二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピードライディング」です。
未だにこれを超える書は、出ていないと思われます。※
考え方は100点満点で、テクニック編も全てがその通り、という内容です。
しかし実際は、ライダーにはあまり読まれていないように思います。
小難しすぎたのかもしれません。
正当評価されて、豊富な知識が凝縮された、本著から漏れあふれたテクニック編の続編が発行されたら、さぞかし役に立つものであろう、と想像できるので残念に思います。
二輪は本人の素質優先で、トレーナーの存在が薄いため、しょうがないのかもしれませんが、激戦時代に夢破れたお父さんが、子供に託すときのバイブルにはなり得たのではないでしょうか。

で、この本に書かれていないことがまだまだたくさんあるので、少しだけ紹介したいなあ、というのが本サイトです。

ちなみに数年前に、キース・コードのライディングスクールが存続していることを知りました。
SuperBikeSchool
本やDVDも出てるようですね。(どなたか内容を紹介してください)

※追記:
本投稿の内容が薄いので、改めて特集ページ作りましたご参考ください。

※他の書籍を批判しているわけではありません。
一応所感を記します。
和歌山和宏さんはさすがメーカーのライダーで、その豊富な知識と、数値情報の公開は素晴らしいことです。ただ、じゃあどうすればよいか、についてはあまりまとまって無いように思えました。(DVD見てないのでこの所感はあまり正しくないかもしれません。)

片山敬済さん、つじつかささん、福田照夫さん、等の著書は、もちろん役に立つ情報もありますが、大半はその才能からくる感覚から書き起こされた内容で、いくら頑張っても真似をすることはできなくて、映画を見たからって、その主人公にはなれませんよ、みたいに感じました。

ケニーロバーツ、ワインガードナー、セナ、プロスト等のグランプリライダー、ドライバーの書籍は彼らにしか見えない、言えない貴重なキーワードが含まれています。

とにかく上記の書籍は読んで損をすることはありません。
ぜひご一読ください。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 電車のつり革は接触感染の恐れが
    ご時世的に接触感染は避けたいところでしょう。 通勤電車などでつり革につかまっていると、座席に座…
  2. 通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。切…
  3. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  4. 「ソーイング」する事で車体に関するセッティング関連の変化と傾向はつかめたでしょうか ステアリン…
  5. ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴
    GPライダーの言葉の重みは表面的な活字ではなくその裏に隠されたGPライダーたる所以を読み解くことで値…
  6. 先頭を走行中に、後続車両がスリップストリーム圏内に入られると、空抵抗が増して後ろに引っ張られます。 …

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »