新ハイスピード・ドライビング
ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林 彰太郎 (翻訳), 武田 秀夫 (翻訳)
を今更ですが購入しました。著者は2008年に死去しました。
この本もバイブル化しており二輪の和歌山、四輪のポールといったところです。
あらためて内容を確認したかったのです。

やはり内容はすばらしく、おすすめの本です。
キース・コードと違い購入できるのでぜひ読んでください。

改めてこのサイトとはバッティングしていないことが確認できたので、引き続き進めていきますね。
ポール・フレールは技術面からと、レース全般について、体系的にまとめてます。
このサイトでは頂点を目指す方法をとおして、その結果、基礎と安全が確保されることをまとめていきます。

このサイトの投稿文の作成にかける時間は毎回30分以内と決めています。本を読むのに時間がかかったので今回はここまで。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリングアプローチについてです。 鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。…
  2. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  3. 減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバ…
  4. 車が誰かに曲がらせられるポイントと、車が自ら曲がりたいポイントは異なることがあります。 同様に車が…
  5. 大人げない大人
    大人げない大人 【新解明国語辞典】 ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」…
  6. 先に、突っ込み重視の方、次回の投稿は「四角く曲がる」です。 ラインは道なりにというと交差点はどうす…

基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »