10月3日に開催された<2014 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦>を観戦してきました。

感想:「スタートが甘い!」

予選順位に関係なく1コーナーの進入では最後尾だった私に言われるのだから間違いがない!

 

そこで秘伝の極意を!

 

奥義その1:押すべし

この技は小排気量クラスにエントリーで、長身で脚の長い選手に授けます。

まず、レッドフラッグが退場したらおもむろにバイクからおります。

そして、スタートの合図とともにクラッチミートし、さらにライダーもバイクを押します。
そう昔の押しがけのようにです。

そして、そのまま押し続け、ぎりぎり飛び乗れるところで押すのをやめバイクに飛び乗ります。

そして、トップで1コーナーに進入します。

 

実績はというと、
押しがけの時代に3列目からトップで1コーナーに飛び込んだ実績があります。

 

引きずられたままでしたが……。

 

不幸にして身長も脚長も運動神経も足りなかっただけです。

是非、無念を晴らしてください。

 

えっ ルール違反?

 

奥義その2:蔑視すべし

この技はすべてのまっすぐな心の持ち主に授けます。

半眼のページでも触れましたが、反応速度は中心視野よりも周辺視野のほうが速いのです。

そう、スタートシグナルを見つめてはいけないのです。

 

筑波のように斜め右にシグナルタワーがある場合は、
まっすぐ前を見るか、タコメーターでも見つめ、シグナルタワーを視野の片隅に置くのです。

面倒なのは鈴鹿。

e0216857_18291465

正面にシグナルタワーがあるので視野の片隅に入れるのが困難です。

思い切って隣のライダーを観たりします。

不幸にしてポールポジションだった場合はアクセルグリップとか……

しかしながら鈴鹿の場合は、デフォルトで皆見つめてしまっている確率が高いということです。

これはチャンスです。

是非とも習得してください。

 

後半はまじめな記事です。

前半も作り話じゃあありません。

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも

スタートするまでピットレーン脇にいてくれるとうれしいかも(見つめすぎに注意)

e0216857_18282381

こちらも見つめすぎに注意

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. リヤーが滑るので柔らかくしたらグリップが上がるセッティング あり得ないと思っていた「スプリング…
  2. MotoGPではブレーキディスクの素材にカーボンが認められています。※ 大変手間もかかり1枚作…
  3. 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂
    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。全てはイリュージョンです。全ては本人の思う…
  4. 契約ライダーの責務とライダー支援
    契約ライダーの責務とライダー支援 五月病? 春特有の心配事がまたやってきまし…
  5. 誰もセナを超えようと思わないのか? セナには成れなくとも、セナを超えることは可能です。 …
  6. 違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッ…

スタート, 二輪ネタ

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »