10月3日に開催された<2014 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦>を観戦してきました。

感想:「スタートが甘い!」

予選順位に関係なく1コーナーの進入では最後尾だった私に言われるのだから間違いがない!

 

そこで秘伝の極意を!

 

奥義その1:押すべし

この技は小排気量クラスにエントリーで、長身で脚の長い選手に授けます。

まず、レッドフラッグが退場したらおもむろにバイクからおります。

そして、スタートの合図とともにクラッチミートし、さらにライダーもバイクを押します。
そう昔の押しがけのようにです。

そして、そのまま押し続け、ぎりぎり飛び乗れるところで押すのをやめバイクに飛び乗ります。

そして、トップで1コーナーに進入します。

 

実績はというと、
押しがけの時代に3列目からトップで1コーナーに飛び込んだ実績があります。

 

引きずられたままでしたが……。

 

不幸にして身長も脚長も運動神経も足りなかっただけです。

是非、無念を晴らしてください。

 

えっ ルール違反?

 

奥義その2:蔑視すべし

この技はすべてのまっすぐな心の持ち主に授けます。

半眼のページでも触れましたが、反応速度は中心視野よりも周辺視野のほうが速いのです。

そう、スタートシグナルを見つめてはいけないのです。

 

筑波のように斜め右にシグナルタワーがある場合は、
まっすぐ前を見るか、タコメーターでも見つめ、シグナルタワーを視野の片隅に置くのです。

面倒なのは鈴鹿。

e0216857_18291465

正面にシグナルタワーがあるので視野の片隅に入れるのが困難です。

思い切って隣のライダーを観たりします。

不幸にしてポールポジションだった場合はアクセルグリップとか……

しかしながら鈴鹿の場合は、デフォルトで皆見つめてしまっている確率が高いということです。

これはチャンスです。

是非とも習得してください。

 

後半はまじめな記事です。

前半も作り話じゃあありません。

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも(見つめすぎに注意)

e0216857_18282381

こちらも見つめすぎに注意

 

 

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. セッティングとライディング(マルケスのアプローチ)
    マルク・マルケスはいつだってアグレッシブな走りをしているわけではありません。 彼はアグレッシブ…
  2. 往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか?こちらはフロン…
  3. ペドロサ
    まるけすとぺどろさ【マルケスとペドロサ】 光と影、明と暗の代名詞。 詳細はこちら マルケ…
  4. キース・コード的立ち上がり RR 〉 立ち上がりロードレースにおける立ち上がり時のプロダクトは次の四…
  5. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  6. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »