今年の見納めはペドロサの表彰台。

ではなくてお地蔵さんなマルク・マルケスです。

顎が上がっているマルケスはなかなかお目にかかれない。 (遠くてすいません)

転びたくない時のマルケス。 顎が上がっているマルケスはなかなかお目にかかれない。
(遠くてすいません)

もう今年はこのようなライディングはしないでしょう。

 

 

 

さて、

今回のような結果をマシンのセッティングのせいにするか、

メンタルを鍛えるか、

別の対処法を用意するか。

 

いざ、レースを始めてみたら思惑どおり事を運べないことに気が付いた時のおすすめは、

  • 肩を回す
  • 脳に酸素を贈る
  • 色々考えない
  • 夕食のメニューを考える
  • 言い訳しない

とにかくライディング中の脳みそは使いものにならないことを忘れないことです。

事前に用意できていなかったらアウトです。

調子が悪いと格好も悪い。 (腕周りが微妙にいつもと違う)

調子が悪いと格好も悪い。
(腕周りが微妙にいつもと違う)

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリングアプローチについてです。 鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。…
  2. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2
    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置…
  3. ライダーの役割はどこまでバンキング角速度をあげられるかにかかっています。このバンキングのスピードが早…
  4. 速さの秘訣 自身のレースを振り返って「納得のいく立ち上がり」は、どれほどあったでしょうか? …
  5. レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。 この発言で誰が幸せになるで…
  6. 2015年の勝者はケビン・シュワンツ?
    【2015年のMotoGP勝者】1位ケビン・シュワンツ、2位ダニ・ペドロサ、3位リン・ジャービスMo…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »