目指すはフルボトムな切り返し!

 

切り返しの具体例を紹介します。

いきなり極め付きの切り返しです。

 

普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近でのサスペンションは、旋回中に比べ伸びていることでしょう。

切り返しのスピードを上げると伸びは少なくなりますが、
これは伸びる時間がないだけでGとかトラクション的には抜けていることに変わりません。

これを、トラクションをかけたまま、例えばフルボトムのままで切り返しを行いましょう。

トラクションをかけたままだと姿勢変化や安定性の面でメリットがありそうですが、
それよりも、その結果得られる切り返しスピード、左右の各加速度の向上による、
時間短縮や、旋回Rを効果的に大きくするなどのメリットのほうが大きいでしょう。

更にストレートからのバンキングではなかなか出来ない、
前後輪ともフルボトムしたままのバンキングというとっても玄人好みの技を自慢することが出来ます。

 

 

方法は、

第一段階として、フロントのみフルボトム走法を極めます。

やってみるとわかりますが「腰」とか「膝」とか「ステップ」とかをメインにした切り返しではフロントサスは伸びてしまうでしょう。
(この時点で伸ばさずに切り返しできる方はそもそももう卒業です。お疲れ様でした。)

フロントサスが伸びないようにするためには、切り返し中のフロントタイヤ(フロントヘッド)への新たな加重が必要です。

加重の方法は、前の方に乗る、物理的に加重する、旋回Gを利用するとかと、時間差を利用します。

この時点では力づくではなくタイミング的に極めてください。

このフロントサスをフルボトムさせたままの切り返しができてくると気がつくことがあります。

複数ある切り返し方法の幾つかは、切り返し中にリアサスが悲しいほど延びてしまうことにです。

 

第二段階ではリアのフルボトム走法を極めます。

まずは先程のフロントフルボトムの方法でリアも沈めることができるか試します。

これも試してみるとわかりますが、きっとうまくいかないことでしょう。

慣性というか、フロントとリアでは、時間軸というか、次元が違うことに気がつくと思います。

フロントでは行えるクイックな動作にリアはついてきてくれません。

ということでフロントで身につけた切り返し方法は一旦捨てます。

ただし、フロントの切り返しで掴んだ、タイミングと、クイック感は忘れないようにします。

リアサスをフルボトムさせて切り返しは大別して2種類あります(とりあえず2種類)。

1つは芸術的に。

以前紹介した後ろ乗りの方法、タイミングを利用します。

ただし利用する方向は逆方向です。

ライダーがバイクから落ちるのではなく、遠心力で外側に飛ばされるような動きをします。

そのタイミングに合わせて切り返しを行うとリアサスの伸びを抑えられます。

移動のスピードや量や時間差などをうまくコントロールすれば出来上がりです。

 

もう一つは暴力的に。

やることは同じリア絵の加重なのですが、先の芸術的なタイミングではなく無理矢理に、なんでもいいからリアに加重します。

例えば切り返しに逆らうことでも加重は出来ます。

切り返し途中にライダーの腰が障害物として存在すれば、それは立派な加重です。

色々極めてください。

 

注意点は、最初はともかく、短時間で完了させることです。

最終目的はタイムアップなのですから。

 

第三段階でリアとフロントをフルボトムさせます。

リアができればそのまま前も! とは行きません。

フロントと同じくらい素早く切り返しが行得ていればいいのですが、多分それよりは遅いことでしょう。

それではタイミングというか所要時間が違うのでうまく行きません。

結果的に、リアのフルボトム操作を行いながら、それとは違うタイミングのフロントのフルボトム操作を行うのです。

フロントだけの時や、リアだけの時のように力技はあまりうまく行かないでしょう。

体をタコのように柔らかい操作とジャストなタイミングが必要だと思います。

加えてかなりいろいろな慣性に逆らうので筋力も必要かもしれません。

 

さあ極めてみましょう。

 

 

 

恐ろしく切り返し向けじゃないフォーム! 街中でこのフォームしたら危険走行です。よいこの皆さんは適材適所、もっとバンク角のあるバイクに乗りましょう

恐ろしく切り返し向けじゃないフォーム! 強烈なお釣りとめまいが待ち受けています。   それより街中でこのフォームしたら危険走行ですよ。爆走するつもりがあるのなら適材適所、もっとバンク角のあるバイクに乗りましょう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. マルク・マルケスが前傾している理由は「バンク角が足りないから」だけではありません。 昔はともか…
  2. バイクが旋回してくれない時にすること
    バイクが旋回してくれない時にすること ライダーが「バイクが旋回してくれない」と言ったらクリッピング…
  3. 前回の投稿の意味がわからなかった方。 読み返したら自分でもわかりませんでした。 何を言おうと…
  4. ソッポをむく【外方を向く】【そっぽをむく】 問題が生じたときに、あたかもなかったことのようにふる…
  5. 接近戦・決勝に強くなる スパーリングとクリンチ 決勝でズルズルと順位を落としてしまうのは、歯がゆい…
  6. 「理想的なセッティング」は各々定めたリソースを最大限活用している(した)状態のことだとして。 低次…

二輪ネタ, 切り返し, 切り返し, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »