ装置のついていないダートトラッカーではまさしく右手一本にすべてが託されています。

ここで必要とされるテクニックは「ワイドオープン」ではありません。

必要とされるのは繊細さが要求される「パーシャル」です。

ダートトラックではパワーでコントロールできる大排気量のバイクほど楽であり、うまくも見えるということを覚えておきましょう。

 

ブレーキ編でも習得済みかと思いますが、リアブレーキのリリース加減でコーナリングをコントロールすることができました。

コーナリング編ではこれをアクセルでコントロールしてみましょう。

このアクセルの練習の時にはミニバイクではなく大排気量バイクのほうが望ましいです。

小排気量なバイクではアンダーパワーなゆえアクセル操作が意味がなかったり、雑でよかったりしてしまうのです。
小排気量のバイクでも繊細さが要求されるような場面を作ることができますがそれはかなり高次元な走りを要求されてしまいます。

まずはアクセルを柔軟に、繊細にコントロールできるようなポジションなり、柔軟体操なり、握り方を確認、工夫しましょう。

次に実際にコントロールしてみましょう。

何をコントロールすればよいかというと、進行方向に対するバイクの横向き加減です。

例えばコーナリング中にリアタイヤを空転させてパワ―スライドを行い。その時の進行方向に対するオフセット量をコントロールするのです。

アクセルオンだけではなく、オーバースピードでも、スロットルオフでも横を向くでしょう。

この横向き加減をコントローするのです。

ポジションは、比較的低速で実現できる、思いっきりの前乗りから始めましょう。

まずは角度をコントロールすることに専念します。

加速したいとか、減速したいとかいうのは次のステージです。

様々なポジションやフォームやスピードに対し、アクセル加減で角度を自由にコントロールできるようにしましょう。

視線は角度が解りやすい、感じやすい方向を向きましょう。
通説の、行きたい方向を向く必要は必ずしもありません。
下を向いても慣性の方向を向いてもかまいません。
半眼もお勧めです。

これがダートトラックでのコーナリングの基礎テクニックになります。

 

十分取得したら実際のコースに合わせてバリエーションを組み合わせます。

ストレートで、ブレーキなり、アクセルオフでリヤをスライドさせ横を向かせます。

次にターンインの場面でブレーキのリリース量やアクセルのパーシャル加減でターンインを決めます。
このときのブレーキとアクセル以外の要素についてのアクションはうまく説明できません。
何らかのホールディングか、逆操舵とか、その他いろいろのうち、どれがいいかの知識が乏しいからです。
周囲の先輩たちに教えていただいてください。
腰をクネッッとするだけで曲がりだすとかスペシャルな技が存在していると思います。

 

コーナリングが始まったら件の角度調整で減速したりクルージングさせたり、加速させたりします。

十分コントロールできるようになったら、
仕上げとして前乗りだったポジションを後ろにずらして同様のことができるようにしていきます。

究極はケニーロバーツぐらいでしょうか。

 

アクセルや、ブレーキに頼ることなく前後が同じくらいスライドしている状態をキープできるようになったら「基本の基」は卒業です。

その状態から戦略を組み立てられたら、マルケスとじゃれることができるような次元に仲間入りできているかもしれません。

 

 

ダートトラック編は以上です。

 

仕事中の右手

仕事中の右手に注目

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) 
    ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) ライダーを守るのがチームの役割です(その2) この記事は…
  2. ミシュランとブリジストンとの違い
    ミシュランとブリジストンとの違い 早々にレースタイムで走れることを証明してしまったミシュランですが…
  3. 街中バトルでオーバーテイクの感性を磨きましょう。 練習方法はひたすら抜くことです。 ただし、車で…
  4. アタックした後のリカバリーの方法
    アタックした後のリカバリーの方法 世界最高峰のスピードを競う競技なのに、その関係者は何をもたもたし…
  5. ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり…
  6. 個々のライダーのライディングを動画や写真で分析するのは、ある意味危険です。 同様にメーカーによ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »